FC2ブログ

記事一覧

904. ちゃんとお勉強をしないといけない(コロナウイルス)

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • じわじわと
    感染拡大が広がっているみたい

    です。


    コロナウイルスは目に見えないし、
    感染してしまった患者さんを自分の目で見ていないからか、

    油断してらっしゃる方も多いかと思いますが、

    現実に、ウイルスが存在していることは顕微鏡で確認されていますし、
    現実に感染している方がいます。


    ウイルスは
    お化けでもなんでもなく、
    実際に存在して、
    心ならずも感染してしまった方や
    亡くなってしまっている方もいます。


    どういう性質のものかよく理解し、
    想像力を働かせられて、
    より実感できている人の方が

    実際の予防に対する意識が高かったり、
    実際の予防につながる行動をしやすかったりするのではないでしょうか?
    (マスクが欲しくてもない方もいる模様です。
    そういう方を責めないでください。)


    感染経路のわからない患者さんがいるということは
    実際発症していなかったり、軽症でコロナウイルスにかかっていると思っていない人が
    複数存在していて

    感染経路のわからない患者さん数 X ○人
    (○は実際の数がわからないので、公表されていません。)

    の計算式のような人数がいるはずなんです。


    かなりの数の
    発症していなかったり、軽症の方がいらっしゃるだろうと
    想像されます。


    よく理解できていない感じの人の不用意な行動によって、
    (理解していても防ぎ切れていない可能性もありますが。)
    感染が倍々以上のスピードで進む可能性がありますので、

    しっかり意識して
    コロナウイルスに対する予防をした方がいいのではないか

    と思います。
    (コロナウイルスに対する予防行動ができるかどうかって、
    この目に見えないものについて
    ちゃんと学習して理解しているかにもよるのではないか
    と思うので、
    しっかりとウイルスの勉強を小学生のうちにしておいた方がいいと思うんです。)


    外に出られなくてストレスがたまるかと思いますが、
    今、非常に大変な時のようなので、
    がんばって、

    人→人

    の感染を食い止めたいところではないか

    と思います。



    <追記>2020.03.28
    みんなのために
    大変なことになっているのでは
    ないかしら?


    みんなが集まる集会とかイベントとか
    飲食店などが

    自粛だったり、
    みんなが来れなくて閑古鳥だったりする
    みたいなんですけれど、

    みんなが自分の身を守る煽りを受けていることになって、
    みんなの命のために困ったことになっているみたい
    なんで

    「ありがとう。ごめんね。」って
    みんなのお金で補填したほうがいいんじゃないか
    と思うんです。
    (ウイルスのためとはいえ、本当に傷ついちゃ困るんですけど。
    あと、そろばんはじいてないんで、
    どれくらいの規模になるかわからないんですけれど。)


    あの~、こういう提案をしておいてなんですが、
    いまだに収入があったという声が聞こえないんで、
    僕、税金を納められないんですよ~。
    非常に困りますです。



    <追記2>2020.03.28
    パンデミック対策として


    目に見えない細菌やウイルスに対する
    予防の回避行動を取るために、

    みんなの頭の中に
    知識や理屈、予防のメカニズムが入っていないといけないので、

    前もっての
    細菌やウイルスが存在することの学習や
    感染の原理、
    発生する病気がどのようなものか、
    予防の原理と具体的な行動
    の学習が必要になるだろう

    と思います。


    いきなり、「コロナウイルスが発生しました。大変です。」
    というお知らせから
    始まる気がするのですが、

    その前に、
    学校で
    細菌やウイルスが存在することの学習をしておいて
    根回しをしておくことが

    ウイルスに対する回避行動をすることへの理解が
    聞いた人の頭に浸透、定着し

    自分自身に回避の行動を取らせる動機になる
    という点で

    重要ではないか


    と思います。
    (小学生低学年のうちに存在することから
    お勉強していったらいいと思います。
    ちゃんと欧州などの外国でも教科書に入っていたか、調査したいのです。
    わからなければ、適切とされる行動をしようとしないのが当たり前なので。)


    目に見えない生き物などの存在を
    普段の生活で感じることはできませんし、
    触ることもできませんので、

    自分の経験から
    これらの生き物への適切な行動を編み出すことは
    不可能に近いのではないかと思います。


    パスツールさんなどにより、
    目に見えない細菌やウイルスが存在し、
    それらが人間に害を及ぼすとわかったのですが、
    19世紀になってのことのようで、
    それまで適切な対策が
    医療の現場でも取られていませんでした。


    そのことを考えると、
    この目に見えない生き物の存在を検知すること、
    存在があることに気が付くことは

    人類にとって難しい発見だったのではないかと思うのです。


    勉強をしないと、
    自分で発見をしないといけませんので、

    論理的に科学的に存在が証明されていますが、
    自分の経験からの知では気づくことができず、
    対処しづらい対象のよう

    ですから、

    学習が重要になるのではないか
    と思います。


    また、
    人がウイルスを運び、人から人への伝染が
    このウイルスのはびこる手段のようですので、

    人の出入りや密集を避けねばならず、

    これを実現しようとすると、

    同時に必ず経済的な危機が発生するもよう


    です。


    ですので、
    外出禁止や経済活動の自粛、都市のロックダウンなどの政策と
    同時に
    経済救済策も出さないと

    ウイルスではなく経済的に人死にが出てしまいかねない


    ということのようです。


    個人的な私見ですが、
    完全に新たな感染者が観察されなくなって、
    最低1か月ぐらいは様子見しないといけないんじゃないか
    と思います。
    (1か月という数字は僕の想像ですので、ご注意ください。)


    ウイルスの動きが観察されにくいために
    通常のウイルスより、
    非常に厳しい戦いとなっているよう

    なんです。


    見えないということは個人的な経験が通用しませんので、
    やっぱり
    科学的な観察、考察によって出てきた結論の
    お勉強が必要になるのではないか
    と思います。


    P.S.
    あ、今日のNスぺはそうなのかぁとお勉強させていただきました。
    ありがとうございます。


    僕、借入金を含む経営をしたことがないのです。


    ただ、
    在庫や土地などの不動産があって、
    帳簿上はお金があっても、

    現金になっていないと
    みなさんの食べ物に変わらないし、
    買掛金を含む借金返済もできないので、

    大変でしょうから、

    緊急支援が必要なのはわかりますので、

    対応お願いしたいところです。


    しかし、
    すでに借金が前提の経済で、
    将来のお金を前借して
    現在の豊かな生活になっているうえに、

    また、借金となると大変なので、

    使いすぎず、
    将来の重荷が少なくなるように頑張れる方がいいんじゃないか

    と思います。
    (借金って大変ですものね。先約束も大変ですし。)



    <追記3>2020.03.28
    ぜひ、1からわかるムービーを


    専門家の方に
    作って欲しいです。
    (僕が作るより、より正しい情報が載っている方がいいですから。)

    コロナウイルスの観察現場(研究室)から始まって、
    「いるのです」ということを見せて欲しいです。


    ぜひ、写真に縮尺を入れて欲しいんです。
    (「見えないんだ~」と実感して、
    ちゃんと頭に浸透すると思いますので。)


    見えないんで、

    ぶっちゃけた話をすると、

    人間の五感的には
    普通は
    「お化け」とか「たたり」とか「呪い」とかぐらいにしか
    因果関係が想像つかないかもしれない話なんだ

    と思うんですよ。


    「見えない、触れないから、
    わからなくて当たり前、僕たちには無理」
    的なところから始まったほうが

    みなさん、身を入れて聞いてくださるのではないか

    と思います。



    <追記4>2020.03.28
    例えば


    全部見れてないのですが、
    (というかあまりまだ見れていないのですが。
    見ると面白いし、
    そういう、でっかい人好きなのですが。)

    個人的には
    ウルトラマンのDVDの最初に入っている
    「DVDの取り扱い方(触っちゃダメなど)」の映像ぐらいの感じのが
    欲しいんですよ。



    <追記5>2020.03.30
    興行などの開催


    コロナウイルスで
    ライブハウスやコンサート会場などに
    人を入れて
    興行ができないじゃないですか。


    もしも、出演者の方だけでも集まって
    観客なしでライブやコンサートができるなら、

    その場限りのパフォーマンス
    券を買った人にネットで見てもらえるようにして

    半額なりの一部でも収益にできれば

    商業活動が全面的に0「ゼロ」ということにはならない


    のかもしれません。


    現場にいることの喜びや楽しみだったり、
    生の音は味わえないかもしれないので、

    券の全額いただくことにはならないかもしれないのですが、

    まったく商売ができない

    という事態にはならないのではないか


    と思うんです。


    そういう映像配信のシステムを
    僕たち人類が持っていることも大事ではないか

    と思うんです。




    <追記6>2020.03.30
    お金のやり取りが簡単なら


    <追記5>で書いたようなことが簡単にできるために、

    ライブやコンサートなどのお金を払うシステムが

    LINE PAYなどのように
    入金も返金もたやすくできて、
    (LINEはどうなってるんでしょうね?)

    映像へのアクセスの有り無しが
    確実にチェックできるシステムを作れば、

    無観客でも
    その場限りのパフォーマンスを見て、
    また、同時にお客を入れてのパフォーマンスの一部を収益とできるのではないか

    と思うんです。


    自分の銀行口座と切り離された場所での
    お金のやり取りなら
    リスクも最小限に抑えられると思いますし。


    あ、とりあえず、アイデアがないと
    行動できないんで、

    考えたことを公表しています。




    という主義なので、

    考えたことをみんなの世界にポスト(投入)している
    んです。


    ただ、僕は他にもやりたいことが沢山あるんで、
    自分では企業展開する予定がない
    のです。




    <追記7>2020.03.31
    予測に基づく予防


    どの人に移って
    次にどの人に移るか
    挙動が目に見えないウイルスの
    予防なんで、

    予測に基づく
    実際よりも広めの範囲を設定した予防しか

    対処方法がないウイルスのよう

    なんです。


    たとえ無駄に終わっても
    しっかりとした予防対策が重要なんだ

    と思います。

    (「わからない奴はトットと移っちまえ」というのは
    意味ないですね。


    だって、移った人が増えたら、
    その人が移動する分
    その経路上でのリスクが増えますから。

    もうちょっと、よく考えたらいいんじゃないですかねぇ。)

    --------
    English Edition of this page

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ