FC2ブログ

記事一覧

967. まだ、緊急事態宣言の名残だよ

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • 様々なところで
    「ゆるみ」が見えているみたい

    です。


    みんな同士を切り離す
    「人と人との接触の機会を減らす」作戦が
    非常に使えるから、

    現在発見される新たな感染者の数が減っているだけ

    です。


    人と人との間隔を適切に離せば良いという
    感染経路の推測に基づく理論が
    正しかった

    ようで、

    この理論に沿った行動を徹底する
    ことにより

    望みの未来が手に入りました。


    群れたり、スキンシップを図るのは
    人として、とても大事なことだと思いますが、

    まだ、
    そんなにたくさん群れてしまっては
    早いかもしれないので、

    お気をつけて欲しい

    と思います。


    これからの新規患者数の推移を
    注視したいと思います。



    <追記>2020.05.18
    現在のところ、
    僕たちの持つ唯一に近い
    有効な対応策のようなんで


    今回の感染者数の推移は
    緊急事態宣言下の条件での推移です。


    自由経済をできる限り抑制し、
    人同士の接触をできる限り避ける
    特定の条件下、
    日本においては最も制限の強い端の条件下での
    観察結果となるだろう

    と思います。


    一つ一つ自粛などを解除していくと、
    緊急事態宣言下の条件に
    解除の条件、状況が
    一つ一つ足し合わされて、
    複合条件になっていきます。


    大丈夫な条件を模索しながらの
    自由経済の解除となるだろう
    と思いますが、

    犠牲者を出さないで済むように
    用心して

    犠牲者を出すのが前提の作戦でないように

    していただきたい

    と思います。


    現在、
    決定打の薬、ワクチンのない状態のようですので、

    現在のところ、
    人と人の接触を減らす、群れない、
    グリーンとレッドの区分けが

    僕たちの持つ唯一に近い
    有効な対応策のよう

    ですから、

    その唯一の防御策を緩めつつの
    自由経済の再開である

    ことも

    よく理解して、

    そして、

    大丈夫そうに思っても、
    用心して

    リスクのある行動を
    無用に取らないようにした方が
    いいだろう


    と思います。



    <追記2>2020.05.18
    自由経済できても
    お小遣い程度では
    暮らしていけない


    ので、

    保護政策が必要だろう

    と思います。



    <追記3>2020.05.23
    実際に犠牲者がでなければ
    とても めでたい のでは?


    もしかして
    ウイルスを持った人の数自体が少なくなっているかもしれなくても、

    3月ぐらいの感じなんだと思うんですよ。


    それよりウイルスを持った人の数が減っているかもしれないし
    そうでもないかもしれません。
    (もし、再燃しにくい感じなら幸せですよね。)


    もし、
    それよりウイルスを持った人の数が減っていれば、

    厳しくしなくても良いかも

    と思うかもしれませんが、

    実際に犠牲者が出ないのが
    何よりだろう

    と思います。


    完全に安全宣言が出るまでは、

    ちゃんと身を守るように行動したほうがいいだろう

    と思うんです。



    <追記4>2020.05.23
    ゆっくりやっているから


    10万円の一律給付金を出すのに

    いつまでかかっているんでしょうか?


    時間がたてば、
    必要となるお金、足りなくなるお金が増えるのが
    道理ですから、
    (毎日ご飯食べますもんねぇ。)

    申請のあった人に
    10万円じゃなくて、
    自動的に20万円、30万円と
    振込金額を上げるべき時期に
    なってしまった


    のでは
    ないでしょうか?

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ