FC2ブログ

記事一覧

811. 「丸暗記」なんて助けないよ

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • このサイトでもそうですが、

    僕は一切「丸暗記」を擁護することはありませんので、

    一切「丸暗記」の助けとなるような
    記事は入れません。
    (そういうのやってないんで、作りようもないのですが。
    逆に、「何がいるの?」ぐらいですよ。)


    最初から、
    丸暗記に対して反対をしていて
    丸暗記の弊害についても指摘し、
    丸暗記撲滅するべきだと思っている

    のですが、

    「考えられない人が困る。ついていけない。
    親切なサイトを作っているらしいから、
    丸暗記用も作ってくれるでしょ」
    みたいな、

    僕の気持ちをないものとする

    ような要求をしたがる人がいるもよう


    なんですよね。


    非常に失礼ですし、

    骨抜きをして、
    何より、
    人の心をないものとしたがる
    態度が
    非常に気に入りません。



    わかるもので勉強するようにしてください。



    <追記>2019.12.22
    「たかり」だよ


    犯罪的な絡み方をして、

    何かの情報を得ようとするのは

    たかり

    ですからねぇ。


    困っている面をしていても、

    やり方がずうずうしい

    んですよ。



    <追記2>2019.12.23
    丸暗記で「難しい学校」に行ってもねぇ


    丸暗記してテストで点を取って

    一般的に言われる「難しい学校」に入れても、

    丸暗記して底上げした分、
    そもそも「自分にとってのわからない難しい学校」ですから、
    (実際は偏差値の問題ではなく、
    自分にとって難しい学校なのが問題なんです。)

    そういうところに行っても、
    授業内容がわからなくて、
    丸暗記を続けることになり、


    いつまでたっても、
    自分のわかる足の着く学習内容に出会えませんので、

    自分の理解力、理解のスピードに合った学校に行って
    心を育てる方が大事だし、

    実際の社会で生きていく力が付くだろう

    と思います。


    わからないものに対して、
    心は動きませんので。

    丸暗記して、
    わけわからない言葉を頭に放り込んでいても、
    心は動かないでしょうから、
    心が育たないよう

    なんです。

    そもそも
    実感を持った学習が足りないのが
    丸暗記の始まりのよう

    なのですが、
    (幼稚園以前、幼稚園、小学校での生活が大事で
    人としての世界や人情の理解の根本形成期のよう
    なんです。)

    その丸暗記に費やした心の止まった時間のせいでも、
    丸暗記の人は非常にビハインド(後れを取った状態)になるもよう
    なんです。


    そもそも論として、
    わからないもので頭の中を埋めても、
    地に足の着いたちゃんとした
    日常生活や仕事生活が成り立たない
    でしょう。


    人間としての能力として無理らしいので、

    わかることで暮らすようにして、
    わかることを増やす努力を続けて
    わかることを増やす

    ようにするしかないよう

    なんです。


    積み重ね
    なんですよ。




    <追記3>2019.12.23
    先の人生につながる理解の仕方を


    子供の世界って、

    大人の浅知恵とか
    その場をお茶を濁して解決するようなやり方でも

    大人の介入によって

    とりあえずのその時の成績は上がるし、
    他の子より能力が付いたように見えて
    秀でているように見える

    ことが

    ままある

    んですよ。
    (自力で成長する力がついていないと
    伸び悩む日が来てしまうことが
    ままありますが。)

    その後の学習や実行
    (小学生だったら、中学生、
    中学生だったら、高校生
    高校生だったら、大学だったり社会に出てだったり)
    につながらない

    筋の悪い、本質的でない理屈によって

    その場限りの
    (受験までしか使えない)
    お茶を濁すような理解を促す学習

    というのは

    僕はお勧めしません。

    (丸暗記は最たるものです。)


    みんな頑張っているのに、
    そんな使えない理解に基づく学習なんて
    時間がもったいなくて
    勧められない

    です。
    (20歳ぐらいまで学習に時間を割いていますから、
    すぐに全部わかるわけがありません。
    きちんと積み上げて学習して下さい。
    全部の階段を理解しながら自分の足で登る。
    これしかないんで。)


    受験で賞味期限(利用期限)の切れてしまう学習ではなく、

    きちんと
    大学、社会人生活での利用につながる
    本質的に正しい広がった学習を
    お勧めしたい


    と思っています。


    つまり、
    僕は、

    丸暗記に対して反対しているだけでなく、

    現在の学習システムの利用法をちょっと工夫して
    実生活での活用度の高くなるような
    本質的な学習をして

    学習に使った時間を無駄にしないことをも
    お勧めしたい


    んです。
    (遊ぶ時間は大事ですよw
    勉強しないと人の言うがまま流されがちになっちゃいますので、
    意味のわかった勉強が大事なんです。)




    <追記4>2019.12.23
    数学が暗記しやすいらしいわけ
    (僕が思うにですが)


    どうも数学が暗記しやすいとそういう系の物の本に書いてあったりしますし、
    高校の時に
    数学丸暗記しまくっていたけれど、
    大学で数学の方面の発展のなかったような人

    見かけてますが、
    (数学が暗記するのに楽らしいんですよ。)

    結局、
    数学って
    実生活から離れているので、
    実生活の情報と切り離された理屈群となりがちなので、

    丸暗記に走りがちな人によくあるであろう
    現実社会での言葉の実感や
    人の話す言葉、気持ち、周りの事象に対する経験値が少なくても

    定義されていない意味のわからない言葉がなく
    言葉の種類も少ないので
    丸暗記するのが楽みたい
    (実感がわかないと解けないということがない)

    なんですよねぇ。


    あ、ちなみに、
    「数学の問題集」の解答って
    解く際の考えた筋の順序で書かれているんじゃない
    ので、

    考えを知りたい、理解したい場合には
    確かに読みにくい

    んですよ。


    たとえば、
    場合分けだって、
    その問題で重要な、支配するメインの式では
    お手当できないところで場合分けして
    違うように扱わないといけないので、

    場合分けしているだけなので、

    まず、場合分けの範囲が頭に浮かぶ訳じゃないので。


    発想だっり、
    単元で扱う考え方の勉強に注目して勉強をする方がいい

    ようんですよね。




    <追記5>2019.12.23
    わかりたい動機がなければ、
    数学を用いて
    解析的に調べやしない


    結局、
    数学も

    「何を、どうして、どんな風に、
    わかって、何の問題か本質を知りたいのか」という
    動機
    なしに

    まず、解く気になりませんし、

    問題設定にあわせたお道具も選べませんし、
    具体的な解析法(解決法、解き方、式の利用の仕方)も
    考えつきません
    ので、

    動機が大事

    なんですよ。





    <追記6>2019.12.23
    「デタラメな噂を吹いて流す」って
    何のためなのさ?


    ちょっと追記が前後してしまうのですが、

    僕に関するデタラメな噂だったり、
    他のどなたかや
    他のどなたかの作品に関するデタラメな噂を
    流して

    みんなの心や意図が
    きちんとまっすぐに伝わらない

    ようにするのも

    みんなの心や意図が
    みんなの社会の中で生きない

    ことになるので、

    非常に気にくわない

    んですよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ