FC2ブログ

記事一覧

891. 中身を自分で咀嚼して理解できない人

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 極端な話ですが。
    (「624. 生物はセンサーがなければ、感じられない」で書いた内容なのですが、
    センサーの具体例を書きたいと思います。)


    言われた言葉そのものがわからない人
    とか
    心で判断できない人
    とか

    特に、
    自分の耳に入ってくる音楽を
    自分の脳や心で味わえない人

    だったり、

    絵を見て自分で判断できない人

    だったり

    って、

    中身を自分で咀嚼して理解できないものだから、

    良いか悪いかわからず、

    能書きや値段や他の人の意見を
    そのまま
    そのものに対する自分の評価や意見

    としたりします
    よね。


    まるで、
    「するめ」を口に入れているのに、
    味がわからず、

    自分で味わえないために

    自分にとって必要なものかどうか
    価値のあるものかどうか

    の判断を自分でできず、


    どこどこ産だの、

    (どこどこ産で、味の違いが分かっていればいいんですが。)

    お値段だの、
    (実際の価値がわからないと、
    お値段相応かどうか
    がわからないですよね。)

    包み紙が立派かどうかだの

    煽り文句がすごいかどうかだの

    で、

    価値をわかったつもりになっている感じ

    なんじゃないか


    と思うんですよ。


    自分で味わえないと、

    茫漠とした砂をかみしめるような実感の毎日に
    なっちゃうかもしれない

    と思うんですよ。

    さらに、
    大変なことに、
    「わからない。味わえない。」というと、

    「変な人」とか「無教養だ」とか言われて
    阻害されてしまう場合があるようで、
    かなり大変な生活をやりくりしているのではないか
    と思うんですよね。


    これもやはり、程度問題だろう
    と思いますが、
    (程度問題:「0」の人はいないけれども、あまりに低いと日常生活に支障が出る。
    ちゃんと感受性があると、内面が豊かな生活を送れるもよう。)

    何事も
    (変態的だったり、犯罪的なのはわからなくて普通だろう
    と思いますが。)
    心が動いていれば、
    「コツ」とか「つかみ」が心でキャッチできると、

    楽しめるようになったりするだろう

    と思うんですよね。
    お勉強することや体験してみることも
    何かを理解してよりよく味わうための手助けになるだろう

    と思います。)


    心が全く動いていない感じだったり、
    その方面の感受性が全くないと、

    舌に「味蕾」という味を感じる感覚器官がなくて、
    そもそも「味」というモノの存在がわからないのと
    同様なことになるかもしれない

    と思います。


    心や感受性が活動を始めると
    どんどん豊かに深く活発に活動を始めるだろう

    と思いますので、
    (脳機能的にそういう方向だと思います。)

    じかに自分の感情や感覚を
    味わってみてください。



    心が動いていないと、
    言葉の表す現実を心でとらえられていなかったりして、
    おかしな理解の世界観を作ったり、

    言葉の表す意味やイメージがわからないものだから、
    丸暗記をしたり、

    気持ち悪いことをして、
    「全く平気」だったりする場合もあるもよう

    なんです。
    (楽しさの分からない音楽があるからって、
    心が動いていないということではないんですが。)


    対人関係にせよ、
    自分の体に対してにせよ、
    この世の法則にせよ、

    現実感が感じられていないよう


    なんですよ。
    (魔法があるかないか、わからないもようです。
    現実的には、「ない」前提で生活設計したほうが建設的だと思います。)


    現実を知らないと
    (塩梅を知らなくても、ですが)
    机上の空論

    って言うんですよね。


    言葉の上では何とでも表現できて
    なんでも実現したことになります

    (「うんこドリル」の文章ですよね。
    内容が変質者的じゃないかと思いますが。)

    が、

    現実がそうかどうかは別の話


    なんで。
    (安倍政権の人の話って、
    現実と照らし合わせて本当に正しいこと言えてる
    んですかね?

    「適切だと思います」って、
    「それって、自分が思ってるだけじゃん」って感じなんで。)




    <追記>2020.03.13
    具体例など


    1.他の人の言葉の内容がわからない場合の
    ドボンパターン


    中身ではなく、
    しゃべっている人のしゃべり方や語調、口調などから、
    大事かそうでないか、
    正しいか、そうでないか

    判断しようとする。
    (つまり、「するめ」の「包み紙」で判断)

    つまり、
    (事例1-1)
    「○○で、▽▽になって、◇◇」だろうと思う
    だと、
    「正しくない?」とか「確定事項じゃないから覚える必要がない?」
    という判断をしてしまって、

    頭に入らない。

    (僕のほうは、
    中身がわからないのに、
    頭に入れていただきたくないので、
    この状態で困りません。)


    (事例1-2)
    強い口調で書かれていると、
    「正しい」「絶対じゃね?」とばかりに
    信用する。


    (事例1-3)
    貶す言葉でも、
    楽しい旋律に乗せて歌うと
    「俺のこと好きなのかな?」
    と思う。


    (事例1-4)
    文句を言っていても、
    長いと感じられる時間文句を言っていると
    「俺のことが好きなんだ」
    と思う。

    長いことかまってもらった気になって、
    「そういう人は自分のことが好きだから」
    と理解しているもよう。

    こちらとしては、
    いつまでも自分がおかしいことをしていることがわからないので、
    懇切丁寧に話したところ、
    なおさら時間がかかっちゃっただけ

    なんですが。

    (事例1-3-2)
    さらに、いてはいけない場所なのに、
    その人の存在している時間が増えるため、
    「俺、いていいんじゃね?だって、いられているし」
    と勘違いする場合アリ。


    (事例1-4)
    話している人の表情が読めないと
    さらに包み紙の情報すらも
    減ってしまう
    でしょう。



    2. 鑑賞できない場合のドボンパターン

    中身自体への自分の反応が薄いため、
    (わからないものに対する反応はありません。)
    中身の良しあしがわからず、

    周りの人の評価だったり、
    チケット代の値段の高さだったり、



    うのみにする。


    (事例2-1)
    「ららら~るるる~」という曲から
    曲の感じを心で感じない、
    つまり、
    頭や体や心での反応がないので、

    曲の解説書などなどから、
    曲のデータを拾って、

    うんちく大魔王
    となる。
    (味わえていて、背景がわかっているのは素敵です。
    背景がわからずとも、自分の生の実感の感想があるほうが大事ですが。)


    (事例2-2)
    文字情報にすると、
    突然そればっかり言う人が出現したりするもよう

    です。


    絵画などの場合は、
    曲の代わりに「絵」として同様でしょう。

    食べ物も同様でしょう。


    (改善策の1例)
    他人の評価=曲の価値 
    として、
    他人の言葉を鵜呑みにするのではなく、

    そう感じる人もいるんだなぁ

    ぐらいにとらえておくと、

    間違えは少ないんじゃないか

    と思います。




    <追記2>2020.03.13
    このようにして、
    丸暗記が生まれる、と


    丸暗記をする人的に

    教科書に書かれていること
    (学校の教科書とか資格試験の教科書とか)
    とか
    著名で認められている人の言葉

    って、

    「確からしそうで、確実」に思えるらしく、

    中身わからなくても
    丸暗記していい文言

    となっているもよう


    なんですよね。


    新たな発見や発明で

    学校の教科書が書き変わることってありますし、

    あくまで文科省の判断ですからねぇ。


    あくまで、
    誰かの言葉は
    人が下している判断ですから、

    妥当か正しいか確かめないと

    個人の自立した勉強にならない


    んですよねぇ。


    腹の底からわかっていることで
    頭の中の議論をしていないと、

    他の人から独立した
    自由な思考にならない

    でしょう。
    (「根本の根」のねらいでもあります。
    僕のサイトは、「自由に生きるために考える」のがスローガンですんで。
    犯罪者はNOですから、「NO HEART, NO LIFE」も外せません。)




    <修正>2020.03.13
    「確からしそうで、確実」に思えるらしく、
    としました


    <追記2>の「丸暗記する人あるある」で、

    「確からしそう」ぐらいの感じの「あやふやさ」ではなく、

    「確実」という
    「絶対正しい」という100%保証がついている
    ぐらいの感じで

    丸暗記するよう
    なので、

    「確からしそうで、確実」に思えるらしく、
    としました。
    (重要な違いです。)




    <追記3>2020.03.13
    自分の言葉で
    自分として
    表現してもらうと


    本人が味わえていないこと
    などについて、

    自分の考えを表現してもらったり、
    どんなものか形容してもらう



    事実に合わない、事実無根のデタラメだったり、
    理屈の通らない
    大変なめちゃくちゃな文章となりがち

    のようなので、

    そういう人も
    文章術」は避けたいかもしれません。
    (安倍内閣の人の説明は
    事実をわかっているのかよくわからないぐらい、
    的外れな「形容」をして答弁している感じがする
    んですよ。)


    また、
    「ちょっと工夫」とか言って、
    自分なりに改変させると

    デタラメに議論が曲がったり、
    不適切なつぎはぎになったりして

    手を加えなければ正しい価値のあった議論などが
    無残に壊れてしまうことが多いもよう

    なんですよねぇ。
    (ひどい話です。)


    自分で説明させる
    って

    ちゃんとわかっているかどうか
    確認するのに、

    大事

    なんですよ。




    <修正2>2020.03.13
    「文章術」にリンクを貼りました


    <追記3>で

    リンクがないと
    どちらの文章術かわからないので、

    「僕のですよ~」という意味の
    リンクを貼ります。
    (リンクが貼られているものが、引用元ですから。)




    <追記4>2020.03.14
    うんちく大魔王


    <追記>で書いた

    うんちく大魔王

    お勧めしない

    の意味ですが、

    中身自体を楽しめていないものの
    あれやこれやの言葉を覚えまくっても

    本当に
    楽しんだことには
    ならない
    のでは?


    ということです。


    何か楽しみがあって覚えているなら
    わかるんですが、

    「すごい」と言われたい
    とかの動機では
    お勧めしたくはないです。


    覚える時間を
    実物を楽しむ時間に充てたほうが
    「楽しむ」という意味では良いのではないか
    と思う

    んですよねぇ。


    あ、
    アイドルさんのプロフィールなどのうんちく情報は
    出し物を楽しめていないのに
    覚えても仕方ないですし、

    楽しむにしても、
    本人に迷惑がかからないようにしてください。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ