FC2ブログ

記事一覧

807. 僕の記事の意味が分からない人がいるらしい

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • このサイトは
    僕のおすすめが載っているだけですので、
    「必要ないよ~」という言う人に
    無理やり食べさせようとすることはありません。

    (「ありがとう」は受け取りますが、皆さんのご自由です。)


    また、
    僕は「心の悪い人」を助けて良かったことがないので、
    積極的には
    「人に迷惑をかけて気分の悪い人」や
    「他の人が辛い思いをしているのが嫌で、自分だけでなく、みんなが笑っている状態が好きな人」
    しか、
    支援しない感じ
    なんですよね。
    (現在の社会システムでも良い人がこぼれ落ちないように、
    サポートって入ってくると思うんですよねぇ。)


    たとえ困っていると言われても、
    「人に迷惑をかけて気分の良い人」や
    「他の人が辛い思いをしているのがうれしくて、自分だけが笑っている状態が好きな人」
    の状態、
    つまり、「人に迷惑をかける方向性」の状態
    の人は
    「人に迷惑をかけない人」より
    支援の優先順位が下がりそうなんですよねぇ。
    (その悪い人を助けたら、
    その後他の人が被害にあうということでは、申し訳が立たない気がするんですが。)


    その上で書いておきますけれど。


    字面は追えても、
    結局のところ、
    読み終えても内容がちんぷんかんぷんな人がいたりするもよう
    なんですが、

    心を動かしていない人
    言葉に意味がつながっていない人
    (言葉を知っているけれど、実際を知らない人が含まれるでしょう。)
    また、いわゆる良い人の理屈が肌に合わない人

    書かれている内容の意味がわからないかも
    しれません。


    学校の勉強が正直なところ苦手で丸暗記しちゃう人
    こちらに入る可能性があります。
    わかる人に比べると、考えたり観察する力が劣っている可能性が高いので、
    本当のところは
    日常生活でも身の回りの物を全部言葉にして説明してもらわないと
    わからないものが多く、困ったりしているのかもしれません。



    基本的に
    言葉で書かれているものは
    言葉の意味が分からないと
    実際何が記され表現されているのか
    読み解けません
    ので、

    自分の心と頭を使って
    身の回りの実感できるものから体験を増やしていって
    言葉だけを知っている「知ったかさん」状態から脱出する
    必要があります。
    (僕の考える処方箋ですが。
    幼稚園時代の人間関係や身の回りの物の理解から戻ってやり直しかもしれません。
    心が動き出すと、頭も動く人がいるみたいですし。
    うんこドリルで平気な人も心が動いていないか、良い人の理屈が肌に合わない人でしょう。)


    また、僕のサイトを読んだだけで
    魔法の呪文を覚えるように
    できるようになるものではありませんから、
    生まれてからの心を使ってきた積み上げが重要じゃないか
    と思います。)

    心で分かるようにしてみてください。
    (とり入れたくない人がいつまでたっても
    僕の書いてあることができなくても、
    それはその人個人の自由意思による選択の結果ですから
    僕は個人個人の独立した意志を尊重しますので、
    特に僕は気にしません。
    無理やり押し付けたりしませんので。
    「ご自由に」です。)


    僕のサイトは
    丸暗記できない、または、丸暗記しても使えない内容なんで、
    困る人がいるんですかねぇ???
    (「ついてこれない」と言っている人がいるんですよ。
    本気か知りませんし、本当はどういう状態を望んでいるのかわかりませんが、
    もし、心でいらないと言っていたら、本当はいらない内容で
    取り繕ってみんなについてきたいだけになっちゃうでしょうしねぇ。)


    僕のサイトは
    「自分で確認して、納得してご入り用でしたら、
    どうぞ」
    という趣旨ですんでw





    <追記>2019.12.08
    そういえばですが


    どうも、
    「悪い人」でいたいらしい人は
    「あ、悪い人だ!!!」と気が付かれると、

    「悪いぜ~」みたいな開き直ったようなアピールを盛大にして
    ついでに脅したがるような人もいるもよう

    なのですが、

    あの~、

    僕たちや僕たちの社会は
    そっちの方向性を許容する感じじゃないんで、

    そっち向きの突破は非常に困難だろう

    と思うんですよねぇ。
    (ちゃんと対応しないと、
    「あれ?大丈夫じゃね?」とばかりに
    次の悪いことをするかもしれませんので、
    きちんと対応したいところです。
    ま、要するに警察さんに相談ですが。)





    <追記2>2019.12.08
    自分の身で試しちゃったら、
    やっぱりまずくない?


    「注意してくれる人」って
    「注意されている人」が、
    現実に顔面ボン(顔面でしたたかにぶつかること)して
    当たらないために、

    現実の代わりに
    先に「こういう見通しですよ」と教えてくれている
    ので、

    わざわざ自分の身で
    どーなっちゃうか
    試さなくてもいい


    と思うんですよねぇ。
    (他人の経験は「他山の石」として、
    参考にしたほうがいいですよ。)


    なんで、
    僕は基本的に
    「叱る」というより、「現実のお知らせをする」

    んですよね。
    (「こうなりそうだけど、どうする?」というロールプレイングの感じで。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ