FC2ブログ

記事一覧

981. ネット上の誹謗中傷について

  • カテゴリ:おかしなツィートに(ネットでのまずい表現)
  • ネットでの誹謗中傷が原因で
    お亡くなりになったのではないか

    という方がいらっしゃるようです。


    誹謗中傷に負けてしまったのであるならば、
    とても残念です。

    訳のわからないようなデタラメなんかを
    一人で受け止めてしまったりしないで、
    みんなで「君、ここに書いてあるのは違うよ」とか言ってもらったり、

    自分が悪くないなら、「全部出たら勝ち」とかを狙ったり、
    本当の自分をちゃんと知ってもらったりなど

    色々な方法があったかも知れないのに、

    残念です。


    「誹謗中傷」とは

    辞書の意味として

    「[名](スル)根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけること。」
    (小学館 大辞泉さんより)

    だそうです。


    「根拠のない悪口」ですので、

    正しい情報は自分側にありますし、

    「きちんと理由のある、根拠のある悪い点(行動)の指摘」
    とも違いますので、

    言った側の人間は
    自分の立場を
    一切守ることはできません。
    (完全敗北です。)


    そもそも

    誹謗中傷レベルの内容の発言に

    正当な存在価値があると思ってしまう

    判断力の人が

    自分で
    「これは正しい指摘かどうか」判断できずに
    書いてしまう
    のかもしれません。


    他の人に嫌がれるのはどういうことか
    わからない、
    「嫌がられる」「嫌がられない」の線引きがずれた人
    かもしれません。


    個人で書いてしまう前に

    周りの人に
    正しいかの確認を取って

    間違えて、誤って迷惑をかけないために、
    間違えないように
    最大限気を付けて

    投稿するべきだ

    と思います。


    見かけた有名人を
    卑下して溜飲を下げているような人は

    人付き合いしたいとは全く思わず、
    人付き合い的に論外であろう

    と思います。


    誹謗中傷を書くことは
    絶対に許したくありません。
    (犯罪ですよ。)



    <追記>2020.05.26
    時間がたてば、「お化け」は消える


    誹謗中傷などのおかしな噂は

    時間が十分経って、

    「確かな自分」がありさえすれば、

    自分の行動で
    自分のことを証明できるチャンス、
    証明し続けるチャンスができますので、

    消えるでしょう。


    それに合わせて、

    僕たちも、
    実態に合わせて人付き合いをしようと
    した方がいい

    と思います。


    「名」も大事ですが、

    「実」がないと、

    自分を証明し、自分を守る元手がないですから、

    気を付けたほうがいい

    と思います。




    <追記2>2020.05.26
    お客にもいらない


    <本文>で

    「見かけた有名人を
    卑下して溜飲を下げているような人は

    人付き合いしたいとは全く思わず、
    人付き合い的に論外であろう

    と思います。」

    と書きましたが、

    正直、迷惑な人なんで、
    たとえ、お客だったとしても
    いらない感じ

    でしょうね。

    (お金払っているからって、
    大きな顔をするんでしょうけれど。)




    <追記3>2020.05.26
    言えたら、賢いわけじゃない


    実際に卑下したことを言うことのできる実力の人か
    もそうですが、

    知る立場にある人か
    も大事ですし、

    言った内容が適切で正しいか
    って

    みんな気にしますから、

    「言えていい気分だっぜ~」は
    卒業した方がいいですよ。


    人間性が良いか悪いかの方が大事で、

    「卑下して溜飲を下げたがる人」って

    悪い人間性の方の人でしょうから、

    無理して人付き合いしなくていい
    感じなんですよ。


    それで、
    「憂さ晴らし」とか悲しいですから。




    <追記4>2020.05.26
    悪口言うのが運動員の場合も


    とある団体さんらしき人々が
    自分の団体に「落としたい」らしいときに
    (「落とす」という表現らしいんですが、
    そもそも自分たちに「下層」意識があるんですかね?)

    団体でつきまとって
    悪口とか卑下する言葉とか
    周囲で言ってたりするもよう

    なんですよ。


    僕も、
    そもそも収入が安定するのを目的に
    職を探していませんでしたからねぇ。


    それっぽい人々結構見ましたよ。

    (ただ、そちらの団体の人って、僕のこと知らないというか、
    見てても観察力理解力が乏しいらしくて理解できないらしい
    んですよ。

    つまり、僕のせいじゃないんですが。)




    <追記5>2020.05.26
    「ファニーステップ」やる前なんで


    そんなに僕のことを知っている人がいない時代なんですが、

    明らかにつきまとっている人がいたので、

    そちらの関係の人でないかと。


    うち、そちらの団体さんと縁がないんで、

    当時名前も知らないぐらいでしたが、
    (僕に迷惑をかけてくる人ほとんどそこの団体の人らしかったんですが、
    だ~れも団体名を僕に言うことがなかったんですよねぇ。)

    今となっては、
    とある団体さんらしいんですよ。


    僕のことを知っている人が多くない頃に

    まるで、
    僕のことが大きな噂になっているかのように
    周囲の人が話していたりするので、
    (勝手に「落とせそう」と思うらしく、なぜか何回も来るんですよねぇ。)

    明らかに「嘘」で、作り上げられた空間なことはわかるのですが、

    最初に出くわしたときは
    びっくりするでしょうし、

    こういう人々って、
    調子に乗るでしょうから、

    迷惑甚だしい
    んですよ。


    有名な人だと
    本当に噂になっているのか
    と思っちゃうかもしれません。


    運動員がそういう風に見せかけているだけかも
    しれない
    んですよね。


    あ、
    僕、
    東急さんの一周の時も
    横浜駅で京浜東北線の中で
    とある団体の運動員らしき人々に
    「失敗しただろ」とかって嫌がらせされたんですよ。
    (いらないですねぇ。)


    つきまとってきた人々には
    経路の続きがわからなかった
    んでしょうね。


    どうやら、「犯罪をもう見つけちゃった」のではなく、
    つきまとった上で、
    「これから犯罪するのを待っている」らしいんですよ。


    「つきまとい」は犯罪ですからねぇ。


    先につきまとう人が犯罪見つける前に犯罪しちゃってますから、

    逆に逃げられなくなっているみたいに見えるんですが。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ