FC2ブログ

記事一覧

979. 世界一になるには

  • カテゴリ:教育(小学生の保護者向け)
  • 1から10まで教えてもらっている状態では
    無理でしょうね。


    自分で工夫して、能力開発をし、
    唯一の技術や方法も持っていないと

    無理なんですよねぇ。


    自分で学習できないと
    オリジナリティも出ませんし。


    確かに、
    技術の習得の時点で
    環境が100%誰にでも整っていないので、

    それまである技術の習得だけで、

    他の人と差別化され、

    仕事を任されて、仕事をしていたりする人はいるよう
    ですが、

    技術の使い方の問題ですし、
    (悪く使えば、犯罪者ですしねぇ。
    心が大事なんですよ。)

    それだけでは、1番にはなれません。
    (よっぽど、停滞している分野ならあるかもしれませんが。)


    逆に、必要な技術を持てば
    最低でもそこまでいけるのが現在の状況かも

    しれません。


    1から10まで教えて世界1ならば、
    教えてくれる人が本当の世界1ですので、

    教わる側が1番にはなれません。


    どうも、
    幼少期からの教育の手を抜いて、
    「ありゃ、困ったぞ。」となったぐらいに

    丸暗記で一芸に秀でさせたがる親もいるようですが、

    それは気の毒ですよね。
    (ちゃんと必要な教育を着々と付けたほうがいいと思います。)


    自分で好きで
    ルンルンと
    24時間考えて、やってるぐらいじゃないと
    世界で1番にはなれないんじゃないですか

    ねぇ。



    <追記>2020.05.25
    「平たく勉強しておく」のも大事


    少なくとも、
    学校でくれるぐらいの内容分は
    お勉強しておいた方が

    生活の中で
    自分の自由独立を守りやすいでしょうし、

    また、
    「プロ」となりたいのであれば、

    その分野に関しては
    他の人よりできなければなりませんので、

    しっかりとしたお勉強をしないと
    他の人と差が付きませんし、
    (周辺のお勉強もしっかりしておいた方がお勧めです。)

    学校がくれるの内容分ぐらいは
    知っておいた方が、

    自分の技術の使い方を誤ったりしないで済む
    可能性が高くなるでしょう。



    <追記2>2020.05.25
    大人の力の介入


    子供の頃って
    大人の力の介入で
    他の子どもより
    できるように見せかけるのはできるのですが、

    本人の本当の力が育ちませんので、

    「必要以上に成果を求めて
    しごきまくる」
    のは
    お勧めではないです。



    <追記3>2020.05.25
    「ありゃ、困ったぞ」でない
    らしい場合も


    <本文>で

    「どうも、
    幼少期からの教育の手を抜いて、
    「ありゃ、困ったぞ。」となったぐらいに

    丸暗記で一芸に秀でさせたがる親もいるようですが、」

    と書いたのですが、

    実際は、
    「充分に弱ったな、この子」という感じで

    子供を支配し、
    自分の言うことを聞かせようとする親もいるもよう

    なんですよねぇ。
    (ちゃんとお勉強したほうがいいですよ。

    自分が健全に成長するのに必要な、
    かかるべき時間はかかりますから。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ