FC2ブログ

記事一覧

857. こういう人たちって欲しいかどうか

  • カテゴリ:戦争
  • 2月1日に「○○の解釈」というジャンルを作り、

    (解釈は僕の作品ではないのですが、

    僕の価値観をより断定的に書いてある
    教育的な色合いの強い「根本の根」に入れるわけにもいかず、

    新たにジャンルを作ったんです。)

    日本国憲法前文の解釈を僕なりにしたんですよ。


    解釈をして感じたことを書いてもいいのですが、

    僕の感想を押し付けたくはないので、

    みなさんの感想が出きったぐらいで
    僕の感じたことを書いてみようと思うのですが、

    一つだけ気になるんですよ。


    戦争するにあたって、
    「神風」だの「精神力」などという魔法にでもしか使えなさそうなものが
    最終的に切り札になるようなことを主張し、
    (魔法なんて使えませんよ。僕たち人類は魔法使いではない凡人ですから。)

    自分の生存に不利な現実を見ないふりして、
    特攻したり、山奥を荒らしに行ったりして、
    自滅しまくり、
    (正確には亡くなったご本人たちは自滅させるような命令によって自滅させられたのだと思いますが。)

    そうやって妄想を見ながら自滅して、
    同時に周りに攻撃をして死者やけが人が多数出る事態をまき散らしたんですよ。


    挙句の果てに、
    生きた人間を生きた神様などと言って崇めている
    (生きた人間のやりたい放題に自分の命を預けるということですよ。)

    という人たちって
    どういう人たちに見えるでしょうね?


    戦前戦中の日本人がどのように外国人から見えていたのかが

    前文から透けて見えるんじゃないか

    と思うんですよ。


    要するに、

    太平洋戦争をやった日本人の姿が
    言葉の通じない価値観を共有できない野蛮人(barbarian)

    に見えていたのでは
    なかろうかと。
    (どこを信用して、対話したら良いかわからないですから。)

    「いい人なら、前文読めるでしょ」的な感じで
    渡されたように思えたのですが、

    結局、
    戦後すぐは、
    アメリカなどの外国から見て、

    誰が本当にいい人か悪い人(犯罪者)か
    わからなかったのかもしれない

    と思ったんですよ。
    (戦争直後は「一斉にみんなでやり直し」になったのですけれど。)


    ところで、こういう上記の人たちって
    欲しい
    と思います?
    (戦後日本国民さんは7000万人ぐらいいたらしいんですよ。)


    結局のところ、
    現在の日本で、
    前文の価値観がわかりやすい人が多そうなので、

    barbarianじゃない人が多く、

    戦争したがらない人が多いんじゃないかと思います。

    (そういう人たちが戦争直後もいたから、
    きちんと日本やって来れているんだと思うんですよ。
    戦争やりたがった人たちで戦争責任を取ってもらいたいです。)



    <追記>2020.02.03
    あっちもこっちも攻撃するだけでなく


    戦時中の日本って

    あっちもこっちも攻撃して破壊しまくって
    さらに破壊しようとしただけでなく、
    (恐ろしい人体実験もした人もいました。)

    自分たちの命も守ろうとしないで、

    「一億玉砕」とか言って

    破滅しかまき散らさなかった

    んですよね。

    しかも、
    それを国民全員がやろうとしている感じで
    全員戦おうとしていたじゃないですか。

    自分の命を守るような
    クレバーな行動が見受けられませんし、

    普通に見て、
    おかしな人にしか見えない感じ

    なんですよねぇ。


    普通に対話のできる人には見えない感じ
    ですよねぇ。


    もしも日本国民全員がそういう人たちだったとしたら、

    7000万人もアメリカとかに来ても

    先方も困るんじゃないかと。




    <追記2>2020.02.03
    価値観の方向性の違い


    <追記>で

    「クレバーな(賢い、どちらかというと計算の方向性が高い)」
    と書いたんですが、

    これも、

    「どっち向きに考えるのがクレバーなのか」
    という判断は

    価値観の持ち方に拠るんですよ。


    そこの議論からしないと、
    前文って読めなさそうなんです。


    前文の目標や価値観が
    どうも

    「日本国民を含めた全世界の人の福利を削らない」

    ということらしいので、

    そのように読みましたが、

    何をもって「福」と感じるかが

    違うと、

    話にならない

    んですよねぇ。
    (犯罪者と普通の人の場合、
    犯罪者のほうの幸せを優先させるわけにはいかないのは明白ですが。)




    <追記3>2020.02.03
    自分の傷をなめるような
    妄想が好きか?


    自分に不都合な現実から目を背けたいばかりに、

    現実ではない妄想を信じたがるのも、

    バーバリアンへの1歩でしょうねぇ。
    (心の弱い人でもあるのではないかと思いますが。
    たとえ、心当たりがあっても、
    自分のほうが肉体的に秀でている相手を
    攻撃してはいけませんよ~。)

    どうせ、
    その妄想通りに行動しちゃうんでしょ?

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ