FC2ブログ

記事一覧

843. 「実物を見る」って何がいいのか

  • カテゴリ:解釈<1>
  • 最近、インターネットが発達し、
    写真の流通が盛んとなりました。

    それに加え、
    写真に付け加える文字というものも
    流通が盛んとなっている

    と思います。


    「現地に行かなくてもいいんじゃね?」という
    素朴な疑問があるかもしれませんが、

    そのような
    誰かの伝達してくる情報というものは

    誰かが気づいたもの

    しか

    送られてきません。


    研究者をやりたかった僕としては
    (一生成長に次ぐ成長を求められ、
    または、逆に、自分に期待ができ、
    自然という一生をかけても絶対に超越することのないものを対象とする
    生活というのは素敵だと思います。)

    他の人の見てなかったものや
    他の人の見てなかった角度から見れる


    というだけで

    実物を見るべきだろう

    と思います。
    (博物館でスケッチをする人が少ないようですが、
    写真映えしない角度からスケッチする方が修行になると思いますし、
    そもそも3Dを解釈すること自体が大切な修行だと思います。)


    ネットに出ているものは
    みんなと持っているのが同じ情報だ

    と思っておく方が良くて、

    他の人と違う情報をどれだけ持っているか



    個性のある情報発信につながりやすいだろう


    と思うんですよねぇ。
    (「文章術」の「1、書かれている内容が面白い。読む人のためになる。ってどういうこと?」を参考ください。)


    他の人のやっていない実験、
    他の人のやっていない範囲での実験、
    他の人のやっていない調査は

    宝の山ザックザク

    ですので、

    僕はそちらを好んでいます。
    (「やっぱり、文字情報はヒントなんですよ。」
    と思いますよ。
    813. じゃあ、本って何なのさ参照ください。)


    それに、
    自分の想像の範囲内での解釈なんて

    吹いて飛んでいけ

    ぐらいのもん
    ですから、

    実際の現実にぶち当たった方が

    よろしいか


    と思います。


    現場行ってわからない、何もキャッチできない

    というのは

    正直な現実として、
    本人のキャッチ能力が低いせいですから

    修行したほうがいいだろう

    と思います。
    (本を読んでみたり、自分で絵的な感受性を修行してみたりとか。)




    <追記>2020.01.13
    「万能」と思えるのって


    俺頭良くって、
    有能ですっげーんだぜ、
    (「みんな、わかってね。」というか、
    「そう思ってね」と言っているのが真実というか。)

    と思いたい人がいるのはわかりますが、

    それ以前に

    そういうことを言う人を含む
    人間の力はまだまだ万能には程遠い

    という事実
    を忘れちゃっているのかな?

    と思うんですよ。


    実際、
    自分やみんなの出くわすであろう現実で

    自分の力では
    いかんともしがたい事態がまだまだある

    と気づいたら、

    「俺すごい」
    とかって

    言ってもしょうがないし、
    何の役にも立たない

    (鼻ちょうちんで湯を沸かそうとする感じですかね。)

    事実があることに
    気が付くんじゃないか
    と思う

    んですよね。


    それが、

    学校とか
    人為的に自然から切り離されている温室的な世界

    しか

    知らないと、

    「人間の力がすごい」
    とか
    「自分がすごい」とか
    (人間の世界の物差しの中でも
    すごい人っていますから、
    そういう人の存在忘れているのはどうかと思います。)

    って思っちゃうんじゃなかろうか

    と思います。


    あのですが、
    ゲームって、
    解決できるように
    クリアできるようになっていますんで、

    クリアする道筋が準備されているんです。


    そうでないと
    「つまらないゲーム」
    いわゆる
    「くそげー」と言われてしまって、

    全くはやりませんから。


    ゲームの中なら
    攻略法は存在します。
    (クリアの道がゲーム発売の時点で準備されていますから。)


    現実は簡単な攻略法はないだろう
    と思います。
    (「攻略法教えて」はない感じです。
    色々と人間の本能に沿った良さげな方法は開発されていますが、
    ゲームと事情が違います。
    別に現実というものは
    人間がクリアできなくても、解決できなくても、
    何ら構わないので。
    「普通に何事もなかったように、地球は回るでしょう」
    という感じです。)


    とにかく
    色々体験したほうがいいだろう

    と思いますよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ