FC2ブログ

記事一覧

735. ファニーステップ民間療法 2 チョッパヤ歯ブラシ

  • カテゴリ:お役立ちTips
  • 歯を磨くのって大変ですよねぇ。

    磨かないと、
    汚いですし、
    口臭が出ちゃっても迷惑ですし。

    そして、歯周病も怖いですね。
    糖尿病を悪化させたり、
    悪いことをすることが多いよう
    ですよ。

    しかし、
    歯ブラシに1回10分、合計毎日30分費やすのも
    大変です。

    日常のルーチンは手早く的確、確実に

    が大事だと思う
    のですよ。

    一応、
    歯医者さんで「良く磨けてますね~」と言われたので、

    僕の民間療法として紹介したいと思います~。
    (あくまで、民間療法としてですので、
    効果のほどはご自身で責任をもって確認してください。)

    まずは、
    毛先の細い歯ブラシ(硬めでない物)
    ご用意ください。

    この歯ブラシを、
    歯の根元、歯茎の上の部分の歯との境目にある
    歯周ポケットに入る感じで、

    (無理に歯周ポケットに入れないでください。
    また、健康な歯茎であっても、浅い歯周ポケットはあります。)
    斜めに歯と歯茎の境目を
    めがけてこする


    んです。

    こんな風にです。





    歯磨きで重要なのは
    時間ではありません。

    歯みがきは
    歯垢を落とすために行う行動です。

    歯垢は非常に柔らかいですので、
    歯ブラシの毛先が当たりさえすれば、

    力をあまり加えずとも落ちるもの
    です。



    ですから、

    まず、
    歯ブラシを歯の根元に沿って、
    小刻みにゴシゴシとこすれば、
    歯周ポケットあたりをきれいにできる

    と思います。
    (同時に、歯茎のマッサージもできます。)

    ついでに歯の根元に意識を集中していたとしても、
    同時に歯の横腹にも歯ブラシが当たりますので、
    大体の歯についた歯垢の汚れは落ちると思います。

    軽く歯の横を小刻みにこすって、
    奥歯の奥側
    上下の前歯の裏をこすって、
    歯の上の部分をこすれば

    ツルツルの歯になると思います。
    (ツルツルでない部分は歯垢が残っているので、
    歯ブラシでこすってください。)



    歯と歯の間は、
    入れるのが精いっぱいの太めのフロスではなく、

    細いフロスで歯の形に沿って
    歯の間で動かしながらこする
    ほうが
    (例えば、根元の丸みの形などに添わせる)

    良く取れるんじゃないか
    と思います。



    「小刻みに手を素早く動かす」といいと思います。

    こすった回数とこすれた場所が大事
    で、
    時間ではありません。



    良かったら、試してみてくださいな~。
    (歯医者さんにもご相談ください。)



    あ、ちなみに、
    歯垢って少ない状態で
    キープできる方がいいんです。

    磨き残した歯垢が少なければ少ない程、
    細菌の繁殖する数が減りますから
    いい
    と思うんですよね。
    (最初にいた細菌の数が倍々で増えていく感じなんで。)



    <修正>2019.09.14
    「最近」ではなく、「細菌」です。


    最後の一文の漢字変換が違ってました。
    修正します。




    <追記>2020.03.10
    気づいたことの追加です


    記事をあげて半年がたったのですが、
    記事をあげて以降に気が付いたことを

    3点追加したい

    と思います。
    (半年の観察期間があるのですが。)


    1.
    どうも、
    歯ブラシは
    「やわらかめ」

    のほうが

    よりスムーズに歯垢が落とせる感じ

    です。


    2.
    また、
    「やわらかめ」でも
    歯茎のマッサージは十分できるよう
    です。
    (きれいに当たる分、
    こちらの方がマッサージできているかもしれない
    気がします。)


    3.
    それから、
    歯ブラシが当たらないと、
    歯垢は取れませんので、

    右と左にブラシを持ち変える部分

    左右の前歯の端辺りが

    歯ブラシが当たらない盲点となりがちかも

    しれません。
    (僕の癖かもしれませんが。)


    以上です~。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ