FC2ブログ

記事一覧

797. それはやる必要のある仕事ですか?(学校の先生)

  • カテゴリ:教育
  • 学校の先生のお仕事が

    とてもブラック状態

    なんだそうなんですよ。


    その中で聞こえてくるのが、
    「授業の準備が大変で間に合わない」
    という声なんですよね。


    実は、高校生までの学習内容って

    小学校、中学校、高校と
    学習内容の範囲が決まっているがために

    丸暗記で東大に入れてしまっている人がいるぐらい

    なんですよね。

    (理解できずに丸暗記をしているとなると
    (「600. 「丸暗記」が生まれるとき」参照ください。)
    考える事のできる人が作ったレールに従って
    丸暗記をしているだけなので、
    実際にお手本のない仕事を本人に考えてさせると、
    いわゆる「東大クオリティ」となれるようなモノには到底ならない可能性が高い
    んですよねぇ。
    (「780. 丸暗記で得た学歴って使えるの?」も参照ください。)
    自分で考えて登れる場所はより低いところだから、丸暗記するんでしょうから。)



    ですから、
    高校3年間の内容であれば、3年ぐらいあれば、
    授業した内容が一周するでしょうし、
    ちょいちょい変更を加えて
    毎年リニューアルするにしても

    そんなに予習に時間がかかるのは不思議な事ではないか

    と思います。
    (集団授業の場合、集団全員の様子を把握する必要がでてきますので、
    余臭はしておいた方が良いとは思いますが。
    また、入試試験が終わった2月3月は過去問解きにお忙しいとは思います。)


    また、プリントを作らなければならないとおっしゃる方がいるようなんですが、

    市販で既に良いテキストがあるならば、
    わざわざプリントを作る必要はない

    と思います。
    すでにこの世にあるのに、自分が同レベルのモノを再開発する必要はありますか?
    研究開発は大事ですので、
    自分が勉強するならば勉強のためにすれば良いと思いますが、
    社会人となった大人が時間をかけてする仕事ではありません。


    そう思って、
    市販のテキストをながめてみて
    「足りないな。こういうテキストが欲しい」と思うのであれば、

    ぜひ、日本全体に向けて出版してください。


    本当に必要なテキストであれば、

    必ずやニーズがあり、

    学習参考書という必要とする人の数が多い分野ですから、
    (毎年100万人規模います。)
    良く売れるに違いありません。
    (ただし、できが良くないと売れません。)


    そして、
    全国の先生と
    あなたの努力と知恵の結晶を共有してください。



    また、
    プリントを自前で、自分の時間を使って作るのであれば、
    出版費として、
    追加の手当(給料)をいただくべき
    です。


    毎年ほぼ同じ内容の授業をするはずなのに
    毎年高校生の内容を時間をかけて勉強するというのは
    不思議です。


    生徒対応や自分の視野を広げるような勉強などの
    別の仕事に時間を振り分けられるように
    なさった方がよろしいのではないか
    と思うんですよね。


    家族との生活も大事です。
    (そういう人間としての経験値を上げないと
    生徒対応もちゃんとできないでしょうから。)


    時間の振り分け方を見直して
    まだブラックであれば、
    また新たに考えてみるのが良いだろう
    と思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ