FC2ブログ

記事一覧

966. 人を斬っちゃだめよ

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • NHKスペシャル
    新型コロナウイルス ビッグデータで闘う」を見た
    んですよ。


    一つ一つ、参考になりました。
    ありがとうございます。


    社会的スティグマがひどいですね。


    たとえ、行いがおしかりを受けるような内容であったとしても、
    人を斬ってはいけません。


    悪い行動を悪いと指摘しているのか、

    人を斬りたい気持ちをふりまわし、ぶつけているのか

    間違えないようにするべきじゃないか


    と思います。
    (安倍政権は今の姿では信用しませんけれど。)


    新型コロナウイルスに感染したのは
    責められるべきことではありません。


    間違えてはいけません。


    新型コロナウイルスに感染した人を攻撃してしまっては
    自分の間違えを
    間違えて
    感染してしまった人に押しつけてしまって、
    一方的に加害してしまっています。


    おかしな発言、行動する人は
    その自分の行動の責任を背負うことになることも
    よくわかっておくべきでしょう。


    用心と攻撃は違います。


    人を斬っちゃダメ
    なんですよ。
    (日本の刑法も「行い」のほうを問題にしているんですよ。)



    <追記>2020.05.18
    無害なほうのウイルスが残りやすい説の
    前提が危ない気が?


    宿主を殺してしまう感じのウイルスが淘汰されて、
    宿主を殺さない感じのウイルスに変異したウイルスが生き残るのでは?

    という説がありましたが、

    正確な情報が
    皆さんの中で共有されることを
    祈っていますので、

    僕の考えを書かせていただきたい
    と思います。


    ある遺伝子を持っている生物やウイルスが
    生き残るというのは
    「生き残った」という結果でしかありません。


    生き残るために、
    「遺伝子の突然変異」を起こすことは
    できないです。


    生き残る条件に合った性質をもったために
    生物が生き残り、
    同時にそのような性質をもたらす遺伝子が残るだけ
    です。


    宿主を殺してしまう感じのウイルスは
    寄生する宿主がこの地球上、この世からいなくなるとともに
    絶滅することが多いでしょう。


    毒性の低いウイルスに対して薬、ワクチンが作られないことで
    対応を取られないがゆえに
    毒性の低いウイルスに編成すると
    その遺伝子型のウイルスは
    生き残る可能性はありますが、


    宿主を殺してしまう遺伝子を持つ
    ウイルスの絶滅の条件が満たされることを
    期待して待つ
    対応は
    しにくいのではないかと思います。
    (どういう具体的な想定下での考えによるご説明かが
    わからなかったんですよね。)


    みなさんの油断を招いてしまう誤解が
    あってはよろしくないでしょうから、
    僕の意見を書かせていただきます。


    また、
    感染者が多いと、
    ウイルスの代替わり、
    つまり、
    突然変異のチャンスとなる細胞分裂の回数が多くなるでしょうから、

    突然変異を起こさせないように
    (予定して準備している薬やワクチンが合わないかもしれないのは困りますので。)
    という観点からも、

    感染者は少ない方が
    僕たち人類にとって有利であろう
    とも思います。


    この観点からも
    ウイルスに直接暴露させて形成しようとする「集団免疫」を
    最初から目標にするのは

    犠牲者が必要以上に多くなるであろうことは
    もとより

    代替わりが多いことによる突然変異の誘発の観点からも
    危ないのではないか

    と思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ