FC2ブログ

記事一覧

941. いい人か悪い人かの区別

  • カテゴリ:大事なつもりなんだけど、読んでみて (中高生向け)
  • 「いい人」って
    「人に迷惑をかけて気分の悪い人」
    なんで、

    自分の行動がすべて、
    人の迷惑にならないように
    調整したがるもよう


    なんですよ。


    たとえ、
    人に迷惑をかけることのできる能力があって
    実際に自分の行動の選択肢として
    提示されたりして持っていたとしても

    人に迷惑をかけない方の選択肢を選ぼうとする人


    なんです。


    なんで、
    いい人か悪い人か見分けるのは
    簡単

    なんですよね。


    悪い人って、
    人に迷惑をかけたり、加害したがりますから、

    我慢できなくなって、

    絶対に人を加害することのできる選択肢を選びたがる

    はずなんですよねぇ。
    (僕、迷惑かけたり、人を喰うのが嫌いなんで、
    「はず」としか書けませんが。)


    人に迷惑をかけない良い選択肢を見せて、

    「自分の心」で選ぶだけの状態にしてあげて、

    実際に行動で
    良い選択肢」と「悪い選択肢」のどれを選ぶか

    見ればいい

    んです。
    「知らないからできない」状態じゃないですから。)



    <追記>2020.04.28
    いい人相手じゃないと


    いい人なら、

    迷惑を出したがらないから、

    迷惑が出ないんで安全だし、

    一緒にいても安心ですが、

    悪い奴って

    次の行動の判断基準が当てにならなくて
    信用できないんで、

    一緒にいたくない

    んですよね。
    (人付き合い的に、「さようなら」なんですよ。)



    <追記2>2020.04.28
    気が付いて改めない人も


    自分のやっていることが迷惑である、
    つまり、加害行為になっている

    ことに気が付いても

    行動を改めない人も、

    悪い人でしょうねぇ。


    加害していることが嬉しかったり、
    迷惑をかけたい自分的に都合が良かったりして、

    なおさら、執拗に続ける人もいるもよう

    ですからねぇ。



    <追記3>2020.04.28
    「お互いに他人を喰わない」ラインで平等


    健全な安全で安心で
    持続可能な人間社会を成すためには

    「お互いに他人を喰わない」というラインで
    お互い平等でないと

    無理でしょう
    ねぇ。
    (そういう安全な人が多いからか、
    集団でないと生き残れない人類が生き残ってきているもよう
    なんですよねぇ。)


    そういう視点での
    加害行為にあたる行為自体が

    「他の人の幸せの破壊行為」で
    (「犯罪者としての喜び」なんて許されませんが。)

    生産活動ではないので、
    (つまり、「加害者」は「幸せの生産者」ではない)

    なおさら
    「こちらには一緒にいる必要性がない」というか
    「一緒にいていらない」感じで、
    「さようなら」

    なんですよねぇ。


    加害者って、誰かが壊せるような価値を作らないと壊せないんで、

    幸せの生産者がいないとぶっ壊す破壊行動ができず、

    人に迷惑をかけて気分の悪い、良い人
    (集団が必要な生物としての生存本能的には普通の人)から
    離れない傾向にあるもよう

    なんですよ。


    こっちは、加害者に用事がないんですが、
    加害者的には「獲物」として、こちらに一方的に用事があるもようで
    離れようとしないもよう

    なんですよねぇ。
    (悪い人も一人じゃ暮らせないので、
    自分の「巣」というかショバを汚したがるから、
    生存本能的におかしなことをしたがる人
    ということになっちゃう
    んですよねぇ。)



    <追記4>2020.04.28
    「悪い人」にとっては
    「能力で秀でるのが死活問題」


    「悪い人」って

    そのままの本来の姿で
    「あなたの心が好きだから、いてくれる?」
    と言われることがないもよう

    で、

    「能力で頼られる」状態にしないと

    必要とされにくいらしく、

    「能力で秀でるのが死活問題」となりやすい
    んですよねぇ。
    (「死活問題」が他の人より身近なせいか、
    すごい一生懸命に丸暗記しますよね???

    使い方がわからないと、自己判断させられない人になっちゃうんですが。)


    また、続きの話として、
    一旦、能力に秀でると、

    その場を牛耳りたがったり、
    他人を支配したがったりして、

    自分の能力を他の人の幸せのために使おうとしない傾向が
    見られるので
    (「けち臭い」こと言うんですよね。)

    迷惑千万となる可能性が高い

    んですよねぇ。


    困った人たちですねぇ。


    心が良ければ、必要とされただろうに、
    心の問題で居場所のない人たちが
    心不問で能力にたけていればいられるだろうという目論見からか
    大学に残りたがるもよう

    なんですよ。
    (あんまり良い成果じゃないらしいですが。

    本来の能力帯に沢山の人がいると、
    より心で選ばれる帯域となりますので、
    心が良くないと、選ばれにくいもよう
    なんですよ。)




    <追記5>2020.04.28
    汚いことをしないと生きていけないか


    「他人を喰って、自分の命にする」
    なんていう
    (つまり、他人を犠牲にして自分の命がある状況)

    気持ちの悪い、気分の悪いことを
    しないと

    生きていけないほど、

    自分の必要な分を稼げないのは

    気の毒ですねぇ。


    自分の心を汚してまでして
    日々の糧にしないといけないのは

    気の毒
    です。


    「どれだけ、気分良く暮らせるか」

    追求したほうが
    僕にとっては、楽
    ですし。


    「いい人」が
    何らかの理由で生きていけないのはとても悲しいので、
    一人残さずこぼさずの政策の方が好きです。


    悪い人って自分の行動で生きる範囲を狭めるのですが、

    それは本人の意思による選択の結果なんで、

    僕はあまりおせっかいは焼かない感じで
    本人の自主性に任せて、なるがままにほおっておく感じの塩梅の人なんです。


    当然、犯罪は阻止しようとしますし、

    悪い人に対して、やることといえば、
    とりあえず良い選択肢と現実を示すだけ
    なんですが。


    悪いことをやっていた人が
    「やってられない」とか「悪事をやらなくていいじゃん」と思って、
    悪いことをやめれば、
    みんな受け入れてくれるはず
    ですし。


    ちなみに、
    「悪い人」をぶった切らないことで、
    「良い人」が不幸な穴に落ちて戻って来れないことがないようにする
    セーフティネットをかけているんですよね。


    そういう意味で危ないんで、
    僕はあまり人を二分することもしたくないのですが、
    どうやら、悪い人が良い人と違う行動をするし、
    一緒にいると危ないというか、
    勝手に「狩る側」と「狩られる側」に分けられているよう
    んですよ。
    (明確に違いがありますよねぇ。)


    ただ、
    僕も
    心の底から「人に迷惑をかけて気分が悪い人」になりたい人になった人は
    お断りしない感じです。
    (ただ、
    実際の加害に対しては
    ペナルティが課されるのがルールなので、
    加害しちゃわないことをお勧めしたいと思います。)




    <追記6>2020.04.28
    生きる場が減るって、なんで?


    悪いことをすると
    生きる場が減るのですが、

    「なぜか」というと、

    みんなに一緒にいることを嫌がられるから


    他ならない


    んですよ。


    なんで、
    そういう居場所のない人を集めようとする集団もあるでしょうし、
    (居場所がなくなるような性質を持っていること自体を
    「弱み」とされているようなんですが。)

    そういう集団では
    「喰う、喰われる」の畜生道の地獄絵となっているでしょう
    ねぇ。


    どうやら、
    悪い人の方が生き残るのがより大変なもよう
    で、
    (生存本能に反することを好むようですからねぇ。)

    いい人に危害を加えて
    生き残りにくくしたがったりもするようで、

    とりあえず
    「危害を加えられるに十分な力を与えてはいけません」

    と思います。




    <追記7>2020.04.28
    認めたら、やっていけねーじゃん


    悪い人にとっては
    上記のような内容は

    「認めたら、やっていけねーじゃん」的な話ではないか

    と思いますが、

    「現実的にはそうだろう」

    と思うんですよねぇ。


    「認めたら、やっていけねーじゃん」的な感じの気分になって、

    「認められない」というか
    「わからない」と思っちゃって
    「全否定したい」のは勝手ですが、

    僕たちの現実も認めて理解できた方がいいだろう

    と思うんですよねぇ。


    みんなに嫌がられる行動をやめられないみたい
    なんで。


    気分的に一歩引いたら、
    全面退却

    となりそうなんですが、

    そういうのを拒絶したいんですかねぇ。
    (行動を改めるほうがいいと思いますが。)




    <追記8>2020.04.28
    <追記6>の
    「力をもたせられない」理由


    <追記6>の最後の段落の

    「とりあえず
    「危害を加えられるに十分な力を与えてはいけません」」
    についてですが、

    能力を行使する際に必要な判断能力に
    疑いがある場合は、
    つまり、
    要するに、他の人を加害しないように使えるかどうか不安な場合は、

    能力自体がない方が安全

    なんですよね。
    (軍隊を持たない、そして、持つことのできない日本国の現状と同じです。
    ○○の解釈」の憲法の解釈をどうぞw)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ