FC2ブログ

記事一覧

895. 「結局何やってるのか」ってことなんだけど

  • カテゴリ:教育 (就学前の保護者向け)
  • 色々と言葉をくっつけたり、
    難しそうな理屈をひけらかしたりして、

    ひらひらと踊っていても、

    結局何をしているのか
    結局何がしたいのか

    だけが大事

    なんですよねぇ。


    「ひらひら」で、ロンダリングはできません。


    例えば、
    うんこドリルにしても、
    うんこの扱い方が変態的で気持ち悪いだけで、

    うんこの話題をするなと言っているわけではありません。
    漢字ドリル (口)」で僕も扱っていますし、
    トイレの教育には積極的です。
    (しっかり、自分の体のことを感じて、トイレに行こうねw)


    おかしなインタビューの答えをした作者という人に
    ガイド役をしてもらうと

    不正確で気持ち悪い教育になるんじゃないか

    ということなんですよねぇ。
    (「あなたのうんこを見たから、今日は気分がいい」みたいな発言の人ですよねぇ。)


    介護をしていれば、「うんこ」なんて
    普通に相手しますし。


    赤ちゃんの世話でも関係します。


    生きているから、出てくるもので、
    命的には大事なものでもあるんですよ。 


    いつまでも、うんこ好きな大人というのが
    おかしいんですよねぇ。


    うんこ関係の笑いにしたって、
    いつまでも1年365日している子供はいないでしょうしね。


    ロンダリング頑張っても、出しちゃっている
    「うんこドリル」が本音でしょう。

    おかしな頭の中身の子を作りたいんでしょうね。


    ちなみに、「うんこドリル」に関しては、
    「自分たちに害をなす恐い大人がいて、恐い。嫌だ。」
    というお子さんもいらっしゃいますから、

    人気ではないんですよ。
    (「うんこ」と言われて、笑う人の表情が読めないんですかね?)


    AIパクリにしても同じです。
    小難しい理屈の技術で
    「※*+&#$~~」としゃべられて、
    目をくるくるさせてはいけず、

    「ほ~、すごいねぇ」と聞き流して、

    「で、結局何してるん、あんた?」という話なんですよ。



    <追記>2020.03.15
    ひらひら


    うんこドリルでいえば、
    テレビになれば、「スターダム」だか知りませんが、

    「テレビになったよ」とかいう
    どや顔でしょうし、
    (おかしな製作者と、おかしなテレビ局関連の人がいれば
    番組が出ますからねぇ。
    みんなが認めているとは限らないですよねぇ。

    だいたい、「ライトなうんこ」なんて、狙ってないでしょ?)


    AI○○で言えば、

    小難しい理屈の技術で
    「※*+&#$~~」としゃべられて、

    の部分ですから、

    権利関係とは全く関係なく、

    「は~、そ~ですか~。ほぉほぉ」とか
    言っておけばよいだけで、

    そういう方面の理屈を全部すっ飛ばして、
    「ほんで、本人の意思はどうなってる?」と聞けば良いのだ

    と思います。


    研究の現場とか
    大学院でもいるんですよね。

    目先の技術の複雑さに目を奪われて、

    自分の研究テーマの本質が理解できていない人って。
    (気を付けましょ~。)



    <追記2>2020.03.15
    ちゃんと「トイレしていること」は
    実感しよう


    自分の体の感覚って

    自分の心を育てるのに大事みたいなんで、

    トイレ行っている間に

    ゲームしていて、

    いつのまにか
    「うんこ終わった」
    とかじゃ

    非常にまずいだろう

    と思うんですよ。


    僕は、

    きちんと自分の体のことを
    感じて経験値を上げてきたから、

    便秘対策の民間療法

    出せたんですよねぇ。


    実は、
    高校生ぐらいのときに気が付いて
    「ここ張ってるなぁ」と揉んでいたのですが、

    普通に見つけたので、
    「みんな知っているだろう」と思って、

    誰にも言っていなかったんで、

    発表が遅くなっちゃったんですよ。
    (だからなのか、
    何にも感じないでトイレ行っていたら怖いなぁ
    と思うんです。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ