FC2ブログ

記事一覧

737. 裏切り者を雇うのは、なぜ?

  • カテゴリ:仕事
  • 会社やお店にとって

    都合の悪い、
    得にならない、というか、損になる
    ような行動をする

    社員や店員さんを
    しばしば見かけるんですよ。

    例えば、
    どう見ても店の損になる行動をする店員の例としてあるのが、

    うんこドリル関連の商品を店の片隅に置いてみる店員とか、
    手にした商品の名前をレジで声に出して言う店員とか
    (つきまとう人が多くいて、迷惑なんですよ。
    とにかく気持ち悪いんですよねぇ。)
    欲しい商品がなくて買わずに帰ろうとすると、「買っていかない」という店員とか
    (「おたくの店が、商品をそろえていないのが悪いんじゃないですか。
    こっちはご足労と手間かけて来ているのに」と言える状況なんですがね。)


    いるようなんですよねぇ。
    (そういうことをしたら、嫌がられるってことすら、わからない人なんですかね?)

    とにかく
    お店から見たら、
    裏切り行為ですよね。

    なんで雇っているんですかねぇ?

    明らかに
    「店の体力が削れる→倒産しやすくなる」
    じゃない。

    店長さんや社長さんが、
    鈍いんですかね?
    (そういう店や会社は、
    これが原因でなくても、
    遅かれ早かれ、
    何らかの原因でつぶれちゃいそうですけれど。)


    それとも、
    単に人気のある職種じゃなくて、

    給料をくれる人を裏切って、
    店の迷惑になる別の商売をするような
    人間性の人を

    雇わないとならないんですかねぇ。
    (大変ですねぇ。)


    いやぁ、
    老舗が続くのって
    簡単じゃないんだな

    って思います。




    <追記>2019.09.15
    一概には言えないけれど


    マニュアルがしっかりしているとか、
    商品管理システムが本店集中管理だったりする場合、
    結局、
    知恵が本店の一部の社員さんにしかなかったりする
    んですよ。

    店長さんとはいえ、
    自分で起業できるほどの知恵があるわけではなかったりしても、
    お店を持てるのかもしれないのではないか
    と思えるんですよ。
    (ちゃんと自前の商店をできる人が店長さんの場合もありますが。)

    で、店員をさばき切れていないのかも
    しれないですが。
    (問題発生時に、どう対処できるかで、
    人間の器や性質、能力が問われるんですよねぇ。)


    システムをしっかりすることで、
    誰でもできる仕事になっているシステムの会社やお店の場合でも

    店員さんのモラルの教育費や研修費は
    ちゃんと出して
    教育してから
    現場に出して
    欲しい

    です。

    (教育が行き届いていないと、
    わからない人が多くなっちゃうかもしれないんですよ。
    僕たちの社会の隙になってそうなんですよね。)





    <追記2>2019.09.15
    人の不幸を願う店員や社員は
    雇えないでしょうねぇ


    基本的に
    仕事や商売って、
    「お金」と「何か」の交換じゃないですか。

    「何か」って
    結局
    それを必要としている人にとって
    大事で必要なモノ(価値)

    なんですよ。

    それを
    自分が仲介して渡したり、

    または、
    自分が生産して渡したりする
    んですから、

    商売って、
    本当は
    相手の不幸を願うような種類の行動じゃない

    んですよ。


    なんで、

    人の不幸を願う人って
    顧客を傷つけかねないので、
    信用できないんで、
    雇えない


    んです。



    実は、この件については
    さらに、奥(次の段階)がありまして、

    相手の必要としているモノを、
    自分が仲介したり、生産するということで、
    自分が牛耳ることのできる場であると勘違いして、
    顧客を意のままに加害できるチャンスができた

    と思う人間がいるんです。
    (要するに、相手の必要なモノをダウングレードさせたり、傷つけたり、渡さなければ、
    その人を容易く加害できるってことなんですよね。)


    あ、嫉妬だらけの人も雇うのは無理でしょうねぇ。
    だって、
    自分よりできたり、自分より良い物を持っていると思うと、
    他の人の不幸願うじゃないですか。
    (こういう人を先生にしない方が良いですよ。)

    ちなみに、
    他の人に対してそういう不幸を願う行動の見受けられる人と
    付き合うと、
    結局、
    付き合う相手の足もひっぱられる
    に違いありません。



    なんで、

    商売は、信用が第一

    です。
    人付き合いはすべからく信用が第一ですが。)


    この件に関して考えると、
    この絶対的な基本条件をクリアできないお店が多いなあ
    という反面教師でもあるんだろう
    と思うんですよね。




    <追記3>2019.09.15
    「自分の仕事は誰でもできる仕事かも」
    と思っている人が
    いるかもしれません


    お店や会社にとっては
    お客さんと直接接する
    大事なお店や会社の窓口になる人だったり、
    いないと困っちゃう人かも
    しれません。

    とりあえず、今の仕事を大事にして
    失わないように
    大事に勤めた方が良いんじゃないか
    と思います。

    きちんとできるようにして、
    だんだんと
    「上の立場の人だったらどうするか」とか
    「自分のお店だったらどうしたらいいか(お客さんに喜んでもらって、儲けられるか)」とか
    考えるようにしてみたらいいんじゃないかな
    と思います。

    と同時に、
    自分の能力の向上も同時に進めて欲しい
    です。

    卒業していても学校の復習でも良いですし、
    (学び残しはできるだけないほうがいいんですよ。)
    好きなモノを習いに行ってみたり、
    勉強してもいいんじゃないか
    と思います。

    しかし、
    お客さんの幸福を願うことのできる店員さんでいられるだけで、
    そうでない人と差別化できるよう

    ですよ。
    (つまり、悪い人よりも、確実に、良い店員さんになれるということです。
    給料が上がらないかもしれませんが、
    クビになる人リストには入らないだろう
    と思います。
    「良いお店や会社であれば」ですが。)




    <追記4>2019.09.15
    お客にとって気分の悪い店員を
    使い続ける態度


    品物のそろえが良いだけで、
    店員のモラル教育をしない会社やお店
    というのは

    品物が良いとか、
    値段が安ければ、
    どんなひどい態度で売ってもも
    客は買うだろう

    という態度が見え隠れしてるんじゃないか
    と思うんですが。


    また、

    利便性や開店時間などで差別化をしたり、
    地域にそれに関するお店が1つしかない
    などで
    客がその店で買わざるを得ない場合、

    どんなひどい態度で売っても
    客は買うだろう

    という態度の店になるんですかね?


    そんな汚いの要らないんですが~。
    きれいなお店で気分良く買いたいですw
    (良い人が近くにお店作ってくれませんかねぇ。
    出店チャンスですよ。)





    <追記5>2019.09.15
    お客は店に入った獲物じゃない


    そうそう、
    たまに見かける店員に

    「買わないと文句を言う店員」だけでなく、
    「安い物しか買わないと文句を言う店員」がいたりするんですよ。

    ものすごく素人な対応だと思うんですが、

    それ以上に、

    お店に足を踏み入れた人を
    自分の領分に入ってきた
    金を落とす獲物のように思っている
    ように感じる

    のが気持ち悪いですね。



    100円の商品でお客を呼んでおきながら、
    高い商品を買わないと、
    店に対する搾取だ

    と勘違いしている人がいるもよう
    なのですが、

    100円でも商売が成り立つようになっているから、
    商品として出しているんじゃないですか
    ねぇ。

    なんで、
    欲しくないものまで買わないといけない
    んでしょうか?

    本屋さんなのに
    店に入っただけで、入店料としてチャージを取られる
    ということでしょうか?

    それとも、
    店の人の機嫌をヨイショするために、
    金を払わないといけないんでしょうかね?

    誰も、店に行きたがらない店になっちゃいますよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ