FC2ブログ

記事一覧

699. みんな納得の裁定(話のおとしどころ)って?

  • カテゴリ:読解
  • みなさん、様々な物事を見聞きしたり、
    トラブルを目(ま)の当たりにすることがあると思います。

    で、
    自分の頭で、
    「誰が良い」か「悪い」かなど判断する

    のですが、
    この行動自体は非常に大事ですよねw)

    その時には
    間違えた結論を出さないように
    事実を洗って、
    行動をした人の気持ちや背景も聞いて、
    確かめてから、


    妥当そうな公平な判断に基づいて
    「この人は良いが、この人が悪い」などと
    話の落としどころを見付けて、
    問題に決着をつける

    んですよね。

    それが、公平でまともだと
    「ああ、お友達やれそうだなぁ」
    と思ったりするじゃないですか。
    で、反対に偏っていたり、おかしかったりすると、
    「話もできないかな。付き合いをやめよう」
    と思ったりするんですよね。

    で、
    相手を良いか悪いか、
    自分の見た相手の行動が良いか悪いかを
    判断するのに、

    518. 「歴史上の物品などに関する解釈」に関する一考察」や
    529. 「現代の人」なら「考えていること」が他人でもわかるのか」であるように、
    自分の判断力や人間力が相手より劣っていたり、
    人生経験や世間
    (自分がこうだと思っている、自分が知っていると思っている世界の姿)
    発想力、想像できる物事の範囲が狭かったりすると、
    失敗します。


    ですから、
    人間だったら、
    誰でも正しく他人を判断できる
    というものではありません。

    (映画の評論に評論する人の人生が出るのと同じなんですよねぇ。)

    自分がちゃんと判断力があると思えるなら、
    正しそうな判断をしていると思えてしまうのが
    誰しもの真実かもしれませんが、

    判断力がなさそうな人でも
    自分は正しい判断をしている、正しい判断をできる
    と思い込んでいるよう

    なんですよね。
    思い込む以前に、それ以外の考え方をしたことがなく、
    そういう自分を振り返る発想自体がないようで、
    そもそも、自分の判断力を疑ってみたことが
    一度もなさそうな人もいるかも

    しれません。
    (自分の判断力を信じられないというのは非常に恐ろしい話なのですが、
    危ぶまれる人がいるような気がするんですよね。)

    正しい判断ができていないがために、
    また、
    考える力が弱いために、
    自分が正しいと思ってやった行動が
    一方的な加害になってしまう
    ことがあります。
    非常に注意すべき事だと思います。
    (みんな、普段は優しくても、怒ると恐いんですよ。)

    一方的な加害の場合、
    非常に立場が悪くなりますので、
    お気を付けください。

    自分に正しい判断力がなさそうかどうか
    は、
    自分がすでにやって来た行動でわかるはず
    で、
    ・おかしな騙され話に騙されていないか
    (まともな判断力の人ならひっかからない、
    ボロ網的なの騙し話かもしれません。)
    ・自分の身を削らせるような、
     おかしな団体さんに参加しているのに
     疑問を抱いていないか

    (搾取しつづけたり、騙し続けるのに有利な人物像になっているでしょう。
    どうやら、普通の人は参加せずとも一生を暮らせるモノのようです。)
    ・いつも自分の好きにすると他の人から不興を買ってしまう
    (他の人のことがちゃんと大事にできてないのかもしれません。)
    ・自分に都合の良い現実であるかのように自己暗示を掛けて、
     現実を見ないようにしている

    (それでは、いつまで経っても、現実の勉強ができませんので、
    心の勉強もできません。)
    などの
    自分の行動を振り返る方向性のチェック項目で
    自分がどういう人か振り返り、
    注意できるのではないか

    と思います。
    (これらの4つで全てではないですし、
    騙されていても、喜んでいたりする人もいますので、
    気がつかないかもしれませんが。
    そういう場合、誇っていたりもするので、驚きますが、やめた方が良いと思います。)

    このように
    自分の頭で考える力が弱いと、
    あまり有利ではないのではないかと思いますが、
    とりあえず、
    次の行動に移る前に、
    よく考えてから行動に移した方が良いだろう

    と思います。
    (「とりあえず」のお薦めも、1行になりがちですよね。
    でも、それ以上受け取れないかもしれないのですが。)

    また、
    判断力の弱い、考える力の弱い人は
    「煽り文句」にどうも弱そう

    ですが、
    自分の周りをよく見て、
    きちんと筋道を立てて考える習慣を付けることを
    お薦めしたい

    と思います。
    最初は間違えが多いかもしれません。
    が、
    誰でも間違える可能性はあるので、
    自分の発想通りに決めつけずに
    相手のことを知ろうとする態度
    の方が大事かも

    しれません。
    (絶対間違えない人はいないので、
    結局は程度問題ではあるのですが、
    その程度が低すぎると、
    暮らすのに支障が出ちゃうかもしれないんですよね。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ