FC2ブログ

記事一覧

957. また、「汚れ法案」が

  • カテゴリ:政治の?
  • 879. 定年延長断れないんじゃないの?(東京高検検事長)」で書いたんですが、

    立法化したいんです
    ってね。


    いらないでしょうねぇ。


    日本の法体系を汚すような
    「汚れ法案」を付け加えないで欲しい

    ですね。


    政治家には
    そういう法体系を変える力が与えられてますから、

    選挙では
    そういうおかしなことをしない人に
    1票をいれたい

    ものです。


    具体的には

    安倍政権が作った迷惑な法案を
    掃除してくれる方、政党に
    1票入れたい

    です。



    <追記>2020.05.11
    だって、原理的に必要ない


    理屈の上から言っても、

    いらない法案、
    いらない決まり、
    いらない人事システム

    ですよ。


    都合よく、
    検察を支配できる要素が増えてます
    しねぇ。


    安倍政権の人たちは
    自分が逮捕されないか
    心配なんですか

    ねぇ。
    自民党の人もかもしれませんけれど。)



    <追記2>2020.05.11
    というか、
    もう やらかしちゃった?


    「もう やらかしちゃった」

    「これから、やらかす予定」

    「その両方」
    なんですかねぇ。

    危な過ぎますね。

    僕個人的には
    あんまり信用ない感じに見えますんで、

    全く支持しない人たち
    なんですが。



    <追記3>2020.05.11
    そこは公平じゃないと
    真っ先に疑われるところ


    でしょうなぁ。


    悪いことをしたり、
    他人に迷惑をかけると、

    相手に
    自分の立場や処遇、命を預けることになって

    許しを請わないといけない立場になり、

    わざわざ自分で弱みを作って
    他人に弱みを握られる

    ことになりますから、

    気を付けたほうがいい


    ですよ。
    (僕たちの社会に「いらない子」って言われちゃうかもしれませんしねぇ。)



    <追記4>2020.05.12
    「捜査の途中だから」って
    通用する言い訳になると
    思っちゃうんだぁ


    「捜査の途中だから」という理由で、
    政権の力で
    担当官の定年退職を認めない


    というのは

    できる限りの
    外部からの恣意的な影響を除いて
    完全中立であるべき捜査

    というものが
    損なわれる

    ことになり、

    「捜査の途中だから」
    という
    おそらくは捜査の質を下げないため
    (クオリティを下げない)
    という理由とは

    逆に

    捜査全体の質が低下する

    ことになるでしょうから、

    改悪である

    と断言できるでしょう。


    安倍晋三総理大臣は
    通用する言い訳だと思っちゃって
    そうしゃべっちゃったよう

    ですなぁ。


    残念ながら、全く通用しませんねぇ。


    本当、残念賞でしたね。


    879. 定年延長断れないんじゃないの?(東京高検検事長)」で書いたように

    誰が担当しても
    同じ結果でないと
    公正であるとは言えず、
    ダメ


    なんですよ。


    確かに、
    優秀な担当官の方が捜査に有利でしょうが、

    民主主義の複数の人数で
    対応するのが
    前提の社会で
    公正に運用する観点からは

    優先順位が違う


    んですよ。
    (それくらいわかって政治家やってくれないと困りますね。)


    公正であることを
    確実に担保されている
    システムの存在の方が優先される


    んです。



    <修正>2020.05.12
    他人の心の
    決めつけ、断定は
    ダメよ


    今、
    <追記4>を
    読み直してみたら、

    「安倍晋三総理大臣は
    通用する言い訳だと思っちゃって
    そうしゃべっちゃった

    んですねぇ。」

    と書いてあったのですが、
    (僕が書いたのですが。)

    他人の内面を決めつけちゃっている
    書き方になっちゃっていて

    非常に気持ちが悪いので、

    「安倍晋三総理大臣は
    通用する言い訳だと思っちゃって
    そうしゃべっちゃったよう

    ですなぁ。」



    修正させていただきたい

    と思います。
    (「273. 自分に都合良く決めつけてませんかね?大丈夫ですか?
    という記事を書いちゃうぐらい、
    他人の心の決めつけ、断定は嫌なんですよねぇ。)



    <追記5>2020.05.13
    独裁が危ない


    <追記4>で

    民主主義の複数の人数で
    対応するのが
    前提の社会


    と書いたのですが、

    複数人数で対応することで
    一人が独裁できないようにする


    というのが

    お互いにチェックしあうということも含めて
    みんなの安全を守るためのセーフティネット


    で、

    独裁できないようなシステムにしておくのが
    さらにセーフティネット


    となるよう
    なんです。


    安倍政権の提出しているこの法案は
    僕たちの社会が持っているセーフティネットを
    壊そうとしている


    んです。


    つまり、
    安倍政権がこの法案を用いて
    僕たちの社会が持っているセーフティネットを
    壊そうとしている

    んです。


    国会で、「そのつもりはない」と言っても
    実際に壊れますから、
    安倍晋三首相、安倍政権の心の中に
    「そのつもりがない」なら、
    即取り下げるべき

    です。

    (自分の心に遭わないことをしないといけない奴隷は日本にはいません。
    ただ、自分の心が欲してやった行動が「犯罪」だった場合、刑法によりペナルティが与えられるでしょう。
    みんなの「NO」という拒絶は間違いなく来るでしょうけれども。)


    この答弁により、
    安倍晋三首相の脳では
    正しく現実把握ができていない疑いも
    生じています。


    安倍晋三首相の行動について
    内面が3パターン、
    推測ができるのではないか
    と思います。


    1.事実、「この法案で
    実際に僕たちと僕たちの社会が
    どうなるのか」が
    わかっていなければ、

    上記の通り、
    正しく現状把握できていない

    ですよね。



    次に、
    2.「この法案で
    実際に僕たちと僕たちの社会が
    どうなるのか」が
    わかっていて、
    この答えでは通用しないことがわかっていなければ、
    安倍晋三首相の現実把握は正しくありませんし、

    さらに、
    3.「この法案で
    実際に僕たちと僕たちの社会が
    どうなるのか」
    がわかっていて、
    この答えでは通用しないことがわかっている場合
    めちゃくちゃなデタラメをしゃべって
    無理やり突破しようとする
    悪意が露呈
    します。


    「この法案で
    実際に僕たちと僕たちの社会が
    どうなるのか」が
    わかっていた場合、

    民主主義に反する
    僕たちの生命、生活、財産、幸せなどの
    福利を損ねやすいシステムを導入して

    僕たちの日本社会、日本国民のもっている
    社会システムという価値を毀損し、

    そのシステムを使うことで、
    僕たちの生命、生活、財産、幸せなどの福利を損ねようとする

    悪意が露呈する

    でしょう。


    つまり、
    この場合は、
    他人の持つ
    (国民に含まれますんで、自分も持っていますが)
    価値を毀損しようとしていますし、
    過失ではなく、悪意があるので

    安倍晋三首相,、安倍内閣、この法案を支持する人は

    「犯罪者」です。


    安倍晋三内閣総理大臣って、

    現状把握できていないか、
    (内閣総理大臣としては、脳力(頭の良さ)が足りないと言われるかもしれませんね。)

    「犯罪者」の

    2択

    なんですよねぇ。



    ちなみに、
    「独裁」って、
    「-100から100」まで幸せ度があるよう
    なんですよ。


    「100」のパターンだと、

    心の優しい非常に有能な人が一人で政治をやる場合で、

    世の中スピーディに幸せになりやすいでしょうけれど、

    その人にも寿命があったりしますので、

    いつかは誰かに担当を変わってもらわなければなりません。


    逆に
    「犯罪者」が独裁をすると
    容易くみんなを犠牲にできてしまうので、
    「-100」の悲惨な状況となります。


    リーダーを誰かに担当してもらわないといけない
    のですが、

    みんなが騙されてしまう可能性もあるので、

    一人の力だけが反映してしまわないようなシステムにしておくのが

    より安全なシステムなんです。


    ただ、良い解決策、アイデアがないことには
    実行もできませんし、
    困った事態の解決やみんなの幸せに結びつきません
    ので、

    集団の全員さんに参加していただいて、
    ふるってアイデアを出していただいた方が

    より良いアイデアが出て良い気がします。
    (選ばれる議員さんも良い人の集まりから選ばないと、
    議席数を埋めるために、
    「犯罪者」も入れないといけなくなる可能性がでますので、
    みんなの幸せを願う良い人で
    政治に興味があり、
    みんなの生活やどんな人がいるのか、公平感や政治のことをお勉強している方を
    沢山育てないとなりません。

    自分たちが何をされているか気づけて、
    政策の良し悪しをきちんと判断できる人は
    全員にしないとならないだろう

    と思います。)


    自分の意見だけが通ると良い、
    と思っている人には

    みんなが幸せな民主主義は難しい


    でしょうね。


    この法案は
    内閣による「独裁」につながる法案

    ですので、

    ダメ
    なんですよ~。
    (そもそもなんでいるんでしょうねぇ?→<追記>、<追記2>、<追記3>)



    <追記6>2020.05.13
    一人だけ、一団体だけだったり、
    一部の勢力だけで
    決まらないのが大事


    自分以外の意見の人だからと言って、
    抹殺してしまったら、

    他人を殺したり、他人の福利を損ねることになります。


    それをやっちゃうと、
    「犯罪者」になっちゃいますから。


    一人だけの力や意図が
    直接みんなに降って来ないように、
    することが大事で、

    そういう意味で、
    力を抑制する必要がある

    んです。


    「民主主義」って
    そういう理由でも大事
    なんですよ。


    これは集団に対しても当てはまって、

    一団体だけ、一部の勢力だけに有利なシステムはまずい

    んですよ。


    この団体、勢力に属していないと、

    福利が毀損されることになって、

    この団体さんが他の人の福利を毀損することになります
    から。


    犯罪者は
    そもそも他人の福利を毀損しますので、
    (特に、「自分から先に」ですしねぇ。)
    ねぇ。

    他人の福利を毀損していなければ、
    (他の生物さんに対してもですが。)
    どこの誰でも問題ない

    んですよ。



    <追記7>2020.05.13
    小学生ぐらいでやってない?


    小学生ぐらいまでに
    「○○ちゃんはOK, ○○ちゃんはダメ~」とか
    「男しかダメだから」とか「女しかダメだから」とか
    して、

    自分一人で独り占めしたり、
    仲間としたお友達だけ独り占めしたり、OKとしたりして、

    そのOKの仲間の中に入ったら
    「イエーイ」
    みたいに喜んだりするのを
    やっていませんでした?


    自分が選ばれて、
    自分にいいことがあったということで
    一瞬嬉しいけれど、

    誰かの気持ち次第だけで処遇が決まり、

    仲間外れになったお友達や
    独り占めに入れなくて
    ハブられたお友達の顔とか様子とかを見たら、

    喜んでいたのが気分悪くなっちゃって、
    あんまり、おいしくなくなっちゃう

    んですよね。


    結果として、
    あの大きい「イエーイ」が
    吹き飛んで
    なくなっちゃう

    んですよ。


    なんで、そういう依怙贔屓とかみたいな
    自分だけだったり、
    一部の人だけだったりが

    おいしい思いをするのは

    「嫌だな」「気分悪いな」
    って学習しているんで、

    もうやらない

    んですよ。


    お友達とちゃんと遊べてないんでしょうかね。


    政治も同じでしょうから、

    お友達を大事に思って、心を通わせて遊べていないと

    「みんなで楽しい」のが「マジ楽しい」ってわからなくて

    問題行動が出るかもしれませんね。



    <追記8>2020.05.13
    「チート」も「騙して出し抜き」もダメよ~


    うっかり成功しちゃったときの
    みんなの顔や「いや~」という反応を
    思い出すと

    やっぱりやらない

    です。


    チート好きなんですがねぇ。
    決まるとまずいんですよ~。
    ぶっふっふ。


    詐欺やりたいなら、
    自作の小説でやることをお勧めしてますしねw
    ぶっふっふ。
    (僕、
    611. 風通しを良くする」<追記4>で
    絶賛おすすめしてますけれども。)



    <追記9>2020.05.13
    個人プレイが大事な場面では


    個々人の力が大事な場合、
    個人プレーの場合、

    「絶賛、頑張っていい」
    というより
    「絶賛頑張るべし」
    でしょう。


    アイデアを出すのも、個人個人の頭からですし、
    経済活動も個々人の頑張りが大事ですし、
    チームプレイの場合は、個々人の頑張りでチーム全体のクオリティ(質)を上げないと
    なりません。


    そして、
    個人の力で正々堂々と競争するのであれば、

    修行をするのも勉強するのも

    個人で絶賛頑張るべきでしょう。


    最後、
    行動するのは自分ですので、
    そういう意味で頼れるのは自分ですから。



    <追記10>2020.05.13
    納得感は同じでしょ?


    小学校時代のお友達との間の納得感も

    大人になってからの対人関係の納得感も同じ

    ですよねぇ。



    <追記11>2020.05.14
    罰則規定がいるかな?


    恣意的な(勝手気ままな)、
    公平ではない誰かの意が含まれるような人事をやった場合
    に、

    罰則規定をつけないと

    信用できなくて心配
    ですな。


    本人の気持ちの自主申告ではなく、
    得するような事実があったら、
    逮捕、起訴できるようにしないといけない

    でしょう。


    そもそも、
    いらない”汚れ”法案
    だけれど。




    <追記12>2020.05.15
    内面で罰することはないでしょ?


    日本国憲法で
    思想の自由が保障されていますし、

    行動の結果をもって、罰則が付くか否かが決まるのが

    日本国の刑法のシステムですから、

    「内面、思惑がどうだったか」で罰則規定はつかないんですよ。


    つまり、
    「内面、思惑」で法律違反かどうかを判定されることはない
    んですよね。


    当然、
    誰が見てもわかる結果の損得の実態で量られるべきで、

    本人が「そのつもりはない。」とか「そのような事実はない」とか言っても関係なく、

    本人に利益が生じていれば、刑罰の対象とすればいい

    んです。


    これなら、
    日本の法律の思想(日本国憲法)に合っているだろう
    と思います。




    <追記13>2020.05.15
    「自分が悪かったら罰してね」ぐらい
    言ってみたら?


    罰則規定を付けることで
    検察庁がカウンターかけられますし、
    みんなが身を守ることができるようになるだろう
    と思います。


    ただ、穴をふさぐ板を付けるより、
    余計な穴自体を作られない方が
    根本的にいいだろう
    と思います。


    それにしても
    トップに立つ者というか、
    仲間内で他の人より有利で力の強い人だったら、

    「自分が悪かったら(犯罪したら)、罰してね」ぐらい言えなきゃ、
    人同士として、対等で、公正でないでしょうねぇ。

    (先生としては、生徒さんには、
    おかしなことを教えられたら、
    「怒って、かみつけ」ぐらい言いたいですし、言います。)


    僕たち、
    犯罪者でもないのに、

    一方的にやられっぱなし

    なんて

    ない

    んですよ。
    (小学生の時も、遠慮なくブーイングしてたでしょ?)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ