FC2ブログ

記事一覧

915. ちょっと気になるんだけれど (GW明けの爆音暴走)

  • カテゴリ:迷惑なこと
  • みんなの気分が憂鬱になると嫌なんで、
    書きたくないんですが、
    気になるんですよねぇ。


    去年の改元後の
    10連休最終日に爆音暴走したのがいて

    「明日から、改めてまた頑張ろう」
    という気分を
    ぶっ壊したがったように見えたのです
    よねぇ。


    今回もやらかすかもしれませんが、
    気にしないでおきたいところです。


    どうも、
    みんなの将来への希望にあふれた
    楽しい気分に
    乗りそびれた人がいたらしい
    (個別に対応してあげないといけないのですが。)

    んですよねぇ。


    なんか、爆音暴走する人って
    気合入れて走ってるみたいですけれど、

    そんなに自分たちで思っているほど
    かっこよくも、えらくもないし
    でっかくもない

    感じなんですよねぇ。
    (他の犯罪でない行動で、
    自分のでかさを見せられないんですかねぇ???

    つまりは、
    そういう気の毒でかわいそうな人なんですかねぇ????

    どっちかというと、
    「世間知らなさすぎ」の方ですよねぇ。)


    ちなみに、

    普通の音で走っている方が
    ちゃんと社会人できる、でっかい心の人

    なんですよ~。


    とにかく、

    楽しく自分の命や暮らしをつむげるように
    一人一人が自分の命を守れる行動が
    できるほうが良い

    んですが。
    (お友達に爆音暴走に命かけちゃってる人がいたら、
    危なくない範囲で止めてあげましょう。

    トラブルに巻き込まれたときに
    警察さんに信用されにくい行動をしていたりして、

    安全に生き残る可能性や命を削ったりしちゃってる可能性があるんで。

    やんちゃっぽいのと、マジ犯罪者って大いに違うんですよ。

    んー。
    諭してくれるお友達がいないのかなぁ???)


    安倍政権は
    騒音に関しては全く対応しないよう
    ですしねぇ。



    <追記>2020.04.08
    獲物が移動できないようにして
    騒音ぶっこいてくるんだけど


    結局
    様々な理由から
    逃げようがない人相手に
    騒音ぶっこいてくる

    んですよ。


    怒り

    ですね。


    僕たち、
    獲物扱い
    なんでしょうしね。



    <追記2>2020.04.08
    「実際に命を懸けながら、
    飛んで練習する」って
    そんな馬鹿なことしない(飛行機)


    赤羽国交相が
    「練習に良いから、
    (減便で、離発着枠を増やす必要のない)
    今も南風運用を続ける」
    旨の発言がありましたが、

    要するに、
    着陸角度が普段より大きめ
    なんですよね。


    しかし、
    現実とほぼ同じコクピット内を再現できる
    シミュレーターで十分に練習してから

    実際に飛行機を飛ばすのが

    定期便(普通の飛行機会社の運行)で当たり前で、

    実際に飛ばしながら練習するなんてことは
    必要ないはず

    なんですよ。


    騒音立てないで
    人命をかけないで
    練習できるはず

    なんですよね。


    もし、
    実際に飛ぶ必要があるなら、

    シミュレーターに入れることのできない
    不規則で予測不能な風がある場所を飛ばしている
    ということになり、

    なおさら
    人命を載せた状態での
    南風運用の飛行航路は止めたほうがいい

    でしょう。
    (知らないで、国交省の大臣、やってるのかな?)



    <追記3>2020.04.08
    テストパイロットだって
    命を懸ける時代じゃない


    かなり昔の飛行機の映画などで
    見ることができるように、

    運動神経の非常に良い
    テストパイロットさんが
    命を懸けて

    開発中の試作機の
    安全テストを
    やってたりして、

    パラシュートで脱出

    的なことをやってましたが、


    最近では、
    (20世紀後半ぐらいから)

    実際に飛んで試すなんてことはせず、


    基本的には

    実際に飛ばす前に
    実験やシミュレーションなどのテストを繰り返して、

    人が乗った状態では、
    安全確認のみで済むようになっている
    している

    んです。


    やっぱり、

    定期便で乗客を乗せて、
    繁華街などの実際の住宅地を飛ばして練習する
    なんて

    言ってることがおかしい

    でしょ?




    <修正>2020.04.08
    無駄に命をかけないで済むように
    「している」


    <追記3>で

    テストパイロットさんの命を大事にするために

    現場の開発者の皆さんの
    誠意と努力のたまものにより

    命をかけないように
    「している」

    はずなんで、

    「なっている」という表記は
    止めさせていただきたい

    と思います。



    <追記4>2020.04.08
    そもそもが
    機体の不安定になりやすい
    着陸時に市街地を
    (延々と)飛ばす方がおかしい


    わけなんですよ。

    着陸時にシートベルトするでしょ?
    (飛び上がる時もしますけれど。)


    みんなの命と生活を
    危険にさらしてますよね。



    <追記5>2020.04.08 17:12頃
    他にも人命の観点からの
    問題点が多すぎ


    コロナウイルスで家にいろって言われているのに、

    家がうるさくて具合が悪くなりそうだったら、

    家の外出て、遠くに外出しちゃう

    じゃないですか。


    それに、
    今日今も飛んでいますが、
    今日は音が違っていて
    (2月の試験飛行と同じ感じですが。)
    明らかに操縦方法が変わっていますが
    (明らかに昨日より爆音の量が増えましたねぇ。
    うちより低いところ飛ぶ人たちが、さらに気の毒ですよ。)

    どっちの場合の操縦も
    シミュレーターで練習したんですかね?
    (規定の着陸訓練と同じ時間、回数なんですかね?)


    現実に飛んで練習しないとならないならば、

    シミュレーターに入れることのできない
    不規則で予測不能な風の吹く場所を飛ばしている

    と書きましたが、

    それなら、
    海外の人が来るならば、
    成田の方がより安全

    となりますよね~。
    (落ちたら、巻き添え食らう人多いし。)

    あら~?



    <追記6>2020.04.08
    みんなが飛行機がうるさくて
    外出しちゃったら


    非常事態宣言の意味ない

    ですよねぇ。

    どーするんですか?



    <追記7>2020.05.13
    なんか、飛んでいる高さが違わない?


    どうも
    頭の上を飛んでいる飛行機を見ていると

    機体によって高度が違うらしく、

    機体の大きさが違うんですよ。


    なんか、
    機体によって騒音の大きさが違うなぁ

    と思っていたのですが。


    おそらく、
    騒音が小さくなるような高めの高度を飛ぶと
    着陸角度が3.5度という高角度になって、
    パイロットさん的に大変なんだそうです。
    (この飛行経路をデルタ航空さんが拒否しましたよね。)


    で、緩めの角度にすると
    (通常の2度により近くすると)
    実際の飛行高度が低くなりますから、

    すごい爆音を振りまきながら、
    空を飛んでいる感じになるんですよ。


    で、

    ということは、

    高度が違えば、
    飛行経路が違う扱いであるのが
    航空機なんですが、

    フライトシミュレーターで練習されてないんですよね?


    明確に飛行経路が決まっていないようですし、

    予測不能な風どころの話ではなく、
    この飛行経路を飛ぶこと自体の練習を
    実際に飛行機を飛ばして
    やっているんですかね?


    (即、停止ですよ。こんな飛行経路。
    陸飛ばしてたら、海上空港の意味ないですし。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ