FC2ブログ

記事一覧

978. それじゃ、ドボンシナリオ入ってるじゃん

  • カテゴリ:政治の?
  • NHKスペシャル
    苦境の世界経済 日本再建の道は  “ウィズ・コロナ時代”をどう生き抜く」を見たんですよね。


    「景気が急速に回復するか」というのは

    まず、「みんなの手元にお金があるか」なんですが、

    実は、「みんなの気持ち次第」なところもあって、

    「お金がないよ~。いざというときの支援がないよ~。」と
    恐怖を感じている


    「貯蓄に回る」のが最優先


    となるでしょう。


    西村経済再生担当大臣が

    「政府による金融政策が何より最優先でどんどんやっていく」旨の予定であることを
    述べていましたが、

    貸付は借金ですし、
    みんなの借金を増やさせて、

    「その後どうするのか。どうなる予定なのか」の
    目測がなく、

    ドボドボお金を投入しているように聞こえたのですが、

    それでは、
    「借金まみれでデフォルト(破産)」のシナリオを取り除けておらず、

    そうなっちゃう未来も
    僕たちの行方には存在する
    ということではないか

    危惧しています。


    自分たちに不利な将来のシナリオを取り除けていない場合、
    そこに陥る可能性もある状態で僕たち暮らさないといけなくなり、

    危機管理、リスク低減の観点としては
    ダメすぎる

    でしょう。

    (まるで、太平洋戦争の指揮のようですね。)


    必要とする人の範囲がわからず、お金を投入していますが、

    ローン、家賃ストップで、一律生活費給付の方が

    最大でいくらかかるかの試算ができて、

    みんなが困る未来にならないような
    対策のしようがあるのではないか

    と思う
    んですよねぇ。


    企業の内部留保、家庭内の貯金に頼る政策ですから、

    コロナ自体が収まった後も、

    今まで以上に
    自分たちの内部留保を貯めることが最優先となってしまいますので、

    みなさんの給料上昇が叶いにくい
    ことになるでしょう。


    コロナ以前のような消費に盛り返すにも

    「経済的に安心した守りがない」ように見える政策をとることで
    みんなを怖がらせ過ぎているんじゃないでしょうか?



    ちなみに、西村経済再生担当大臣が
    中国のことを小さな国と言っていましたが、

    頭の中は
    どういう現実認識の状態なのでしょうか?
    (大丈夫ですかね?)

    中国は小さくないですよ。



    <追記>2020.05.25
    日本の政府の侵略戦争の過去が


    中国は実際に小さくないですし、
    文化的にも
    日本は大変にお世話になっています。


    第2次世界大戦(太平洋戦争)の前、間に

    日本は政府として

    中国を
    不当に過小評価し、劣等と決めつけ、卑下して、
    侵略戦争、人体破壊行動など

    をしました。
    (現実はそうではありませんので、「不当に」です。)


    不当に相手を過小評価する態度は
    「何事か」という
    許せない気持ちです。


    特に、
    日本の政府として行った
    中国への侵略戦争行為の理由、動機の一つですので、

    現在の政府の人間が
    そのような認識であること、
    そのような間違えた認識を堂々とひけらかすこと
    自体
    大問題
    なんです。


    即刻そのような態度はやめてもらいたい
    です。
    (コロナ対策の特に経済対策で「悪策(より良い策を思いつけず、力が足りないようですが。)」やってますから、
    政権自体が辞めて欲しいですね。

    他にもいろいろ「犯罪では?」という問題行動がありますし。)


    戦争を引き起こしやすい考えもいりません。
    (素人なんですかね?

    僕、
    自民党は
    そういう戦前の政府の生き残り(子孫)ではないか
    と疑っているのですよねぇ。

    大丈夫ですかね?

    先祖が間違えたのは先祖の勝手で、
    子孫として、「親を相対化」できてないんですかねぇ。

    親の間違えは否定していいんですよw)



    <追記2>2020.05.26
    あ~、家賃の政策が
    できないと・・・


    25日の記者会見の映像を見たのですが、

    「家賃を止めるわけにいかない」旨のつぶやきを
    安倍晋三首相がしてましたので、

    このような力加減のようです。
    (みんな共倒れにならないかしら?)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ