FC2ブログ

記事一覧

896. 何を目的としているのかがわからんのですが

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • みなさん、自分の見てきた世界や自分の人生経験で
    僕のことを判断しようとなさっているようで、

    それ自体はいいのですが、

    どこから誤解を解くべきか
    一見してわからないぐらい、
    果てしなく間違えている感じの人もいる

    んですよね。
    (僕の記事を読んで、悲しくなる人が出ないように
    できる限り頑張っているのですが。)


    僕のサイトを読んだら、

    僕になれる

    と思ってしまっている人がいるよう

    ですが、

    このサイトを読んだからと言って
    僕の持っている技能、知識知恵などを
    全部ゲットすることはできませんし、

    そのような非常に大きな目標を掲げて

    このサイトをやっていません。


    生活の質が今までより、より良くなるといいな

    というのが目標なんです。


    自由に暮らすために、
    様々なことをわかっていないと
    自由にはなれないし、

    おかしな詐欺師が一杯いる世の中で
    (いらないんですがね。
    いなければ、面倒ごとは結構減りますから。)
    どういう人が犯罪者的な人かわからないと
    きちんと自衛できませんし、

    犯罪被害に遭ったり、戦争に巻き込まれたりしていては、

    「楽しいねぇ。わいわい。」という生活から遠ざかってしまいますので、

    大事なことだと思うんですよ。
    (僕のところには、
    犯罪者が山のようにやってきますので、
    他の人より知っていることもあるかもしれません。
    しかも、加害する意思を貫きたがるようで、
    適切に防ぐと、「思ったより傷つかなかった」とか言って、
    付きまとい始めますので、
    溜まる一方です。)


    このサイトはわかりやすさを大事にしていますので、
    簡単に見えるようなのですが、
    同じものを作れて僕と同レベルです。


    ざっと言って、

    1.わかりやすく書かれた内容を理解できる
    2.一通りの説明ができる
    3.自分なりに解説を加えて説明できる
    4.自分なりの解説だけでなく、根本からわかりやすい説明を編み出す
    5.内容自体を新たに開発する、編み出す

    このような段階があると思いますが、
    3ができると、
    丸暗記でない状態で
    東大に入りやすくなるでしょう。
    (東大に入るためには
    世間一般の意識としては膨大な量の勉強がいりますよ。
    研究者になるためにはさらに膨大な量の勉強がいりますが。)


    僕は、3もできますが、
    このサイトに書かれている内容を書くためには
    4.5.の段階であることが必要です。

    (つまり、4.5を僕はできていて、
    できたものに関して公開しているということです。)


    僕のようになれるというのは
    僕のやった修行を全部やってからの話ではないかと思います。


    たしかに、教材的なものを僕は開発し、
    僕が学生だった時代よりも勉強しやすくなっているはずですが、

    普通の教科書に載っている内容は
    ここには書いていませんので、
    別途勉強が必要になります。


    「最低限これだけやっておけば大丈夫」という意識では
    他の人の気が付かない新たな気づきを生み出すことは困難でしょうから、

    勉強の幅や深さを制限することは
    お勧めできません。
    (僕の「文章術」の「1、書かれている内容が面白い。読む人のためになる。ってどういうこと?
    に書いてある通り、広範で膨大なインプットをお勧めしているんですが。
    丸暗記はダメですよ。)


    僕は
    2016年7月22日に
    39歳9か月でこのサイトを始めましたが、

    それまでに勉強した内容だったり、開発した内容が
    このサイトの内容やサイト設計に反映されているわけで、
    (古今和歌集の読み方やライトノベルや僕の文章術や根本の根など)

    その後の記事には
    だんだん勉強をつづけた内容や新たに開発したものなどが
    載っていますが、

    今本屋さんで手に取っている本を追いかけても、
    まだ吸収していない養分ですので、

    今の僕になった経緯はわからないのが道理
    です。


    また、
    勉強した時期を過ぎると忘れてしまって、
    昔も今も同じ知力なはずだ

    と思っている人もいるようなのですが、

    気の毒な勉強法をしてしまったのではないか
    と思います。


    身に染みて学習できていないから、
    忘れるわけで、

    完全に忘れてしまうような
    勉強はしてはいけません。
    (単語などは教科書を開いたら、すぐに思い出せるぐらいでないといけませんし、
    理屈を忘れてしまうのは、わかっていない証拠です。)


    今までの勉強はちゃんと僕の身に入っているようですから、
    例えば、高校生の勉強を今ガツガツやる必要はないんです。


    高校生までの勉強って、
    沢山あるようで、
    大人になったら教養でしかないし、

    高校生の3年間でやろうとするから、

    大変に感じるだけだろう

    と思いますよ。
    (数学などの理系関係は学校にいる間に終わらせた方が
    社会人になって楽だろう
    と思います。)


    この世は広大で、人の数も多いですから、
    「やったらやっただけ、この世は応えてくれる」はずだと思って
    大丈夫だと思うんですけれど。


    心を使わないような時間を過ごしてもダメだし、
    冒険を忘れちゃいけないし、
    間違えた勉強法がまかり通っているようだし、
    悪い人がどういう感じの人か学校で教えてくれないし、
    (一般的によくわかってなかったかもしれませんが。)
    「公平でないと商売もできない」とかの商売に大事なことも教えてくれてないしで

    結局、

    元気に自由に楽しく暮らす
    のに
    どうしたらいいのかな

    というだけ
    なのですよ。


    皆さんにとって必要な内容が書かれていたら、
    内容をご理解の上、正しいか妥当かわかって、
    ご参考ください

    という感じです。



    <追記>2020.03.15
    内容の手抜きはしていません


    <本文>で

    「このサイトを読んだからと言って
    僕の持っている技能、知識知恵などを
    全部ゲットすることはできませんし、

    そのような非常に大きな目標を掲げて

    このサイトをやっていません。」

    と書いたのですが、


    内容の手抜きをしているわけではなく、

    研究者をやりたい人にも役に立つであろう記事もありますし、
    様々な芸事をやりたい人にも役に立つかもしれない記事があります。
    (どちらも、僕の実力の範囲で見えていることが書かれています。)

    素人さんで終わるのではなく、
    「個性的なプロ」につながるであろう記事となっているつもり
    です。


    記事の方向性は悪くないと思うのですが、

    ただし、

    記事にかいてあること「にも」気を付けて
    努力し続けると良い結果になりそうな気はしますが、

    自分で努力しないとなりません。


    学校に行ったからと言って、
    できるようになる保証があるわけではなく、

    自分で努力しないと
    できるようにはなりませんし、

    他の人よりできるようになるためには
    かなりの努力が必要です。


    まず、心を豊かに日々の生活をしたい
    という思いなんです。
    (ついでに、
    丸暗記の「犯罪かどうかも判断付かない」人は減らしたい
    ですね。)


    また、ある程度の量を勉強しないと
    頭が動くようにはならないのが
    普通だと思いますので、

    勉強することは大事です。

    (ちゃんとした考え方の考えに触れることは
    大学院の教育法を体験して考えるに、
    「考える力を付ける」上で大事なようです。

    もしも、僕の方がきちんと考えられていた場合にはですが、
    かなりの数が投稿されている僕の記事を読むと、
    上記の理屈の上では
    「自分の考え」がちょっと変わってくるかもしれません。)


    ただ、
    僕ができるようになったところまで
    できるようになるには

    正直なところ、かなりの量の努力も要求する
    ことになりますので、

    そのような努力をすることが最低限である
    というような要求を
    とりあえずはしていない


    ということです。

    (僕は先生の教えだけでなく、
    学習しながらの自分の気づきも活用して、
    現在の実力まで来ました。)



    <修正>2020.03.16
    <追記>の「考え方が変わるかも」
    のところを
    書き換えました


    <追記>を以下のように、書き換えました。

    できる限り
    議論に飛びのない文章だったり、
    網羅的にあちらこちらの方面から考えることを
    心がけていますので、

    もしかしたら、
    以下のようになっているかもしれません。

    ということで、

    <以下変更部分>
    (ちゃんとした考え方の考えに触れることは
    大学院の教育法を体験して考えるに、
    「考える力を付ける」上で大事なようです。

    もしも、僕の方がきちんと考えられていた場合にはですが、
    かなりの数が投稿されている僕の記事を読むと、
    上記の理屈の上では
    「自分の考え」がちょっと変わってくるかもしれません。)
    <以上変更部分>

    とさせていただきたく思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ