FC2ブログ

記事一覧

868. 感染を減らして、薬を待つ(新型コロナウィルス)

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • NHKスペシャル
    感染はどこまで拡(ひろ)がるのか
    ~緊急報告 新型ウイルス肺炎~
    」を
    見たんですよ。


    現に感染してしまっていて大変だったり、
    (亡くなっている方もいるようです。)
    その方のサポートをするという感染リスクのある大変なことをしないといけなかったり、
    感染するかもしれないと不安になっていたりして
    大変なウィルスが出てしまいました。
    (クスリがなくて大変なことになっている方がいらっしゃるもようです。)
    心が痛いと感じます。


    内容ですが、
    今日の先生は
    非常にしっかりした方のようで、
    良かったです~。
    (僕もウィルス対策の宣伝のお役に立てば、と
    記事を書きたいと思います。)


    とりあえず、現段階で分かっていることで、
    役に立つことなどなどを
    放送してくださったのですが、

    予防をしっかりやって、
    感染を減らすと、


    十分な数のワクチンができるまで、
    患者数が少なくて済んで、

    現在の病院の体制で
    間に合う可能性が高くなってくるもよう


    だそうなんですよ。
    (僕の番組解釈によるとですが。)


    予防とは
    「アルコール消毒を含む手洗いの徹底」

    「咳エチケット」
    だそうですよ。


    今のところは
    日本においては
    感染ルートがわかっている患者さんのみだそうですが、

    感染している自覚のない期間でも感染力があるそうで、

    誰から誰への感染かがわからなくない患者さんも
    出現するかもしれないそうなので、

    みんなで予防することが特に大事のようです。


    高齢者や持病のある方が特に重症化するようなのですが、
    若い人でも亡くなる方もいるそうなので、
    (過剰な免疫反応で健康な細胞まで攻撃されてしまうためだそうです。)

    あなどらず、

    予防したいと思います。


    ただ、僕としては気になるのは、
    「中国湖北省滞在の外国人の入国を禁止」にしてから、
    感染から発症までの時間の12.524日経ってないので、
    (<追記2>のような報道がありますので、日数を変更しました。2020.02.11)

    無症状で入国している方がいた場合の、
    日本国内での感染者の全容がまだわかっていないかもしれないので、

    あまり人ごみに無為に出かけないようにしたい
    と思います。
    (他にも感染された人がいる地域があるので、
    13日になったからと言って完全安全宣言が出るわけではないのでしょうけれども。)

    どなたかが、そちら方面から入国しているからと言って、
    くれぐれも排斥したり、攻撃したりしないで
    くださいね。
    デマもいりません。



    <追記>2020.02.09
    仲良しさんの付き合い方


    お友達付き合いするのには
    お互いが準備できていないとできない

    ですよね。

    精神的に「一人遊びから成長している」や
    「きちんと意思疎通が図れる」ように成長していたり
    しないと、
    きちんとお友達との心の交流が図れなくて、
    人付き合いできないじゃないですか。


    また、
    「インフルエンザ」や「水いぼ」などの感染症に罹っていたら
    治るまでお互いの家に行き来しないようにして、

    治ったらまた仲良く遊ぼう

    としますよね。


    いくら仲良しさんだって、
    感染症に罹っていたら、
    きちんと治って相手にうつさなくなるまで、

    肉体の行き来は断絶です。


    どんなお家でも、
    きちんとお断りしますし、

    それを断ってお友達付き合いがダメになるようであれば、

    普段から遊ぶに足る友達ではない

    ということです。


    きちんと言えないなんて、おかしいですよね。


    感染症を理由に断ったら、
    お友達でなくなるかもと心配して、
    行き来をしないようにしない態度は

    毅然とした態度で、お友達付き合いできない、
    みっともない卑下した態度に見えます。


    国も同じで、
    仲良くしたくても、

    感染症が落ち着くまでは

    きっちりと封鎖して、

    落ち着いたら、また仲良くしましょう

    でいいんですけれどもねぇ。
    (お金のことになると、目先が狂うんですかね?
    それはダメですよ。
    人の命をお金に変える行為ですから。)


    外交にも
    人付き合いできる人かどうかが出るかも
    しれませんね。



    <追記2>2020.02.11
    潜伏期間が最長で24日らしいのです


    どうも
    新型コロナウイルスの潜伏期間“最長24日間”と中国の医師」という
    ニュースが出たようです。

    さらなる見えない感染拡大の可能性が出てきました。

    お気を付けください。
    (本文の記事の日数も変更します。)



    <修正>2020.02.13
    記事番号を修正します


    すみません。



    <追記3>2020.02.19
    下船してからも自宅で養生を


    どうもダイヤモンドプリンセス号で
    感染した人が多いよう

    なのですよね。
    (船内に留め置かれた方々や
    実際に感染してしまった方々はとても大変だ
    と思います。)


    早くダイヤモンドプリンセス号から
    下船したほうが新たな感染のリスクが下がるでしょうから、

    陰性の方は
    下船したほうが良いだろう

    と思います。


    検体を取って数日してから
    陽性か陰性かが判明するということですし、
    下船はさらにそれより後となるよう

    ですので、

    陽性ならば対応するということで
    有効なのですが、

    陰性の場合、
    検体を取ってから下船するまでに
    感染するリスクがあるもよう

    ですので、

    絶対的な安全の保障がなさそう

    です。


    ですから、

    外国での、
    たとえ陰性であっても14日の待期期間を
    設けるのは

    普通のことのよう
    に思えます。


    なので、

    日本政府からの要請がないよう
    ですが、

    (2月20日の朝日新聞では
    「不要不急の外出を14日避けるように」
    と書かれていました。)

    できる限り
    自主的に自宅で養生をしていただいた方が
    より安全じゃないかな???

    と思う

    んですよね。
    (私見ですけれども)



    <追記4>2020.02.19
    どう考えても、
    他に行くあてがありませんし


    ダイヤモンドプリンセス号で

    日本政府の決めた条件に当てはまった方の下船が

    始まりましたが、

    「下船しない選択肢はない」であろう状態で

    船から出されているでしょう
    から、

    みなさん、
    ご自宅に、自分の足で、
    お帰りになるしかない


    ことでしょう。


    他に「行くあて」がない

    ですものね。



    <追記5>2020.02.20
    マスクは増産しているはずらしい


    2月12日のニュースで
    マスク増産の設備投資に補助金交付へ 国が方針」ということで

    国が

    「増産への設備投資の一部補助」

    「余った在庫の備蓄としての買い上げ」

    を検討しているようです。


    ちゃんと必要な人に
    行き渡って欲しい

    と思います。



    <追記6>2020.02.20
    ご迷惑をかけないように


    僕も予防に頑張りたいと思います。

    廃止の電車とか乗りたいんですよねぇ・・・。
    (感染してしまった方を責めたいわけではありません。)




    <追記7>2020.02.20
    クルーズ船の日本国の対応の前提


    結局、

    横浜に停泊しているダイヤモンドプリンセス号の乗客さんへの対応って

    横浜に停泊してからの
    感染者と同室以外の条件で
    ウイルスからの隔離がきちんと行われている
    (感染者も、新たに自分にいるウイルス以外のウイルスに暴露される状況がない)

    事が

    前提のよう

    なんですよ。


    外国の政府としては

    自分たちで
    ダイヤモンドプリンセス号でのウイルスに対する対応を
    管理できていませんから、

    保菌しているのではないかと
    疑うのは

    普通ではないか

    と思います。


    要するに、

    船内での
    ウイルスからの隔離が
    きちんとできているかどうか

    なんですよね。




    <修正2>2020.02.20
    報道で聞かなかったもので


    <追記3>で

    「日本政府からの要請がないよう
    ですが、」
    と書きましたが、

    朝日新聞を見ると
    「不要不急の外出を14日避けるように」
    ということも書かれていましたので、

    以下のように

    -------------------------------------
    日本政府からの要請がないよう
    ですが、

    (2月20日の朝日新聞では
    「不要不急の外出を14日避けるように」
    と書かれていました。)

    できる限り
    自主的に自宅で養生をしていただいた方が
    より安全じゃないかな???

    と思う
    -------------------------------------
    としました。



    <追記8>2020.02.20
    それは「後手後手気味」というのでは?


    発症者の出たクルーズ船で
    「待ったなし」の対応をしなくてはならなかった
    のは

    わかります。

    (大変だったろうと思います。)


    しかし、

    僕たちは、
    実情を知りたい

    んですよ。


    厚労大臣さんは

    「専門家の指摘を受けたところは
    修正していったから
    今は大丈夫」という旨のことを言ってましたが、


    「専門家の指摘を受けたところは
    修正していった」

    ということは、


    「進行中」の船中の運用としては

    良ろしくない状況での運用時間があるわけですから、

    (悪いところに気が付いているのに
    全く対応しない

    という

    悪意はないけれども)

    結果としては、

    後手後手気味になっている


    というように

    厚労大臣さんの言葉を読むのが普通

    でしょう。


    (ところで、
    タクシーって窓を開けた状態で走ったほうがいい
    んですかね?
    これは
    僕のぱっと思いついた感じの思いつきなんで、
    実際に効果があるかはわかりません。)



    <追記9>2020.02.21
    電車に乗る人は大変そう


    昨日の僕の観察では
    ですが、

    飛沫感染ということからか、

    比較的人と人の距離が取りやすい

    駅から離れたところを活動拠点にしている人より

    電車に乗る人の方が圧倒的に

    マスクをしている率が多そうですね。
    (駅前と近所のお店でのマスク率が全然違う
    んですよ。)



    <追記10>2020.02.24
    感染してしまった人に罪はない


    クルーズ船内の検査で陰性となって、
    下船を許可されて、
    その後、要請が判明された方もいるもよう

    なんですよね。
    (<追記8>で書いたように、
    ウイルスが伝染することを防げない時間があったのが
    本当のようです。)


    そして、
    各地で新型コロナウイルスに感染してしまった人がいらっしゃるもよう
    です。

    すでにお亡くなりの方もいらっしゃるようですし、
    今現在大変な状態でウイルスと戦っている人がいらっしゃるそう
    です。
    (亡くなった方は非常に残念ですし、
    今現在ウイルスと戦っている人は大禍なく済んでいただきたいです。)


    ウイルスは、繁殖したがっているはずですから、
    適切な防御をしないと
    感染してしまいます。

    致し方ないところがある気がします。
    (防御はしたいと思いますが、
    見えて避けられるものではないですし。)


    勤めているお店の名前を公表された方もいらっしゃるようですが、

    自分で気を付けて、適切に自分を守ってもらいたいからではないか

    と推測します。
    (感染してしまったお店の方からは、僕は厚意を感じます。
    僕は善い方の気持ちを無駄にすることはしたくないんで。)


    ウイルスは見えないものですし、
    そして、
    症状がないうちに次の感染者が出てしまう
    という
    「人間としての自衛と周りの人の防御」という意味で、
    恐ろしいウイルスが出てきてしまったよう
    です。


    移動してしまった方も
    感染をわざと広げるような行動をしているわけではないだろう
    と推察しますので、
    (気が付いたら、対応してもらいたいですが。)

    感染された方を攻撃するのではなく、

    まず、
    一旦きっちり鎮火することを念頭に入れたほうが
    良いのではないでしょうか?



    <追記11>2020.02.25
    ウイルスには誰だか区別がつかないよ


    小耳にはさんだ話で、

    「お友達同士でウイルス感染しちゃうの
    いやぁ」という話があったのですが、

    折角なんでこの場で誤解が解ければ
    と思います。

    現実の問題として、
    お友達同士であっても、
    赤の他人であっても、

    ウイルスには区別がつかず、

    新天地(新しい人体)を目指して、

    ウイルス感染していまします。


    気楽にお友達と面と向かって話ができなくなる事態は
    残念ですが、

    お友達として、
    近くにいる分

    もしお友達が感染してしまっていたら、

    リスクが高くなります。


    食べている最中のくしゃみもありますが、

    食べたり飲んだりしていないときは
    マスクをしている方が
    より安全か

    と思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ