FC2ブログ

記事一覧

885. あら~、頭数に入れられるのは困るねぇ

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • クローズアップ現代+

    追跡!ネット広告の闇 “アカウント売買”
    ~気づかぬうちに個人情報が売りさばかれる~


    を見たんですよ。


    今までなら、
    そういう泡というか霞というか夢でしかなさそうな
    儲け話に乗っちゃう感じの人かどうか
    って、

    「対面で自分の顔をさらして、
    人海戦術で調査していた」
    はずなのですが、

    インターネット
    という道具を使って、
    「非対面で匿名のまま
    ネットにアクセスしている
    非常に多数の人間全員に
    一斉に調査できる」

    ことになっているもようですね。


    ということは、
    いままで調査の網から漏れていたおかげで
    騙されてこなかった人が
    網にひっかかる可能性がでてきた
    と。


    そういう
    「うかつ」で
    「地に足がついている話かどうかわからない、
    本当にある話かどうかわからない人」が

    根こそぎ
    リストアップされる事態に
    なりかねません。



    危ないですねぇ。


    しかも、
    611. 風通しを良くする」で
    トランプ陣営がやっていたように
    個人に
    ほぼ1対1の密室のような状態で
    直接訴える手法
    となりますから、

    落ち着いて考えそこなっちゃったりする可能性が高い

    でしょう。


    困っている人、お金に関して利害関係のある人
    って
    結構、落ち着いて考えられなくなっているみたいですから、

    お気を付けください。


    また、
    そういう話を信じちゃう感じの人

    と思われてしまうと、

    本当は
    そういう「うかつ」な
    地面に足のついていない感じの人ではない
    としても、

    別の詐欺事件のターゲットとかにされちゃいますから、

    お気を付けください。


    加害者にそう思い込まれたら
    ターゲットになって
    加害される可能性が高くなります
    んで。
    (結果、勘違いとかの事例もありますから。)


    どう考えても、
    そちらさんの頭数に入らない方が良い話ですよねぇ。


    何の対価もなく、お金をくれる人っていない
    と思った方が
    いい


    と思うんですけれども。




    <追加>2020.03.04
    赤字にしました


    とりあえずの大事そうなところを
    赤字としました。




    <追記>2020.03.04
    ちゃんと勉強しないと


    お金儲けに興味があるなら、

    ちゃんと勉強しないと
    いけない


    と思いますよ。
    (対価の安易な換金方法だと、お値段安めですしねぇ。
    簡単にお金が来ると思ったら、間違えなんですよ。
    だから、わかっている人の下で勤めるわけで。)


    色々と本を読むと良いだろう
    と思います。
    実社会での経験も大事ですよ。)


    ちなみに、

    勉強が足りなかったり、
    想定が甘いと、
    そのポイントからお金がなくなったりするもよう


    なんですよ。




    <追記2>2020.03.05
    ついでに言うと




    他の人のできなかったり、作れないもので、
    (一人しかできないものでなくても、
    訓練しないとできないものとかも、
    できる人の数が減りますよねw)

    沢山の人に周知されて、

    ついでに、

    それが、みんなの欲しいものだと

    売れる方向性にあるようなんですよぉ。



    いろいろなやり方があるだろう

    と思いますけれど。




    あ、
    フェアー(公平)じゃないと嫌われる傾向にあるよう
    ですね。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ