FC2ブログ

記事一覧

787. 「一人前」ってどういうこと?

  • カテゴリ:20歳って?
  • (注)記事のかなり下の方(<追記5>)で僕の考える条件が書いてありますが、
    個人個人でよくお考えになってみてから、
    <追記5>をお読みください。


    776. 適度にビビるほうが良さそうだけど?」で

    「1回は考えておこうよ」
    という例で

    「勇敢さ」について

    取り上げたのですが、


    「一人前」ってどういう状態か

    というのも

    考えておいた方が良さそう
    なんですよ。


    自分の目にする
    「一人前の大人」と思える人が
    参考になるといいと思うのですが、

    「俺、成長しきったぜ」と
    思っている人でも
    (「思いたい人」も含まれるかもしれません。
    「成長しきった人=一人前の大人」ではないです。)

    「俺、成長しきったぜ」と思って、
    (または、「俺、成長しきったぜ」と思いたくて)
    「もう俺勉強しない」と勉強止めた人

    でもない

    んですよ~。


    みんな
    死ぬまで成長途中ですから、
    てっぺんじゃないんですよ。

    なんで、
    「成長しきった」人になっちゃいけない
    んですよ。


    つまり、
    みんな、
    学ぶことが残っている

    んですよ。


    自分が「一人前」として
    どうしたら他の人に認められるのか

    ちょっと考えてみてくださいな。

    (「一人前になる」のは
    大事なことですよね。)



    <追記>2019.11.03
    もう一回自分で考えてみて


    そういえば、

    あなたが自分を認めてほしいと思う人


    ちゃんとしたまともな人

    ですか?



    あなたが一人前と認めたい人

    ですか?



    例えば、

    悪人の人から見たら、

    悪いことができない人は
    一生一人前とみなさない

    と思うんですよ。


    「ちゃんと
    自分を大事にしてくれて
    自分を守るように行動する人」
    または
    「ちゃんと自分を愛してくれようとする人」に

    認めてもらえるように
    頑張った方がいいだろう


    と思うんです。




    <追記2>2019.11.03
    自分で認めることも大事


    他の人とのつながりも
    大事ですが、

    自分で自分の事を認めてあげられるように

    頑張ったらいい
    と思います。


    結構
    自分に対して、
    嘘をついたり、ごまかしたりできない
    もののようですよ。




    <追記3>2019.11.03
    まともな批評でないと


    まともな人の
    (ちゃんとわかる素養を持った人でもある必要があります)
    まともな批評でないと

    真に受けて

    「改善した」と思ったら

    自分の人格を
    相手のいいように改変されて
    デザインされて

    踊らされるだけ


    なんで、

    ディスりとかも

    相手をよく見て、

    まともかどうか、
    聞き入れたほうが良いかどうか

    判断した方がいい

    ですよ。


    まあ、ある意味チープな(安っちい)詐欺なんですが、

    言葉の善悪や正誤を判断できるほど
    育っていないと

    よく引っかかる詐欺のもよう

    です。


    773. 「挑戦状」を出した覚えがないのですが」に書いたのですが、

    ディスりに
    反射的に反応するのも問題で、

    言葉がまともか

    考えてから、

    話を聞き入れた方がいいと思うんです。




    <追記4>2019.11.03
    商売を仲介したがる人もいる


    どうも

    僕の商売を仲介したがる人がいる

    んですよ。


    「記事を売りたい」とか、
    「曲を売ってやる」とか。


    僕の考えがあってやっていますから、
    (「理学博士」的な考えを使って「広め方」を決めていますからね。)

    特に仲介とかいらないんですが、

    そもそも
    そういうことを言ってくる人が

    どれだけ自力で儲けられているのか


    知りたいですね。


    話を聞いてもしょうがない
    んですよ。


    (とりあえず、直接聞くんですけれど。
    「どれくらい儲けたのか?」と。
    でないと、誤解されたままですからねぇ。
    こっちのことはわかってるでしょうから、
    聞かないとしょうがないところがある
    んです。)


    大概のケースとして
    詐欺して
    僕を利用したい人も

    不当に
    低く安く評価することで

    買い叩こうとする人が続出
    している


    んですよねぇ。

    (わからないからできるんでしょうけれど。)




    <追記5>2019.11.03
    僕の考える「一人前」とは


    色々な場面や意味合いで使われる言葉

    だろう
    と思うんですよ。


    そういう言葉の場合、
    全ての意味を考えつくせていないことが多いかもしれないので、

    充分な理解がされていない

    という現象が起こるかもしれません。


    自分でよく考えて欲しいのですが、
    とりあえず書いてみます。


    一つ。 ある役目を一人で要求されるレベルを超えてできる。
        (他の人の命令を十分にこなすことができるなど。)

    一つ。 一人で自分の命を支えることができる。
        (仕事をして、自分に必要なだけのお金を稼げるなど。)

    一つ。 集団の中で「一人の人」として
        (集団維持や集団の使命を果たすための戦力として)
         当てにしてできるだけの能力を持っている。
        (これは、集団の中で任される役目を十分に果たせることで達成できる条件でしょう。)

    一つ。 大人とみなせるぐらいの能力を持っている
        (一人前にご飯を食べるようになったなども用例に含まれます。)


    ということで、
    結構アバウトな基準での使われ方をする
    用語ではないか
    と思いますが、

    「一人前」と言われて誇らしい気持ちになったり、
    「一人前」と言われるのが大切だったりする
    のが
    わかる条件だと思います。


    そして、
    こういうことがまだできないと

    他の人から
    「半端者(一人前未満の人)」
    と言われたり、

    自分の事を
    「一人前」と
    見なせなかったりするんだろう

    と思います。


    「お互いさま」という状態でない人、
    一方的に他の人に迷惑をかけてしまう、粗相をしてしまう人は
    社会を構成する人として、
    「その人の守るべき一角を担当させられない」人
    つまり、
    信用して、社会構成の戦力として、当てにできない状態
    だったり、
    一人の人として当てにできない状態
    であるでしょうから、

    要するに、
    「半端者」でしかないんですよねぇ。

    (例えば、
    何かの理由で、爆音走行をさせられているのかもしれませんが、
    その命令者から任された任務は果たせて、
    その集団の中ではメンツが保たれるでしょうが、
    その走っている人個人が社会に一方的に迷惑をかけている状態なので、
    社会構成人員としては
    「一人前」とはみなしにくい状況に陥っていそう
    なんですよ。

    どちらさんにも、大丈夫なようにした方がいいだろう
    と思います。)


    なんで、
    「ある条件をクリアしている」人が「一人前」と言われるだけ
    なので、

    「人間として完成している」という意味合いじゃない

    んですよ。


    例えば、
    「研究者」で言えば、

    「一人で研究するための能力や技能、業界の知識を持って
    問題を自分で見つけて解決し
    論文を自分で出して発表できる」

    ようになると、

    「一人前」と言われると思いますが、

    「全知全能」となったわけでもなく、
    人間としての能力を
    例えば、教授になっても
    もっともっと伸ばすことができますので、

    たとえ、
    人間としてはできるほうになったとしても
    現実世界としては「修行、探索、探検中」ということになるだろう

    と思うんですよね。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ