FC2ブログ

記事一覧

746. 差別化に使えそうなのに

  • カテゴリ:文章術 (自己表現)
  • 僕の「文章術」では
    何を書いたら良いか自体については
    全く述べていません。

    どんな内容の文章でも良いんです。

    ただ、聞く人、読む人にとって
    初めての内容だと
    興味を引きやすいのではないか、
    伝達される文章として表現されている情報としての価値が
    よりあるのではないか

    とは思います。
    (例えば、
    個人の日記では、
    他人にとっての、他人から見た価値は関係ないでしょう。)


    事実だけを書いたら、
    把握している事実内容が同じであれば、
    基本的に全員同じ文章になります。


    そこに
    差別化の要素はありません。

    (調べ物をする力によって内容は変わるだろう
    と思いますが、
    それは
    把握している事実内容が異なるから
    です。)


    しかし、
    僕たちは心のある人間です。

    自分の把握した事実に対して
    なにがしかの感想を持ったり、
    考えを持ったりするでしょう。

    その内容は
    人によって異なると思います。

    千差万別の人間模様があると思います。

    自分の感想、考えは
    同時に一次情報でもあります。


    そして、
    みなさん、
    他の人の考え、感想にも興味がある
    ことと思います。



    どう感じ、どう思うかという
    その感受性が文章の差別化の重要な要素でもある
    んですよね。
    (そのものが目に入るかどうかも感受性なんですが)


    文章の差別化に使えるのは
    自分フィルターじゃないのかな?

    と思います。


    なんで、
    自分の感想、考え、感じた事を
    きちんと書いたほうがいいだろう
    と思いますよ。

    僕は、
    個人の持っている個性が出ると
    容易に、より個性的になりやすいんじゃないか

    と思っているんですよ。
    (実際、そういう文章の方向性でお勧めしているんですが。)


    確かに、
    偽の事実に基づいて感想を述べるのは
    あまりよろしくなく、
    「妄想事実に基づくお話し」というジャンルのお話しとするべきでしょう。
    (事実かフェイクかははっきりと区別されるべきでしょうから。)



    何に関してもですが、
    基本的に、
    「どうしろ、こうしろ」というお作法のマニュアルなく
    自分らしく道を切り開いたほうが、
    個性的になるんじゃないか

    と思いますよ。
    (「336. 「守・破・離」の前に」参照ください。)



    <追記>2019.10.02
    とりあえず
    試して書いてみて
    くださいな


    特に
    細かい理屈とか気にせず
    文章術」で書いてある
    お勧めに乗ってみて
    試して書いてみて欲しかったので、

    特に「文章術」には
    <本文>に書いてあるようなことは
    書いてなかったんです。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ