FC2ブログ

記事一覧

733. 何のために文章を書きたいか

  • カテゴリ:文章術 (自己表現)
  • 「お金を目的とした文章」
    って何でしょう?

    この目的、目標設定では、

    具体的に
    書きたい内容が決まっていません
    よね。



    では、
    どうして、本を買うんでしょう?

    支払ったお金で縛られるためでしょうか?

    違いますよね。

    必要な情報が得るためだったり、
    小説などの楽しい時間を過ごすためだったり、
    他の人の考えを学ぶためかもしれません。
    エッセイという他の人の考えを楽しむためのジャンルもあります。


    ちゃんとお金と絡まない行動目的があって、
    文章を読むんだろうと思いますが、

    書くのも、
    別にお金を目的としなくてもいい
    んですよね。


    僕の「文章術」は
    「必ず相手に最後まで読んでもらうための文章術です。
    自分らしいわかりやすい文章とは何か、を会得する一助になると思います。」
    という宣伝をトップページに書いてあるように、

    お金を得ることを第一目的とはしていません。


    自分の脳内イメージをできる限りきちんと相手に伝える

    のが第一
    で、

    「内容次第」の内容自体は
    「最初は自分の脳内にしかない」から


    なんです。
    (最後まで読んでもらえないと、
    自分の言いたいことがきちんと伝わらないので、
    最後まで読んでもらわないといかん
    のですよ。)

    自分の脳内を育てることで、
    出てくる文章自体の質は変わる

    と思います。
    自分らしい自分ならではのアイデア、ネタ、材料の作り方
    書いてあるんですが。
    他の人の文章との差別化に有利ですし、
    個人個人の感じ方って人それぞれですから、
    自分の気持ちをきちんと書くと
    内容が自然とばらけるだろう

    と思いますよ。)



    自分の考えていること、感じていることなどの脳内イメージを
    きちんと文章の形で書けるようになる
    訓練をするということは、


    学校の作文で役に立つばかりではなく、

    様々な採用、入試の作文の場面で、
    きちんと自分の人間性をアピールできるようになる訓練ができる
    でしょうし、

    仕事などの上でも
    さまざまな報告書を書いて、
    きちんと自分の実績をアピールしたり、
    自分の気がついたプロジェクトの問題点を伝えられるようになる
    でしょう。

    これらは自分を守る方向に繋がるだろう
    と思います。
    (きちんとできることで、他の人から信用も得られると思います。
    うんこドリルなんてやって、頭の中の道理を破壊している場合じゃないんですよ。)


    また、
    自分自身の気持ちに言葉のラベルをつけることで
    自分の気持ちを把握しやすくなるだろう
    と思いますから、

    自分の気持ちや興味のあることについて書くことによって、

    自分が何にどんな風に興味を持って、

    どんな風に感じたかを
    明確にすることができるようになるだろう

    し、

    自分がどんな人かわかるようになるだろう

    と思います。


    「お金のため」を第一の目的にする必要はないですし、
    報酬として気にする必要はない

    んです。
    (ただ、「家で文章を書いてブログにすれば、暮らせるんジャン」という勘違いの人がいるようなので、
    「暮らせる」が関係すると商業出版ということになりますから、
    前の記事のような記事になっただけです。)



    必ずしも発表しなければならないということもありませんし、

    もし、
    書いたモノが他の人も興味を持つだろう
    という判断になったら、
    発表したり、本の形にしたりして、
    お裾分けをすれば良いんです。

    (ブログで書きためたモノが本になる場合は、
    みんなの反響を見て、本にする投資をしても大丈夫という判断ができた
    ということです。
    あくまでマーケティングしてからなんですよね。)


    もし、商業出版に興味があるならば、
    ちゃんと、実力が付いてから、
    商業出版を考えれば良いだけ
    で、
    実力が付くための訓練法、気をつけるポイントを
    文章術」で
    書いたつもり
    なんですよねぇ。
    内容から作っていった方が、楽にクオリティのあるモノができるだろうと思いますよ。)

    726. 「ファニーステップ」には様々なジャンルの文章があるんですよ」で書いたように、
    色々なタイプの文章に対応できるはずの
    文章術」だろう
    と思うんですよねぇ。
    (書く内容が違うだけですからねぇ。)


    そうそう。

    たまにいるんですよね。
    実力がないのに仕事を引き受けたり、
    ポジションに着いちゃったりして、
    他の人を喰ったり、チートしないと
    生きていけない人が。

    今の自分の実力なりの仕事を
    引き受ければ良いだけ
    なんですよ。

    じっくりと実力を付けてから、
    商業出版に挑戦してください。
    「ネタなし」とか「ネタが尽きた」という状態は
    非常に恐いですよ~w

    生活がかかっている場合は特に。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ