FC2ブログ

記事一覧

944. 割り算して必要人数を配置したほうが良いのでは?

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • NHKスペシャル
    調査報告 クルーズ船 ~未知のウイルス 闘いのカギ~
    を見たんです。


    とても
    ちゃんとした回に見えました。



    ただ、気になることがあるので、
    記事を書きたいと思います。


    クルーズ船で大変なことが起きていたようで
    乗船していたお客の方やクルーの方々は
    大変に気の毒だったと思います。


    実際に対応する人や指揮を執る人は
    大変だったと思うのですが、

    どうも、
    助けを必要としている人の数に比べて、
    助けに行く人の数が少なかったように見えたのです。


    緊張の高い感染症の現場で、
    注意力を保って仕事をできる時間が
    1日8時間割り当てられるかは不明ですが、

    とりあえず8時間働けたとして、

    たとえば、薬の配布を考えても
    8時間=480分ですから、

    一人あたり1分の超高速で薬を分けた
    としても

    1日に480人分しか配れません。

    (確認作業も大事ですので、
    1分では全く足りないのは明らかですが。)


    普通乗船ちょうど分ぐらいしか
    持病の薬を持っていないかもしれないですので、

    割り算をして必要人数を
    きちんと割り当てないと
    遅延が生じて健康を損ねてしまう可能性が
    高くなってしまうでしょう。


    お医者さんも同じで、
    乗客の人の助けを求める声を聞いても
    何日もお医者さんが診察に来れないぐらいの人数しか
    割り当てられていないのでは

    人数が足りていなかったんじゃないか
    と思うんです。


    対応する人員が不足していたため、

    船の中では
    医療崩壊が起きてしまっていたように
    思えました。
    (これは、日本の本土でも
    患者さん数が
    現在いるお医者さんや看護師さん、病院の数より
    大幅に増えれば、
    相対的に同じことが起きてしまうということです。)


    また、
    PCR検査も
    検体を新幹線で運べば
    全国で実施できて
    1日当たりの検査人数を増やせた
    のではないか
    と思います。


    なので、
    県をまたいででも
    人員を要請できるように
    しておいたほうが良いのではないか

    と思います。


    また、本人の自覚症状が出るまでに
    肺炎が進行してしまう
    「隠れ重症」の患者さんがいるみたいで、

    本人のお医者さんへの自主申告と
    病状の進行具合が一致していない場合もあるようですし、

    しっかりと
    観察対応をするのが重要ではないか

    と思います。


    外から通常の患者さんとして
    新型コロナウイルスの患者さんが来なければ、
    医療現場で院内感染が起こりにくいらしい
    というより、
    防ぐすべを持っている

    というのは

    僕は医療従事者ではないのですが、
    朗報に聞こえました。


    前もって
    ウイルスや細菌などの感染症について
    学習しておくことの重要性を
    904. ちゃんとお勉強をしないといけない(コロナウイルス)」で書いたのですが、

    普段から、
    対応できる方の養成を
    手抜かりなく準備しておくことも大事ではないか

    と思います。


    とにかく
    必要人数を

    必要とする人 × 一人当たりの時間 ÷ 目標完了時間 ÷ 作業する人1人当たりの1日の稼働時間

    という
    割り算で
    ちゃんと確保していただきたい


    と思います。



    <追記>2020.05.03
    「目標完了時間」の設定が
    どうなっていたのか


    <本文>で
    掛け算割り算の式を書いたのですが、

    特に
    「目標完了時間」の設定が
    どうなっていたのか




    気になるんですよねぇ。


    (わかりやすい薬の例で言えば、
    船外でも仕分けができたはずで、
    ちゃんと棚のある大きな薬局を作れば
    良かったんじゃないか
    と思うのですが)



    <追記2>2020.05.04
    「目標完了時間」の設定によっては


    「目標完了時間」の設定自体があったのか、なかったのか
    を含めて

    どのような設定になっていたのか

    によって

    「(より)安全なうちに事態を解決したかったかどうか」
    「(より)安全なうちに事態を解決しようとしていたのかどうか」

    の気持ちが

    浮き彫りになるのではないか

    と思います。
    (政府は「充分迅速にやった」とか言うかもしれませんが、
    現実的にどうだったかは
    第三者から見て
    客観的に判断できることではないでしょうか?

    実際に有効な時間設定だったのか、
    きちんと目標達成できていたのか
    実際にやった行動で見えるだろう
    と思うんですよね。)



    <追記3>2020.05.04
    もう一つ気になることが


    感染した日って
    どうやって確定したんでしょうか?

    グラフになってましたが、
    人によって進行度が異なるウイルスのようなのですが、

    どうやったら何日前に
    ウイルスに罹患したか
    わかるんでしょうね?


    腑に落ちないので、
    冒頭の
    「とても
    ちゃんとした回に見えました。」
    に訂正線を付けたいと思います。


    不確定なことは書きたくないのですが、
    進行度についての基準の物差しがないはずなんで、
    不明なんですよねぇ。


    868. 感染を減らして、薬を待つ(新型コロナウィルス)」の<追記8>で
    政府の対応が後手後手に回っていて
    政府介入後も新たな感染者が増えているんじゃないか
    という心配を書いたのですが、

    自説を守りたいがためではなく、

    あのグラフを信じることができないんですよねぇ。



    <追記4>2020.05.04
    ダイヤモンド・プリンセス号の対応について


    感染者が乗船していた事実を認知しながら
    お客さんに周知しないで

    通常営業しちゃったらしいのですが、

    お客さんが自分で自分のことを守ることができず、
    代わりにダイヤモンド・プリンセス号側で守ることになりますから、

    患者さん乗船の事実の認知後の発生患者さんについては
    少なくとも政府の介入までについて

    全責任がダイヤモンド・プリンセス号に生じちゃいそう
    ですね。


    お客さん側で
    自由に身を守れる状態にしてあげるべき
    だったんじゃないかな

    と思います。



    <追記5>2020.05.04
    自殺念慮の発生について


    クルーズ船に監禁されている間に
    お客さんで
    本当に自殺念慮を訴える人がいらっしゃったとしたら、

    その方たちが非常に気の毒です。


    状況がよく開示されていませんし、
    個々の方々にインタビューできていませんので、

    断片的にしか状況がわからなず、
    大まかな推論となってしまうのですが、

    少なくとも、

    日常と違う状態に置かれ、
    現実的にウイルスという未知の敵にさらされる最前線にいて、
    自分の身や大事な人の身が、命が、危ない状況にさらされた中、

    先の予定を知らされず、
    今の状況も知らされず、
    自分で自分の身を十分に守れる状況にいない中、
    (自分の大切な人、船で友達になった人、一緒に船旅をした仲間やクルーの人の命も危険になっていた
    んです。)

    人為的に閉じ込められており、

    さらに、
    その見えない人に自分の命や処遇を握られている

    状況は

    パニックなどの精神不安を
    引き起こしてしまうに十分な不安要素に
    違いありません。


    さらに、
    「自分たちが大事にされていない」と感じていたかもしれません。

    それはとても辛いことだと思います。


    また、
    「目標完了時間を知らされていなかった」可能性があり、

    先が見えないために
    精神的に参りやすかったのかもしれないと思います。


    人為的に引き起こさせてしまった感情である可能性が高いだろう
    と思います。



    <追記6>2020.05.04
    非常につらい事件です


    僕、
    NHKスペシャルを見てから特に、

    人為的にひどい状況にされたようにしか思えなくて、
    (事件発生時から疑っていたのですが。)

    とても辛い気持ちになっている
    んです。


    こういうひどい事態を
    わざわざ人為的に作る必要なんかない
    じゃないですか。
    (犯罪者って嫌なんですよ。

    わざわざ事態を悪化させるような
    悪手しか選ばないように見える
    安倍政権も嫌です。)



    <追記7>2020.05.04
    「ただ楽しいだけ」が
    つまっていたはずの


    クルーズ船のお客さんたちって、
    「ただただ楽しいだけ」が詰まっている時間を過ごそうと
    旅行することにしたんじゃないかと思うんですよ。


    辛い思いをするために

    船に乗って過ごしていたんじゃないんだと思う

    んです。


    そういう人たちに
    こんなむごい人為的なことをする
    なんて

    辛いんですよね。
    (どんな人もそういう目に遭ってはいけないとおもいますが。)


    思い出を守る気もなさそうだし。

    (「心で楽しむ」ことを重要視していなさそうな
    安倍政権が対応したので、

    その点も気になっているんですよ。

    「心で楽しむことに いちゃもん付けてないかな?」と。)



    <追記8>2020.05.04
    うがった見方かもしれませんが


    <追記7>の

    (「心で楽しむ」ことを重要視していなさそうな
    安倍政権が対応したので、

    その点も気になっているんですよ。

    「心で楽しむことに いちゃもん付けてないかな?」と。)



    「「心で楽しむことに いちゃもん付けてないかな?」と。」

    の部分は、

    今回のクルーズ船に関しては
    僕のうがった見方かもしれませんが、
    (「わざわざ、あてつけたかどうか」がわかりませんから。)

    安倍政権が

    心で楽しむ、味わう時間を大事にすることを
    重要視していなさそうには見えている

    んですよねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ