FC2ブログ

記事一覧

705. 選択肢と自由

  • カテゴリ:自由と独立


  • というパワーステッカーを前に出したのですが、

    選択肢を知ることによって
    その人の行動の自由度は上がります。


    誰かから聞いても良いですし、
    自分で見付けても良いのですが、
    それまで自分の知らなかった選択肢があることを知って、
    選んでそのように行動するかどうかは

    本人の心や性質次第じゃないですかね?

    行動の自由度が増えれば、
    本人の本当の性質が
    本人の行動で表現されます。


    選択肢を知らない時代にはしなかった
    (たとえば、悪いことをしない良い子だった)
    と言われても、
    本人の性質が
    充分に発揮されて、表現される条件では
    なかっただけかも

    しれないんですよねぇ。

    それまでそういうことをしていなくても、
    情報に触れることができたり、
    伝手(つて)ができたらやるということは
    そういう事じゃないかと思うんですが。

    様々な選択肢を知った上で、
    きちんと自分の心にあった行動をしたい

    ものです。
    (「お金を持ったら、性格が変わった」というのも、
    それが本人の本当の性格なのかもしれません。)

    僕は、
    僕にとってご飯がまずいと感じるようなことはしません。

    (人を喰っても、味覚を感じる脳が麻痺して鈍磨して、
    つまり、要するに心が麻痺して、
    おいしく感じるのが鈍くなりそうな気がしているんですが。
    どうでしょう?)

    どんな選択肢にせよ、(良い選択肢も悪い選択肢も含みます)
    やる人がいるのであれば、
    確かに、やる人が現実にいるのでしょうし、
    表立って目立って言われていなくても、
    やらない人はやらない
    のでしょう。
    選択肢を与えられてやる人は、
    やっぱり始めから「やる性質の人」なんだろうと思う
    んですよねぇ。)

    基本的に
    「人に迷惑をかけて気分の悪い人」は確かにいるし、
    「人に迷惑をかけて気分の良い人」もいるのかもしれない
    と思っていますが。
    (僕の考えについては「220. 人の区別」も参照ください。
    無条件に「心のママに楽しみましょう!!」と書いちゃって良いかの問題でもあるんですよねぇ。
    まずい人もいるかもしれませんので。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ