FC2ブログ

記事一覧

819. 有名な人の犯罪からの復帰について思うこと

  • カテゴリ:より良い日常へ
  • 有名な人が
    色々な人の気を引いた人が
    そして、
    それによって稼いだお金で命をつないだ人が

    犯罪
    というものをしてしまう

    事件を
    よくニュースで目にします。


    非常に悲しい裏切りの事件だ
    と思います。


    もしかしたら、
    みんなは
    犯罪者だと知って好きになったわけじゃないかもしれません。

    犯罪者だったら、
    好きになれなかったかもしれません。


    良い人、クリーンな人を
    安心して好きになって
    安心してその人の作品を楽しみたい
    と思っている人が

    たくさんいると思います。


    なんで、
    みんなが好きになって楽しんだ行為、時間を
    みんなの心の中で
    なかったものとするしかない
    (悲しいけれど、そうするしかないかもしれません。)

    裏切りはやめて欲しい

    んです。


    有名な人、人気のある人にも
    普通の人と同じような人生があり、
    浮き沈みと表現されるかもしれない
    (ただの見方の問題なので、
    自分にとっての本当の意味はそんな言葉では表せないかもしれません。)
    様々な人生の出来事、局面があることはわかりますし、

    実際に体現している演者が一番偉いだろうし、
    本人の都合を最優先するべきだ

    と思っています。


    見ている人の都合なんて関係なく
    人生の出来事が起こるかもしれません。


    「更生する」ということが起こることを
    僕は否定したくないので、

    その可能性とその門戸を閉ざして
    否定はしませんが、

    もし復帰するとき、
    もう一度、みんなの期待を買って受け止めて背負う気持ちがあるのなら、

    自分のやってしまったことの
    みんなへの影響というものが
    何があったのか

    きちんと洗い出してわかってから

    自覚して復活して欲しい

    と思います。
    (麻薬などは
    やると本人だけがダメージを受けるものであるかも
    と思うかもしれませんが、
    同じ道に他の人を連れて行かないでください。
    自分の受けたダメージを自分で実感して完全に理解できないのが
    脳の破壊の影響かもしれませんから。)




    <追記>2019.12.25
    言葉の切れ端だけの人もいるので


    僕は、
    丸暗記の人について
    色々と書いていますが、

    それとは関係なく

    こちらの発信しているもの、発信していると思っているものと
    全く同じように
    把握できない人もいる

    んですよね。


    言葉の一部とか思いこんだ雰囲気とか
    見た目を間違えて判断しちゃったりとか

    全員が対象の場合

    よくあることのよう

    なんです。
    (現国や国語の授業があるって
    みんなができるわけではないから
    ということです。)


    そういう人たちが間違えていたら、
    「こう書いてあるよ」ときちんと言える証拠の媒体を
    僕は持っていますが、

    テレビだけだと難しかったりするんですよ。


    そういう誤解対策にも
    心を配って
    間違えちゃう人も大事にして
    欲しい

    んです。


    間違えちゃう人が悪い
    って
    言うんじゃなくて。
    (悪意を持って、わざと間違える人は別ですが。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ