FC2ブログ

記事一覧

971. 現実に生きているんだよ(ゲーム依存)

  • カテゴリ:大事なつもりなんだけど、読んでみて (中高生向け)
  • ゲーム内って
    時間や努力の積み上げ型で
    現実社会より簡単に自分のやったことの成果が見えたり、

    お友達関係を切れなくするのと同時に、
    ゲーム自体から離れないようにしたり、

    依存的になりやすいような仕掛けがあったりして、

    ゲームから離れられないようになっていることが多い

    んですよ。


    機械相手にプレイすることで、
    反射神経が鍛えられたり、
    色々なストーリーに出会えたり
    するんですが、

    現実から離れて過ぎてしまうと

    現実での経験値を積み上げる時間が減ってしまって

    たとえゲーム内で強くなれても、

    現実世界内での
    自分の能力アップ、レベルアップが遅れてしまいがちになりかねない
    んで、

    リアルの充実化と
    現実とのつながりも
    少しずつでもお手当てして、
    大事にできるといいだろう

    と思います。


    君の体はこの世にあるし、
    ご飯を食べさせてあげたりして
    自分で世話をしてあげないといけない

    んだよ。



    <追記>2020.05.20
    積み上げるの好き
    なんじゃないかしら?


    ゲームシステムに入っていて

    みんなの「ホイホイ」となっているように

    ゲームにはまっている人って、
    積み上げるのが好きな人が多い
    んじゃないか


    思う
    んですよね。



    <追記2>2020.05.20
    報酬が明確
    なんですよねぇ


    成果が
    すぐに自分で感じられて
    努力への報酬が明確

    なんですよねぇ。


    リアル世界で
    努力が自分の力になったな~
    って

    ゲームほど
    簡単に感じられないんで、

    充実感を感じて
    はまっちゃうのかも

    しれません。


    リアルでも大きくなれるといいですよねw



    <追記3>2020.05.20
    「できるようになった」
    という実感が大事で


    10年でプロレベルになることを目指すといいよ

    と僕は言っているんですよね。


    その中で
    小さい成長を重ねて
    結果として大きくなっていくんだろう
    と思うんですが、

    自分の成長が
    小さい成長でも感じられないと

    続かないですから。


    これは
    当たり前の普通の心情だろう
    と思います。


    頑張っていると、

    初めは本当に成長自体がゆっくりで、
    自分が気づかないかもしない

    ぐらい
    ゆっくりだけれど、

    あるとき大きく成長したりすることもあって、

    人のリアル世界での成長は
    すぐに成果がわからないことが多いもよう
    なのですが、

    ちゃんと成長するはず

    なんですよね~。


    子供さんやリアルで積み上げた経験の少ない人
    (これから頑張ればいいんで、お気になさらずw)は

    自分の成長自体が
    初めての経験でしょうから、

    自分で頑張ってみないと
    成長すること自体がどんなものか体験できなくて、

    大変かもしれませんので、

    周りの人の適切なサポートが必要かも
    しれません。



    <追記4>2020.05.20
    自分で頑張ることが
    重要な人々も


    自分が面白いと感じて熱中し、
    自分で考えることが大事で

    自分で考えて自力で成長する以外
    誰も助けることのできない

    将棋の棋士さんのお話でも、
    (心暖からしい互助会があるようですw)

    覚えたての最初の最初は
    すぐに級の上がる20級システムで
    誘導しているみたいですし、

    僕も、
    好奇心がおおせいで
    充実感を大事にしていたりしたよう
    なんですが、

    どれだけ速く解けるかみたいな
    自分内競争して
    時間という数字で達成感も味わっていたので、

    自分の成長を感じられるような報酬って
    大事だろう


    と思うんですよね。


    次第に、
    面白さの本質を味わって
    自分で新しい景色を見れるように
    自力で歩いて
    頑張るようになるだろう


    と思います。


    音楽とかなら、
    どんなふうに弾けたか、演奏できたかの
    自分で感じたり、他の人と振り返って感想を言い合ったりする
    のが大事かも
    しれません。
    (好きな音で好きに歌ったり、演奏できるのって楽しいんですが、
    自分で変化を感じられたほうがいいと思います。)



    <追記5>2020.05.20
    想像力が豊かになるのは
    いいんだけれど


    ゲームでいろいろな自分になれたり、
    色々な技をできるのは
    色々な経験ができて
    いいことだろう


    とても思うし、
    楽しくていいだろう
    と思う
    んですけれど

    やっぱり、
    現実世界での感覚あっての
    ゲーム内で感じられる充実した実感、感覚だろうし、

    現実に生きている自分を大事にして欲しい

    です。
    (なんといっても、
    現実で自分の身で実現するより、
    お手軽にできちゃいすぎるところもあるんで。

    想像の世界で実現するより、
    現実で実現するのは
    はるかに大変なもののよう
    なんですよ。

    僕も想像の世界を大事にしますけれど。)



    <追記6>2020.05.20
    厳しそうな現実が一つあるんだけれど


    何かに挑戦をして
    心身に不調が出てしまう場合、

    命を守るために
    挑戦はドクターストップ

    となるんです。


    スポーツ選手が怪我で目標を達成できないことが多くあるように、

    どうしようもないので、

    脳や体がついて行かないのなら、

    厳しいけれど、
    「その挑戦をするのに、向いていない」と
    言わざるを得ません。


    お気を付けください。


    そして、

    ゲームでプロになるのは
    厳しい世界でしょう。


    心に不調が出たり、
    体が壊れてしまう人が挑戦できる世界ではありません。


    健康な状態でいられる人が
    立っていられる世界だろう


    と思います。


    上記を参考に
    人生戦略を立て直すことをお勧めします。



    <追記7>2020.05.20
    どの世界もそうだろうと思うよ


    どの世界でも、
    プロとかトップの世界って

    その厳しい条件、状況で
    元気でいられる人が
    立っていられる場所

    なんです。


    能力の条件が満たしていないといけないと思われていますが、

    それだけでなく、

    体の条件も満たしていないといけない

    のです。


    健康を守りながら、挑戦してください。


    24時間のうち
    沢山の時間を修行に使って、
    心身ともに健康な状態をキープできる人でないと
    挑戦し続けられません。


    また、
    24時間のうち
    沢山の時間を修行に使いすぎて
    心身ともに健康な状態をキープできないぐらいの
    能力の場合も
    プロをめざし、挑戦し続けたり、
    生活していくことは難しい

    んです。
    (自分の実力に合った世界で頑張らないと
    心がちゃんと成長しにくいのではないかと思います。)



    <追記8>2020.05.20
    病気だからって
    あきらめることはないけれど


    挑戦のせいで具合が悪くなったら、

    ドクターストップ

    ですが、

    病気だからって
    体が弱いからって、
    挑戦するのを止める必要はない

    と思います。



    <追記9>2020.05.21
    ズルして、立っていても
    その人は向いていない


    「生き残れる人」を

    「向いている人、その世界に適合している人」

    と言って良いならば、

    「ズルしたり、騙したりして、
    立っている人」は

    「向いていない人、その世界、役職に適合していない人」

    と言わざるを得ない

    でしょう。


    結局、
    「犯罪者」として
    社会的に追い出されるでしょうし、

    ちゃんと
    実力、いる資格を持って
    その世界にいる人と
    絶対に対等な関係にはなれません。


    「ちゃんと対等でいられるかどうか」って大事みたい
    ですよ。


    そういう意味で、

    ズルして
    自分より偏差値の高い学校に潜り込んだり、
    実力不足にも拘らず、コネなどで業界に潜り込んでも

    ちゃんとお友達関係ができなくて
    心が育たなくて
    まったくもって よろしくない もよう
    です。
    (本人の実力も本当の意味では伸びないようですが。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ