FC2ブログ

記事一覧

741. 先生の言うことだからって、すぐにわかる必要はない

  • カテゴリ:読解
  • どうやら、
    先生と名乗る人のしゃべる言葉を
    その場ですぐにわからないと

    「頭が悪いと思われる」とか
    「ついていけてなくて、自分ヤバい」とか
    「ついていけなくて、今後困っちゃうかも」とか
    思っちゃって、

    わかったふりをしようと努力する人が
    いるようなんですよ。


    色々な能力の人がいる中で、
    自分が、
    先生の設定している学習度以上の人かは
    わかりませんので、

    一般的なトークについて、
    学校の授業とは違いますから、

    学校の授業についていけないのと
    同じシチュエーションで考える必要はありません。
    (学校でも、「わかったフリ」をしなくて良いんですが。
    下に、どういう行動が予想されるか書いてあります。)

    「その場でわかる」必要はなく、
    自分のお家に持って帰って、
    よくよく考えてみる必要があるだろう


    と思います。

    それでもわからなければ、
    「メモ」に残しておけば、
    いつでも誰かに聞いたり、相談することができるでしょうし、
    自分で考えることもできます。


    物を考えたり、勉強したり、研究したり、調べたりする場所である
    大学院でも、
    当然学生には先生と話をしていて、わからないことがある
    んですよ。

    学生に持ち帰らせて
    1週間ぐらい考えたり、調べたりする時間をくれる先生が
    いい先生で、
    そうでない先生はダメな先生なんです。


    基本的に
    その場で、自分一人で、
    目の前の人が話していることに対応する必要はありません。



    なので、
    通り一遍の話を聞いて
    わかったフリをする必要はない

    んです。

    態度の表面だけわかったフリをしているのは
    まだいいんです。

    問題は、
    自分自身をだまして「わかったフリ」をしてしまおうとする人が
    いるよう

    なのが
    困るんですよ。

    わかっていないのに、
    わかったフリをするということは、

    「先生の言うことは全て正しい」と決めつけ、
    「受け入れる」ということになりますから。


    で、
    学習できたことにしたいがために、

    わからないことに対して、
    「丸暗記をして、とりあえず頭に入ったことにする」
    (はあ、一安心)
     ←(注)一安心じゃないですよ。

    という行動をしてしまうようなんですよ。
    (学校の授業でもこれは良くないんですよ。)


    ところで、
    先生がトンデモ説をしゃべっていると、
    当然、正しくない話ですから、
    誰にもわかるわけがありません。

    (聞けば、できる人から見れば、
    間違えの構造と、しゃべっている人の理解の様子は予想がつく感じですが。)


    なのに、上記の行動を反射的にしてしまうと、
    (学校時代からの、癖かもしれないんですよ。
    ただね、学校では大抵は間違えてないことを先生はしゃべっていて、
    そういう保証があると思っているじゃないですか。
    しかし、一般的なトークには、そのような保証はありません。
    このサイトだって、「自分でよく考えて心で感じて、正しいとわかったら、頭に入れてほしい」サイトなんです。)

    トンデモ説でも、
    「自分にわからないことだから」という理由だけで
    頭に受け入れることになって、

    頓珍漢な頭の中身の人への第一歩を踏み出すことになります。



    くれぐれも
    1人で、その場だけで対応するようなことはしないように
    してください。


    この条件は、
    詐欺にひっかかりやすい条件で、

    詐欺師はこういう状態に追い込みたがるよう
    なんですよね。
    (頭のいい人にとっても、1人だけの条件は良くないんですよ。
    詐欺師は人間力で対応すべき事項です。)



    <修正>2019.09.20
    「わかる」んじゃなくて
    「予想がつく」でした。


    確認を取らずに、
    他人さんの頭の中身を決めつけてはいけませんので、

    <本文>を

    先生がトンデモ説をしゃべっていると、
    当然、正しくない話ですから、
    誰にもわかるわけがありません。

    (聞けば、できる人から見れば、
    間違えの構造と、しゃべっている人の理解の様子は予想がつく感じですが。)



    「わかります」をやめて、
    「予想がつく感じです」
    としました。




    <追記>2019.09.20
    話す人に「素直」なほど
    だまされやすそうに
    見えるらしい


    先生と呼ばれる人などの
    話し手に素直、
    悪く言えば、従順である

    と、

    「先生の言うことだから」と
    話す内容を正しいものとして
    受け入れ易いんだろう

    と思うんですよ。


    逆に言えば、
    「自分に疑いを持っていない」
    「自分に対して素直(つけ込む言い方をすれば、従順、逆らわない)」
    「自分の言うことに疑問を持たない」
    人だ(だます人にとって、ここは、ほぼ断定でしょうねぇ。)
    と思われると、

    騙すデタラメトークをしたり、
    詐欺をしたりするんでしょうね。
    (他に選択肢がない人だと思われても、
    その状態を悪用してつけ込む人がいるようです。)

    怪しい疑わしい行動をしたり、
    怪しい話をしても
    また来るリピーターさんは
    上記の条件を満たした人である

    と足元を見たいようです。

    「なぜ再度来ているのか」の一人一人の実際の理由は
    騙す人にとって都合のよい物とは限らない
    はずなんですが、
    騙すときは、思いが至ってないようなんじゃないですかね?)

    そういう条件を確認して詐欺をしたがる人もいるみたいですね。





    <修正2>2019.09.21
    <追記>に
    「怪しい疑わしい行動をしたり、」を
    付けました


    <追記>で

    「怪しい疑わしい行動をしたり、
    怪しい話をしても
    また来るリピーターさんは
    上記の条件を満たした人である

    と足元を見たいようです。」



    「怪しい疑わしい行動をしたり、」
    を付けて

    より汎用性のあるお話にしました。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ