FC2ブログ

記事一覧

886. 情報のリテラシーとして

  • カテゴリ:おかしなツィートに(ネットでのまずい表現)
  • 最近、ツイッターやフェイスブックをはじめとして
    ブログなどで
    自分の意見や見たり聞いたりしたことを
    手軽に発表できるようになりました。


    で、
    手軽に気軽に
    自分の思ったことを発表しちゃったりしている人を
    よく見かけるのですが、

    「情報が正しい」という答え合わせをしたものを
    書いたりしていますでしょうか?


    プライバシーを暴いて、
    書かれた人ではなく、「書いた人が気持ち悪い人だ」
    と言われていないでしょうか?


    マスコミと言われる機関に入って(就職して)、
    情報発信のプロとして、報道機関として
    勉強するようなことを勉強して
    ツイッターを利用できているでしょうか?


    「裏取り」という別情報での答え合わせをしてから
    発表しているという事実を知っていますでしょうか?


    インターネットを使うにあたって、
    情報の正確さや公表して良い情報か否かを
    きちんと判断できない人が

    気楽に
    自分が思っただけのことを書き込みして、
    問題になっている
    (犯罪として問われることもあるようです。)

    のを
    知っていますでしょうか?


    写真や動画に映っているものは
    確かに真実かもしれませんが、
    前後の文脈をきちんととらえられていなくて、

    断片的な情報となり、

    誤った情報となったりもします。


    きちんと、
    自分の出した情報に責任をとれる

    (大概、大丈夫だと思っちゃうようなんですが、
    勉強不足や経験不足による判断間違えです。)
    状態の情報を出した方がいいだろう
    と思いますよ。


    今日、
    クローズアップ現代+
    最前線ルポ 新型ウイルスに揺れる中国」で
    (すごい大変そうです。)

    中国でのYouTubeによる投稿が
    中国当局に問題にされているという映像がありましたが、


    映像として流れた動画だけを見て判断すると、
    ですが、

    火葬場がフル稼働であるような映像がありましたが、

    現在、お亡くなりになる方の数は

    「通常の原因でお亡くなりになる人」
    +「新型コロナウイルスでお亡くなりの人」
    (持病のある人も含まれるそうなので、単純な和ではありませんが。)

    となっているので、

    火葬場で火葬される人の数が当局の発表と違って多い
    (最大限言えることは、「ようだ」ぐらいでしょう。)
    と言っても
    当たり前で

    どちらかというと、
    亡くなった方の対処を適切にしているという動画である
    とも言えますし、

    数をきちんと数えないと、正しい情報ではない、
    つまり、憶測だけのデマ情報に分類される
    ことになってしまいます。


    (そもそもが、
    火葬場自体の設計が
    通常にお亡くなりになる人の数ぐらいしか対応しない設計かも
    しれませんし。)


    また、
    「中国当局の言論統制という行動がある」と訴えたいのに、
    中国当局自体を非難しても
    行動ではなく個人自体の攻撃となってしまって、
    意味がありません。


    (今出ている情報で足りないのであれば、
    きちんと身を守るための情報は出してほしい
    と思いますが。)


    きちんと、
    何の情報をみなさんにお届けしたいのか
    わかってないと、

    自分の本意ではない情報発信となります
    し、

    この場合、中国当局の嫌疑自体が変わってしまって
    様々に不利な状況になりかねないだろう

    と思います。


    正義感に基づく、それに沿った映像を流したいのかもしれませんが、

    自分の望み通りに情報を歪曲してしまうと
    「やらせ」となってしまいます
    し、
    危ないです。


    というわけで、
    お気を付けください。




    <追記>2020.03.06
    みなさん、
    心当たりがあると思いますが


    自分が思っちゃったことが

    必ずしも正しくない


    という経験を

    みなさん、なさっているはず

    なんですよ。


    少なくとも1回は、

    テストで、

    「正しいと思った回答」を書いて

    「間違え」だった

    ということがあるだろう

    と思うんですよ。


    必ずしも
    自分の頭の中に
    無条件に
    正しい結論や解釈が
    出て来るわけではない


    ですので、

    お気を付けください。


    ちなみに、
    きちんと確かめるまでは
    仮説

    事実ではない
    です。


    頭に思い浮かんだものが
    間違えている可能性も考慮に入れて
    行動する方が
    よろしいか


    と思います。


    頭に思い浮かんだだけのものが
    100%正しい
    と思ってはいけないだろう


    と思うんですよね

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ