FC2ブログ

記事一覧

817. 平和で豊かな時代で困る人

  • カテゴリ:迷惑なこと
  • クリスマスイブなんですが。

    皆さんお楽しみくださいませw


    ・・・なんですが、
    どうもおかしいと思っていたら、


    平和な豊かな時代に
    命や生活の危機を感じながら暮らさざるを得ない人がいるもよう


    なんです。


    誰かというと、
    「犯罪者」とか
    「犯罪やりたい人」とか
    「人に迷惑をかけて気分の良い人」とか
    「本人がおかしいせいで、人に迷惑をかけていることに気が付かず、
    他の人の嫌がることをしてしまうがために、
    どうしても他の人から付き合いを断られて、
    生きる場所のなくなってしまう人」とか


    生きていくのにカツカツになっちゃうみたい
    なんですよねぇ。


    結局のところ、

    平和な時代に退治されちゃう感じの人にとって

    非常に大変なサバイバル状態


    となるようなんですよ。
    (ほかの人の気持ちがわからない人も
    仲良くできなくて「ダメ」みたいですねぇ。)


    生き残るために
    おかしな犯罪とかチートをしないと無理


    らしいんですよねぇ。
    (犯罪やっても生き残れませんがねぇ。)


    どういう対処をしましょうね?



    <追記>2019.12.24
    「普通なら無用であろう
    方面の努力」を
    しているみたいですけれど


    どうも

    「退治されちゃう感じの人」って

    「普通の人(「人に迷惑をかけて気分の悪い人」)」には

    必要ない労力をかけているみたい

    ですね。


    自分の生活を作ったり、
    他の人と仲良く暮らしたりすることを

    真正面からクリアして達成できないもんだから、
    チートに逃げてる感じ

    なんですよねぇ。



    <追記2>2019.12.25
    とにかく必死らしいですよ


    「退治されちゃう感じの人」や
    「すぐに嫌がられてつまみ出される感じの人」
    って

    めちゃくちゃ
    生き残りに必死らしいですよ。


    で、
    ちゃんとした理屈で考えると、
    周りの人と同じように
    「いらない子」という結論が出てしまうようで、

    嘘の理屈で自分をごまかして
    「大丈夫」と思いたいらしい

    んですよ。


    自分に対する
    「偽の子守歌(こうあって欲しいという願い)」と
    「現実の観察結果(みんなの真実)」とを
    ごちゃごちゃにして

    でたらめの
    「みんな○○だから(俺大丈夫)」とか
    おかしな理屈を言ってるんですよねぇ。


    それくらいの
    尋常でないおかしな必死さ

    見えたりする
    んですよ。




    <追記3>2019.12.25
    喰いもんにされていない悪い人
    っているの?


    どうも

    「悪い人」って

    結局
    自分が破滅することをやらされていたりして、
    (自分の生活と交換の人もいますね。
    単に損得勘定というか、自分を守るということがわからないだけの人もいそうですし。)

    ちゃんと自分の権利を確保できている人が
    あまりいないもよう
    なんですが。


    誰か
    絶対的に得している人っているんですかね?


    どうなんでしょうねぇ。


    いないなら、やめたほうがいいですよ。
    (組織の長だったとしても
    子供時代に既に親に喰われている場合があるんですよ。
    虐待であり、犯罪ですので、きちんとケリをつけたほうがいいでしょうけれど。)




    <追記4>2019.12.25
    そりゃ、どういう理屈だ???


    すごい理屈があるらしく、
    (どびっくりですねぇ。)

    例えば、

    みんな悪いことを一つはしているはず。
    (悪いと言っても、本当に他人を喰っている人は一部で
    「善人の言う悪い」と
    「悪人の言う悪い」は
    種類が違うようです。
    正しく現実を把握しましょうw)」

    だから、

    みんな○○という団体の構成員になる
    (「はず」とかいう言葉がつかなくて、断定らしいんですよ。)」

    (○○という団体だけが人を喰うらしい団体なのか知らないので、
    ○○という団体だけが悪い団体とは言ってませんが。
    どうも「弱みがないとやらない」ようなんですが。
    つまり、所属しているというだけで、
    だれでもが付け込めるもように見えてきてますよ、今。
    ちなみに、
    人の性質の観察だけですよ、僕が書いているのは。
    色々な人がいますよねぇ。うははは。)

    という結論らしい

    んですよ。


    なんじゃそりゃ?

    ですね。
    (「ならねーよ。」というのが僕の本音です。
    「せめて、僕に得になる話を持って来い」という感じです。)


    どこまで、真実でない言葉を
    信じているんでしょうか???

    そして、
    現実の正しい情報に拠っていなければ、
    生き残りの厳しい淘汰の世界の中で
    (僕たち、生物ですからねぇ。)

    そのような正しくない言葉を
    どこまで、いつまで、どのような局面まで
    信じていられるんでしょうか?


    これは
    悪人でしかいられない人の
    自分を慰め、傷をなめるための言葉なのかどうなのか
    その人のその後が気になります。
    (そういう理屈じゃないと、
    「僕、みんなのいらない子」とかいう結論になっちゃうんですかね?
    現実を見ましょう。)


    僕は、
    「性善説」も「性悪説」もどっちもあって、

    みんな、どっちかに所属するのかな

    と思っているんですよねぇ。
    (疑いの目。じー。)


    僕は、
    修羅でない世界で生きることを
    お勧めしますよ~。


    つまり、
    善い人の好んで心地よく感じる、
    弱いからと言って人を喰わない人間関係の世界

    です。
    ただし、
    「善い人って、俺のこと喰わないし、悪い人といるより気持ちいい」とか言って、
    悪い人のままで来ないでくださいねw
    (自分のことがどう思われるか、ちょっと考えてみましょう。
    みんなのことを大事に思えないと、来ても、迷惑がられます。

    (もし、こういう話が欲しいなら、
    「俺、こう思うけれど、君、どう思うよ?
    君の知っている話と、どっちが楽しい?」
    って話しますが。)




    <修正&追記5>2019.12.25
    「どっち」って 「どれ」と「どれ」かしら???


    <追記4>の最後で

    もし、こういう話が欲しいなら、
    「俺、こう思うけれど、君、どう思うよ?
    君の知っている話と、どっちが楽しい?」
    って話しますが。

    というように、


    選択肢を

    「俺の話」

    「君の知っている話(頭の中に今ある話)」


    2つを
    明らかにしてみました。



    ちゃんとわかって、
    心で感じられて、
    (想像したりして)

    選択肢として
    心の中に

    きちんと生まれてから


    人傷つけるのが好きな人、嫌いな人、どっちの人?
    何が好きなの?

    って

    聞くのが
    僕は好きなんです。


    そうやって、
    生徒さんをどんな子か見てきた

    んですよ。



    ちなみに、

    自分の中のこうあるべき

    っていう姿

    を盾に取られて

    訳わからないことを言い出している人も
    いますから、

    ちゃんと時間をかけて、

    じっくり、見ないといけないんですよ。

    (いろいろな事情があるんですよwww
    ぶった切っちゃう前に、待ってあげたいですよね。)




    <修正2>2019.12.25
    <追記6>って書いたのは<追記5>でした


    です。
    すみません。




    <追記6>2019.12.25
    「寓話」って大事だと思うんですよ



    「寓話」って

    まるで本当に体験しているみたいに
    心で感じられる

    んじゃないか

    と思っているので、


    感じられないと
    知らない感情のままとなってしまう
    僕たち人間

    としては

    とても
    大事で、
    僕としては
    可能性を信じたいもの

    なんです。
    (「歌」もそうかもしれません。)


    僕は
    感情豊かなもの、場所から
    離れたくない
    です。




    <追記7>2019.12.25
    結局、俺に得になる話って
    ないんじゃない?


    どうも、
    僕、
    かなり昔
    (30年以上前ぐらいからで、一度親父が追い出してくれて、そして、再び16年以上前からゴリゴリと)から
    付きまとわれているらしい団体さんがいるもよう
    なんですが、
    (なんか、太平洋戦争にもつながりそうな感じの団体さんな気がしてきてますがぁ・・・)

    まともな
    損得勘定があって
    わかったら、

    やりゃしない

    感じらしいんですよ。
    (付きまといまくる人はいても、
    どの人も「○○なんだけど、入らない?」といった人がいないんで。
    そもそも、
    自分を守れるような発想を持ち、
    自分を大事に思っていたら、普通やらない
    んですよねぇ。)


    どうも、
    犯罪やっちゃうとか
    性犯罪的なものを好む変態さんとか

    社会的にみんなに嫌がられる
    明らかな傷がないと

    やらないらしい

    んですよ。


    ただ、そういう人って、
    普通の場所では受け入れられないのに、

    受け入れてくれる団体があると勘違いして、

    自分が変態さんとか自分の犯罪者的な性質をわかって
    受け入れてくれる団体だと思うらしく

    自分のことをわかって助けてくれると思っているらしい

    のですが、


    実は、

    喰うには
    そういう弱みのある人のほうが
    楽につぶせる
    (ばれりゃ、社会的にアウトで、頼る人がほかにいませんからねぇ。)
    らしく

    どうも
    本当に自分が救われる案というものをもらえてなさそう
    (そういうの、誰が考えても、この世になさそうなんですがねぇ。)

    なんですよ。


    で、
    悪い人のあらすじ通りに喰われているらしい
    と。


    もう一度言います。

    修羅の世界は辛いですよ~。
    (要するに、弱かったら、喰われる世界ですよ。)




    <追記8>2019.12.25
    とある修羅を許している
    甘い認識の条件


    どうも

    ○○さんという団体で
    (らしいんですが)

    修羅の世界(庇うという発想のない、マジで弱肉強食の世界)を
    引き受ける条件として、

    自分が他人を喰って許される

    ということらしいんですよ。


    が、
    同時に、

    自分が自分より強い他人に喰われる可能性を許す

    という条件を引き受けているようなのですが、

    実は、

    自分のことはそんな風に
    (自分が他人にやるように)
    ひどい様に扱わないだろう

    という

    甘い目算の元

    引き受けているようなんですよ。


    あなたも、
    他人の獲物ですから、

    ちょろい獲物となっているようですよ

    と言ってあげたい状況のよう

    なんですよ。


    そこまでしても、

    他人を喰いたい

    となると、

    大問題

    なんですよねぇ。


    現実的に
    悪い人と確定され、認定されると

    非常に厳しい現実が待ってるでしょうから。




    <追記9>2019.12.25
    どうも、身内で吹いた嘘のつじつまが
    永遠に合わないらしい


    なんだか、僕のことを知らず、
    ○○という団体の中だか、
    家族の中でだか

    吹いた僕に関する嘘(デマ、噂)を

    身内内でつじつまを合わせないとならない必要があるらしい
    んですよ。
    (必死すぎてびっくりなんですが、
    命でもかかっているんですかね?
    「ちがったよ~」とか言えないらしいんですよ。

    明らかに僕のことを知らない人なんで、
    勝手に吹いたデマと現実が一致することはなく、
    僕がそのおかしな人の吹いたデマに合わせる必要もないので、
    一生涯、つじつまが合う事態はありません。)


    僕と生活空間の異なる人だったし、
    直接話しかけてくることがなかったので、
    (僕にこの人と話す動機なんてありませんから、
    やってきたこの人が話しかけるのが普通ですので、
    見えないふりして、気づかないふりをしていました。)

    僕に噂が聞こえてくることはあまりなく、
    (つまり、僕にしゃべっていることを否定されるチャンスが内容に行動していたようです。)

    ただ、観察していると

    個人や家族単位でできるような話ではないし、
    とある事務所の関係者のような人まで付けてくるので、
    (事務所がおかしいと、面倒ですよねぇ。
    付き人が1人じゃない感じで、
    なんでそんなに人が居るのか、手間のかかる奴なのか、
    お神輿状態で、「ありえね~な」と思っていました。)

    様子見をしていたのですが、

    (「背後にだれがいるんだろう???」ぐらいですね。
    どうも、どの団体かわかってきたのですが、
    うち、この団体と縁のない家庭でしたので、
    名前も知らないぐらいですよ。)

    どうも、対外的なロンダリングに使っていた模様だったのですよ。

    で、
    タイミングを見計らって、

    対外的な関係者に「違うよ」と意思表示をして、
    対外的なロンダリングに僕を使えないようにしたことがあった
    のですが、

    身内内でのこの人のついた嘘(プロパガンダ)のつじつまを合わせないと
    いけないらしく

    団体外や身内外での生活がなくなっても、
    あきらめないもよう

    ということを
    観察してしまったのですよ。
    (やる気があるというより、
    やっているふりしているだけにも見えるんですよ。
    誰に対するパフォーマンスでしょうね?)


    また、
    普通の人だったら、
    撤退するであろう不利な状況になっても
    撤退できない身内からのプレッシャーがあるらしく、

    また、
    本人が、自分の妄想通りでないと
    生きていけない状況らしく
    (それって、普通にこの世界の現実の世界では
    生きられないってことですよねぇ。)

    しつこく付きまとうよう

    なんですよね。


    まともな人が
    いつまでも状況が改善されずに
    おかしな人が居続ける状況に

    気がくるってしまって判断力が鈍る
    のを待っていたり、

    あきらめて、
    おかしな人、犯罪をされている状況を
    受け入れざるを得なくなるのを待っていたり、

    この人が居て普通の状況となるように
    慣れさせたりしたがる

    んですよ。


    数ケース
    観察してみたところ、

    付きまとい行為って、

    自分の飯のためにやっていて、
    相手の人が好きでも何でもないので、

    何も盗ませる必要はありません。
    (自分が10で、このおかしな人が0という話なので、
    交渉を受け入れる必要もありません。)




    <追記10>2019.12.26
    実際にやってみて
    「通る」かどうか
    見てるもよう


    道理通りでは

    犯罪って駄目なんですよ。


    みんなが許さない

    ものなんですよね。


    でも、

    「○○という条件なら、できるかも」とか
    「たまにはできるらしい」とか
    言って

    実際にできるかどうか

    実際にやって
    様子見をしているもよう

    なんです。

    「できんじゃん」とか言って勘違いして、
    調子に乗らせないためにも、
    きちんとした対応をしないといけない

    ですよね。
    (あ、苦情って直接言ってもらえないかもしれないんで、
    このやり方では失敗しますよ。)



    でですね、
    こういう弱みを握った人に対しては
    いくらでも操れる状態になっているらしく、

    支配できる環境を欲しがっていたりもします。

    「先生」という立場になりたがったり、
    「オピニオンリーダー」と呼ばれる立場になりたがったり、
    「インフルエンサー」と呼ばれる立場になりたがったりするのですが、

    相手の能力を卑下してきて、
    自分のほうが秀でているとアピールしたがる

    んですよ。

    例えば、
    僕のことを「バカ」とか「遅れている」とか言いたいらしいんですが、
    見るからに、そんなことを言って来れるような能力のある人ではない
    んですよねぇ。


    買い叩いて、取って喰って、自分得な話にしたいようなんですが、

    そんなパフォーマンスなんか、
    見てるだけで、
    腹の底では大爆笑ですよねぇ。
    (わかるような能力を持っていないから、
    やれちゃっているようなんで。)


    とりあえずのところ

    見かけているおかしな人は
    あんまり頭が良くなさそう

    なんですが、

    油断しないようにしたい
    と思います。




    <追記11>2019.12.26
    「鈍い」人がいる


    犯罪やる感じの人って

    生存本能が鈍い
    というか

    危険を察知する感覚とか
    自分を大事にする感覚とか
    自分の気持ちをきちんと振り返る感覚とか

    鈍い感じ

    なんですよねぇ。


    何がどうなっていて、どう物事が起きているのか、
    他の人の気持ちがなぜそのように動いているのか
    わからない人がいるよう
    なのですが、
    (文章の中身自体を理解できない人が
    こっちに来るんですかね?
    みんなが「いいわねぇ」と反応する話は
    「いい話」らしく、そういうのを言えると得だと思っているらしくても、
    なぜ、「いい話」なのか、中身が何なのかわからない人がいるもよう
    なんですよ。)

    実感を持って暮らせていないのか
    自分の体の限界を知らないのか
    生物が何か
    生きているって何か

    わかってない感じで、

    おかしなことやったり、
    犯罪したりして、

    法律的に自分の身の保証が少ない状態になっていても

    ビビれない
    (結果、自分の身を守れない)

    んですかねぇ。


    現実感がなければ、
    そして、
    現実のイメージが脳内に構成されていなければ、

    それを理解して、現実を把握する力も
    それを感じる心も
    それを心で判断する心の力も
    (塩梅もわからないでしょうね。)

    働きようがないですし、
    経験を積めないんで、育たないでしょう

    からねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ