FC2ブログ

記事一覧

794. 学校での性教育

  • カテゴリ:教育(小学生の保護者向け)
  • 学校教育の現場にいませんので、

    見聞きしたことや
    自分が生徒の頃に受けた性教育の一斉授業から、

    考えたいのですが。


    まず、
    740. 自分より賢い人が答えられない質問があった場合」の
    <追記>「学び残しがないようにしたい」
    ことの最たるものですんで、

    「性教育の授業」を欠席した場合に、
    必ず補講をすることをお勧めしたい

    です。
    (家庭によっては、わざわざ「性教育の授業」のある日を休ませる親がいて、
    性的なことに関して、弱者に育てたがる家があるもようなんですよねぇ。)


    心身にとって必要な教育を受けさせない
    虐待の一つと言えるでしょうから、
    この観点からも確実に対処すべき事項です。


    子供の心の発達に合わせて、
    性教育をすることが重要なのですが、

    自分の体が変化することや社会性が発達することで
    自分の心で性的なものを理解し受容できるようになるでしょうから、
    段階に合わせてのカリキュラムが必要なことは
    言うまでもありません。

    (例えば、髭が生える前の男の子は成人男性のヒゲの実態を
    何物かわからないために受け入れにくい子がいるかもしれません。
    生えちゃえば、髪の毛と同じなんですが。)


    セックス自体、
    自分で行うためには、

    心が発達して、愛情に対しての理解が深まらないと、

    セックスをちゃんと乗りこなせない
    (お互いの心が傷つかずにセックスをできるようになれない)


    ということが
    起きるのではないか
    と思います。

    相手を正しく選ぶことも、
    自分の心が傷つかないために大事
    なんです。
    正しい相手とはどういう相手でしょう?
    それが自分の心で実感としてわかってから、セックスして遅くない
    です。)


    避妊は非常に重要な手段ですから、
    リアルな凸凹のない陰茎の模型で
    コンドームの付け方を学んでおくのは
    大事だろう

    と思います。
    (本物を見てびっくりしないように、
    模型で見て、先に知っておくのは大事なんですが。
    実物はいりません。)


    また、男女別の授業になりがちのようなんですよね。

    先に、自分たちの体を知り、受け入れやすくするために、
    男女別に自分の体についてのお知らせを受けるのは
    大事だと思います。

    が、
    さらに、
    お互いの体の都合を知らないと
    相手の体を正しく思いやりにくいのではないか

    と思うので、

    男女別の授業の後に
    男女混合の授業をすることも大事だと思います。
    「隠して隠して」の方が
    現実的でない想像や妄想がはびこっちゃうんじゃないか

    と思うんですよね。)


    高校生の内容もあるようなのですが、
    高校生は義務教育機関ではないので、
    中学生で学業を終えてしまう人に伝わらない可能性がある
    んです。

    心の発達とともに学ぶべき内容なので、
    高校生の年頃の時に
    自治体で学べるような機会を作ってもらえると
    ありがたい
    です。

    「学び残しがない」のが重要なんで。


    また、
    「お助け機関についての情報」や
    「万が一、被害にあった場合の対処の仕方」も
    きちんと盛り込んで
    授業していただきたい

    です。


    ちゃんと対処するための道具をちゃんと揃えてから
    大人として送り出してほしい
    んですよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ