FC2ブログ

記事一覧

998. 「利益確定する」って何のこと?

  • カテゴリ:迷惑なこと
  • <追記3>に書かれている(注)を
    お読みください。
    追記の題が大赤字となっています。


    そこここで
    「利益を確定する」という言葉を言っている人がいるのですが、

    意味がきちんとわかっているのか、疑問に思える場合があるので、
    書いておきたいと思いますが、

    決して、
    「自分の欲しいと思う、自分がもらえると思っちゃう金額を実際にもらう」ではない
    んですよ~。


    単に、
    「価値(労働力や信用、将来にわたって商売するために必要な投資など)を換金して、
    自分のものとして受け取る」
    なんですよ。


    何を、どれくらい換金するか、
    いくら、お金としてもらうか
    というところが難しいところ

    で、

    「○○円ぐらいないと困る。」とか「欲しい」とか言って
    本来もらえるであろう公平なお値段よりも多くもらったり、
    確保しちゃダメだし、

    自分のものでないものを売っ払ったりして換金してもダメなんですよねぇ。


    お金の方が多かったら、
    泥棒になっちゃう

    んですよ。


    ちゃんと自分で価値生産して
    それに釣り合うだけのお金をいただく
    ようにしないと
    ダメですよ~。

    (給料泥棒と言われる場合があるでしょう。)


    株での用語を間違えて転用している感じなんですよ。


    大丈夫ですかね?


    チキチキで泥棒になっちゃいますんで。



    <追記>2020.06.06
    泥棒商売の予定?


    息の長い商売を想定しないで、

    「ある時期だけ
    金になるものをあらかた金にして
    トンズラ」
    という

    泥棒商売の予定
    なんですかねぇ。


    あ、一時期だけ稼ぐのは
    生き方の選択肢としてはありですが。
    (犯罪じゃなきゃいいんです。)



    <追記2>2020.06.06
    例えば、柿の木があったとして


    実のなる柿の木があったとしましょう。

    柿になった実が十分熟してから、
    木から取って売るのは
    普通の商売です。


    柿の実の値段が上がるように、
    木の世話をちゃんとしないといけないでしょうし、
    肥料もちゃんとやらないといけません。


    間違っても、
    「薪」になる
    とか言って、 切り倒して
    幹や枝を売ってお金にしてはいけませんし、
    (「利益の確定」という行為の一つかもしれませんが、
    次の年どうするんでしょう?)

    とりあえずの(目先の1年の)利益が大きいといいよね
    と言って、
    肥料をケチってしまったり、

    柿の実を入れるかごを売ってしまってお金にしてはいけませんし、

    木のすぐ下の土をお金になると言って売ってしまってはいけません。


    周りの商売の仕方を見ると
    つくづく思うのですが、
    「続く商売」って
    みんなができるものではない

    ようなんですよ。


    熟していない青いうちに取ってしまっても、
    ダメですしねぇ。


    少々のお金にはなるかもしれませんが、

    熟してからの方がお値段が高いし、
    お客さんの評価もいいでしょうし、
    熟してからでいいですよねぇ。


    信用や店の体力を削って、
    自分の給料にしたがる人がいるもよう
    なのですが、

    何年計画で勤める予定なんでしょうかね?
    (その人がいなくなったら、
    店の体力がガタガタの可能性もあるんですよねぇ。

    お気を付けください。)



    <追記3>2020.06.06
    (注)コロナ禍で


    現在、新型コロナウイルスのために

    人為的な営業努力では
    経営が立ち行かず、

    心ならずも破産せざるをえなかったり、
    廃業の選択をせざるをえない方がたくさんいらっしゃるか

    と思います。


    誠意のあるきちんとした営業をしてきても
    営業を続けるのが難しいかもしれない状況で
    あることは承知しています。
    (大変、辛い思いです。)


    この記事は
    そのような場合について言及したものではありません。
    (ただ、商売道具がなくなってしまうと、
    営業再開が難しくなってしまうのではないかと
    気になります。)


    また、廃業を選択される方が
    全員そうであるということを書いたことでもありません。


    よろしくお願いいたします。
    (この記事を読み進めて、驚いてしまったらすみません。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ