FC2ブログ

記事一覧

958. 一人一人の事情が違うでしょうけれど

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • さまざまな原因で
    ほかの人に「犯罪」という迷惑をかけない
    と生きていけない人がいるもよう
    なのですよ。


    本人の楽しみ、趣向から
    だけでなく、
    さまざまな不利な状況を解決、挽回するためだけのために
    犯罪を用いてしまう人がいるんですよねぇ。
    (脱法的な法律が必要な人もいるでしょうし。)


    能力が足りなかったり、
    世間が狭かったり
    本人の心が選ぶものが不適切だったりして、

    自分の不利な状況を解決するのに、

    犯罪以外の方法が思いつかない、できない感じの人がいるもよう
    でもあるのですが、
    (そういう事情の人でないと、
    犯罪者対応に遭って困る的な
    そもそも困ったことにならないで済むかもしれません。)

    そういう人たちの引き起こす迷惑を
    許すことはできませんが、

    そういう人たちを
    十把一からげに
    一括して扱ってしまうのは
    非常に危険だと思います。


    一人一人の内面、事情に応じて
    対応をしていくことが大事だろう

    と思います。
    (犯罪犯す前に、本人がひどい状況になる前に、
    間違えに気が付いて
    更生できるといいんですけれどもねぇ。)



    <追記>2020.05.12
    「ダメである」ということは、
    言わないといけない


    「犯罪やっちゃう人」

    って

    「ダメ」である

    という

    みんなの気持ちは分かったうえで、

    自分は
    どうするのか
    考えたほうがいいだろう

    と思いますよ。


    「ダメなものはダメ」って言わないと
    いけないし、

    そういう前提(立ちはだかる壁)を
    ちゃんとわかっていないといけない

    と思うんで、

    僕はこう書きたい
    と思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ