FC2ブログ

記事一覧

690. 勘違いしちゃう人

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • どうも、そういう人がいる畏れがあるのですよ。

    どういう人かというと、
    本人は成人として生活していくのに必要な
    判断力が欠けていたり、
    勉強ができていなかったり、
    価値判断が他の人とずれていてまともに判断できなかったりして
    既に誰かに騙されていそうな人なんですが、
    (騙されていることに本人が気づいているぐらいなら、
    今現在も同じ人、同じ団体に騙され続けてはいないでしょう。)
    そういう判断力で「つけ込める」と正しく判断したつもりになって、
    この条件なら他の人に犯罪をやっても大丈夫だと思ったり、
    騙せそうだと判断して
    実際に犯罪をやってしまう人なんですよねぇ。

    他の人を騙したり、
    犯罪すれば
    生きていけると思っているようですが、
    そもそもまともに現状を判断できる人であれば、
    騙されないような話に騙されていそうなんですよ。

    大丈夫ですかねぇ。

    正しく判断できて、他の人に迷惑をかけず嫌がられてない人ならば、(修正の箇所です。)
    その人自身も騙されてなさそうなんですよね。

    自分の判断力の実力が
    ボロ網ぐらいの騙し話に騙されちゃう程度ぐらいかもしれないのに、
    自分の判断力に自信を持って
    「OK。大丈夫」とか判断して、
    正しいことをやれるならともかく、
    詐欺話を作れるとか思えちゃうとかって、
    大丈夫なんですかねぇ。
    (ボロ網にかかるぐらいじゃないと、騙し続けられないでしょうからねぇ。)

    自分を振り返って、
    お気を付けください。
    そして、ちゃんとした判断力を育ててください。



    <修正>2019.07.15
    一文直しました


    正しく判断できて、他の人に迷惑をかけず嫌がられてない人ならば、
    その人自身も騙されてなさそうなんですよね。

    と赤字のように直し、
    <本文>の該当行に(修正の箇所です。)と付けました。




    <追記>2019.07.15
    勉強をしていないと
    つけ込まれやすいらしい


    現代って、みんなが頑張って知を増やすことで、
    意のままになる状態(病気に打ち克つなど)を増やそうとしていますから、
    学校が終わった後も勉強はいるんですよね。

    大学までの勉強は
    「考える力をつける」ためにある

    ので、
    「わかっていないのに丸暗記でチート逃げ」
    すると
    考える力がつきにくい

    ですし、
    (丸暗記して、判断力の伴わない学歴だけを自分に付けるぐらいなら、
    ちゃんと実際に使える技術を
    ゆっくりと自分のペースで理解しながら身につけた方が稼げると思うんですが、
    どうなんでしょう。
    無意味に大学に行く4年間分、
    技術や経験を付ける方に回した方が良いかもしれない場合があると思うんですよ。)
    各商売分野での実知識や経験は
    それに加えて勉強しないといけないでしょう。
    (専門的な技術を学ぶ場にも行かないといけないということですし、
    学校を出たからといって、現場を知っている訳ではないということになります。)

    また、どなたかの元で勤めるにせよ、社長さんをやるにせよ、
    対人関係ができないと
    信用されませんし、
    みんなが納得する条件でお金をいただけませんから、
    即、お金に困りがちになりやすいんですよねぇ。
    (つぶれてしまう会社が多かったり、継続しにくいというのは
    そうそう簡単に身につく対人スキルではないことの
    現れかもしれません。)

    で、
    自分の頭で考えても、何がいけないのか、わからないものだから、(追加の行です。)
    「チート&アンチョコ」攻略法に逃げて、
    他人の言葉のまま、
    自分の頭で判断することなく動いて
    ドボン
    になったりする人がいるもよう
    なんですよ。

    一人一人に平等に
    自分の頭で考え
    自分の行動に責任を持つ権利が
    ある

    のですが、
    ちゃんと安全に正しく行使できるようになるには
    教育が必要なよう

    です。
    (善良だけれども、
    「大人になったよね」と放置されると
    困りがちの方々もいるかもしれないので、
    なんとかして
    そういう方たちが安全に学び、商売に生かせる場が欲しい
    と思います。)




    <修正2>2019.07.15
    <追記>で
    「自分の頭で考えても、何がいけないのか、わからないものだから、」と
    1行付け加えました


    <追記>で
    で、
    自分の頭で考えても、何がいけないのか、わからないものだから、(追加の行です。)
    「チート&アンチョコ」攻略法に逃げて、
    他人の言葉のまま、
    自分の頭で判断することなく動いて
    ドボン
    になったりする人がいるもよう
    なんですよ。

    と1行増やしました。
    お手間をかけてしまって済みません。




    <追記2>2019.07.15
    「他の人の意のままに動く」と
    困ることになりがちのよう


    <追記>で
    どうも他の人に認めてもらえないようなことをしてしまったり、
    世間を良く理解できていなかったりして、
    本人が困る状況になって、
    自分の頭で考えても、何がいけないのか、わからないものだから、
    「チート&アンチョコ」攻略法に逃げて、
    自分の頭で考えられないから、
    「どういう行動を自分に許可するのか」という
    最後の関門も機能せず
    実際に行動してしまって
    「ドボン」となる
    と書いたのです。

    そして、
    重要なことは、
    きちんと学習をしてしまって
    「ドボン」のプールから脱出してしまうと
    「チート&アンチョコ」攻略法の利用者が減ってしまいますから、
    重要な事項を除いたり、間違えたことを教えたりして、
    おかしな情報を渡すことで、
    その人がまた不適切な行動をするように誘導して、
    やっぱり「ドボン」して
    本人が生活するのに不利な状況になり、
    「ドボン」のプールから出られないようにできちゃう場合も
    考えられますよね。

    「チート&アンチョコ」攻略法の妥当性や正しさをわかって使うならまだしも、
    わからないから、
    めちゃくちゃにおかしい感じの
    「チート&アンチョコ」攻略法を渡されたとしても
    やっぱり本人は気がつかず、わからなくて
    困った事態は変わらないまま

    になりそうなんですよ。
    (根本解決しないと、脱出できない感じですよね。
    適切な勉強をすれば良いだけなら、脱出できる可能性がありそうですが、
    性格的にその1点の根本解決ができないがために、
    「ドボン」的になっている場合があって、
    困ったままな場合もあるようなんですよ。)




    <追記3>2019.07.15
    丸暗記は危ないかも


    <追記2>で書いたのですが、

    「チート&アンチョコ」攻略法の妥当性や正しさをわかって使うならまだしも、

    なんですよ。

    つまり、
    わからないのに
    とりあえずの気分で呪文を使うから、
    操られたり騙されたりして、
    結局自分に不利な状況に追い込まれてがちに
    なりやすいだろう

    と思うんです。

    600. 「丸暗記」が生まれるとき」で書いたように、
    わからないので、
    何が良くて何が悪いか、
    本当に正しいのか、
    妥当なのか判断せずに
    頭に入れる(丸暗記する)状況と
    全く同じ状況

    なんですよ。
    (「丸暗記ってしちゃいけないの?」参照ください。)

    ちゃんと
    考える力や
    判断するための材料(知識や経験など)を
    身につけるようにするべき

    ではないかと思います。
    但し、
    考える力があっても
    考えるための材料は必要です。


    全てを知っている人はいませんから、
    一応程度問題にはなるのですが、
    日常生活や対人関係の和を判断するための考える材料すら
    量が足りない人もいるみたいなんですよ。
    所謂「世間知らず」の状態ですが、
    若者だけじゃないようなんですよね。

    年を取れば、
    勝手に体は老いますが、
    勝手に心や頭が育つとは限らないよう

    なんですよ。
    自分の心や頭が育つように
    心をかけて暮らさないと
    いけないみたい

    です。





    <追記4>2019.07.16
    丸暗記は危ないかも パート2


    ちゃんと
    考える力や
    判断するための材料(知識や経験など)を
    身につけるようにするべき

    ではないかと思います。

    と<追記3>で書いたのですよ。

    僕は、
    考える力(頭と心の力)

    判断するための材料(知識や経験など)
    があって初めて、
    正しく判断ができるだろう
    と思うのです。

    丸暗記の人は

    考えてわからないから、丸暗記という行動をするでしょうから
    考える力が足りないのは元よりですが、

    判断するための材料(知識や経験など)があるかというと、
    考えてわからないから、丸暗記という行動をしたのででしょうから

    正しく頭に知識がインストールされているかというと
    知識の周辺事情がわからないので、
    どう使えばよいのか、どういう性質のモノかわからないでしょうから
    役に立ちにくいので戦力にならず、
    (要するに、使える知識の状態にはなっていない)

    丸暗記の人は
    他の人に言葉にしてもらわないとわからない人が多いようなので、

    自分の目で見たり耳で聞いた経験すら
    自分の頭で咀嚼できなくて
    経験の取りこぼしが多いでしょうから、
    経験も乏しい傾向になるでしょう
    (他の人の心の動きも、取りこぼす感じですよね。)

    と思うんですよね。

    やっぱり、
    非常に不利になりそう
    なんですよねぇ。




    <追記5>2019.07.16
    では 
    どこから
    やり直すべきか


    <追記4>で書いた通り、
    丸暗記の人は
    「わからないから、丸暗記し続けてきた」過去があるため、
    現在理解しなくてはならないことを
    理解できるだけの力が備わっておらず
    (考える力、材料共に)
    年が過ぎるにつれて増えていく難しさに対して、
    丸暗記という「チートアンチョコ」攻略法による
    高いジャンプをどんどん益々していかなければ
    ならなくなっているよう
    なんですよ。

    じゃ、どこに戻るかというと、
    「自分がちゃんとわかっているところまで」
    戻るしかありません。


    そこから、
    一つ一つ、一口一口、一歩一歩

    自分の心と頭を使って
    理解していくしかない
    んですよねぇ。

    幼稚園の辺りで、わかっていないことがあるかもしれませんし、
    (他の人に、他の人の情動を言葉にして説明してもらわないとわからない人は
    この辺からかもしれません。)
    小学生の学習を低学年から丁寧にやり直した方が良い人もいるかもしれません。
    (子供のころの勉強をバカにしちゃいけませんよ。)

    なんで、「うんこドリル」はもってのほかですし、
    NHKの教育番組などで見られる
    「ナンセンス遊び」も
    やりすぎると害になるだろう
    と思います。
    (マジックと同様、
    子供の言葉や世界、人間関係における習熟度によって
    「ナンセンス遊び」を受け入れられる年頃がありますから。
    あらゆる年代の子供に対して一斉に流すのは危険です。)

    自分の頭というものは正直なモノで、
    わかったつもりになっただけでは
    わかったようにフリしてなんて
    全く動いちゃくれません

    から。




    <追記6>2019.07.16
    トランプ大統領の話も
    飛びすぎ


    178. ストック型のサイト」で指摘しているのですが、
    Twitterでばかり物を言う
    トランプ大統領って
    「○○は△△だ」とかって言い切ったり、
    「○○は△△だから、□□は××だ」みたいに
    言うのは勝手なんですが、

    あまりに言葉数が少なくて、
    おとなしく言えば、
    議論に飛びがあるというか、

    普通の発想ではくっつかないはずの2者が
    文のつなぐことでならんでいるので、
    くっついてみえる

    (言葉の性質上、現実的にみて間違えていても、くっつけられます。
    これが「うんこドリル」の文の展開ですよね。)
    というか
    論理的に言い切れないことを
    平気で断言して言ってしまっていたりとか

    するんですよね。

    もう少し言葉数を増やして、
    自明なステップを踏む感じの
    まともな議論の展開ができないんですか

    ねぇ。

    あまりにむちゃくちゃな文章構成ですから、
    そういう意味では「うんこドリル」的であると言わざるを得ません。
    ただし、「うんこドリル」の性犯罪的な要素は除いて、
    「両者の議論展開は似ている」と言っています。

    もう少し言葉数を増やしてちゃんと書けば、
    もう少しどういう頭の構造の人かわかるはず
    (*)
    なのですが、
    トランプ大統領の言葉の使用状況だけからの予測ですが、
    こういう言葉を言えちゃうということは、
    トランプ大統領は「丸暗記の人」に近いと言えちゃいそう

    なんですよねぇ。
    丸暗記の人って、頭に入れたモノがちゃんとしまえてないから、
    頭の中がめちゃくちゃで、
    所謂「大惨事」的なことになってしまっていそうなんですよねぇ。
    ね、赤字だけでは、「何言っているんだ!!!」と思っても、
    ちゃんと周辺の文字が付け加わってあれば、一応意味は通じますよね。
    賛成か反対かは、意味がわかってからの話なので、
    「まず、意味を表現出来て、きちんと伝える段階のため」に言葉数がいるんですよ。


    <追記5>で指摘したような
    「ナンセンス遊び」と似た文章作りとなっています
    ので、
    こういう「1文アンチョコ」的な文章にさらされて、
    アメリカの人は気の毒ですね。
    大統領が書いちゃってるものだから読まざるを得ないですが、
    頭が悪くなりそうな、内容のおかしな文
    だと思いますよ。
    教育的に良くない文章です。



    ちなみに、
    文章術」での考察通りだとすると、
    (*)もう少し言葉数を増やしてちゃんと書けば、
    もう少しどういう頭の構造の人かわかるはず

    ということは
    トランプ大統領は
    言葉足らずの壊れた文章を発信し続けることで、
    自分の本当の頭の中身を隠している疑いがある

    ことになりますよねぇ。

    まともな頭の中身だったら、
    隠す必要ない

    んですがねぇ。
    トランプ大統領は
    自分の優秀さ、善良さのアピールタイムにできるはずの
    宣伝枠を完全に無駄にしています

    が、
    どうしちゃってるんでしょうねぇ?

    対策
    として、
    とりあえず、
    言葉の数を増やして、
    もうちょっと説得力のある言葉を
    しゃべってもらいたい

    ものです。
    (僕としては、どのような話がでてくるかが、非常に興味深く、注目したいです。)





    <修正3>2019.07.16
    <追記6>で赤小文字を
    「丸暗記の人って頭の中が「大惨事」」
    としました



    丸暗記の人って、頭に入れたモノがちゃんとしまえてないから、
    頭の中がめちゃくちゃで、
    所謂「大惨事」的なことになってしまっていそうなんですよねぇ。
    ね、赤字だけでは、「何言っているんだ!!!」と思っても、
    ちゃんと周辺の文字が付け加わってあれば、一応意味は通じますよね。
    賛成か反対かは、意味がわかってからの話なので、
    「まず、意味を表現出来て、きちんと伝える段階のため」に言葉数がいるんですよ。


    のように、
    丸暗記の人っても赤小文字に変えました。




    <追記7>2019.07.16
    スキャンダルそうな物言いは
    注目を集めがちだけれど


    <追記6>で
    僕は、わざと

    丸暗記の人って、頭に入れたモノがちゃんとしまえてないから、
    頭の中がめちゃくちゃで、
    所謂「大惨事」的なことになってしまっていそうなんですよねぇ。
    ね、赤字だけでは、「何言っているんだ!!!」と思っても、
    ちゃんと周辺の文字が付け加わってあれば、一応意味は通じますよね。
    賛成か反対かは、意味がわかってからの話なので、
    「まず、意味を表現出来て、きちんと伝える段階のため」に言葉数がいるんですよ。


    という言い方を書いたのですよ。

    実際、
    おかしな1行を頭に入れ続けている人たちもいるようなので、
    「お気を付けあれ」
    と思います。

    ただ、
    自分の頭の中身の問題なので、
    自分自身で気をつけるしかありません。


    そして、
    おかしな1行たちを頭に入れ続けて平気そうな人たち
    って、
    自分の状態をかなり頑強に
    「普通、一般的である」と認識しているよう

    で、
    「大惨事」と言えちゃいそうなぐらい大変なことになっているということに
    はっきり言わないと気がついてくれない
    感じのところがある

    ので、
    やり過ぎになっちゃうかもしれませんが、
    そういう人たちでも
    気がつきやすいであろう言葉を選び、
    このような書き方をした

    つもりなんです。
    ちゃんと自分で気をつけて、
    何が本当か気をつけながら頭に入れていくようにしていれば
    少し時間はかかるかもしれませんが、
    頭の中は
    おかしな荒れ地ではなく、
    ちゃんと手入れのされた畑のように
    良くなっていくだろう

    と思います。)

    このような言葉使いは
    たしかにスキャンダラス的で衆目の注目を集めがちです

    が、
    言葉足らずで真意が伝わりにくい
    ですので、
    文章術」的には
    自分の意図を伝えるための
    ワンセットの文章(本文)としては
    よろしくない

    感じです。

    確かに、
    文字数の限られる「表題」としては
    使えるかもしれない

    のですが、(ドッキリさせすぎですよねぇ。どうでしょう。)
    例文のようになっちゃうと良くないので、
    本文がないのはやっぱりダメだろう
    と思います。




    <追記8>2019.07.16
    最大限好意的に見たとしても
    トランプ大統領は
    「表題」しか
    しゃべれていない状態


    <追記7>の考察の通りだとすると、

    最大限好意的に見たとしても
    トランプ大統領は
    「表題」しか
    しゃべれていない状態


    なんですよね。

    アメリカの人も、
    そんな言葉なんて
    リジェクト、返品して、
    やり直しさせればいいのに。

    なんで、
    そんな不良品を受け取ったことに
    しているんですかね?

    僕にはわかりません。

    本文にあたる文章や考えがあるのかどうか知りませんし、
    書かれていないモノはないも同然です。)
    言葉数を増やすべきであるという僕の主張は変わりませんし、
    他の人に対して隠さないといけない頭の中身なのかどうか知りませんが、

    とりあえず、
    「本文」にあたる文章を
    つけてみたら
    いい

    と思います。
    (ちなみに、ファニーステップのtwitterでは
    基本的にお題と「本文へのリンク」、更新日時が掲載されています。)





    <追記9>2019.07.16
    「ファニーステップ」も
    表題だけ読むとか
    大文字だけ読むとかは
    お勧めしません


    僕のサイト「ファニーステップ」も
    このブログ「考えてみたら、こーなった」も

    結論だけ読んだら、
    読む人の想像を超えている考えかもしれないために、
    「とっぴょうしもない考え」と
    思われてしまうかも

    しれません。

    しかし、
    読者の方にとって驚きの結論だと、
    わざわざ時間を割いて
    読んで頂く価値があるんじゃないか
    と思うんで、
    読んで頂いて無駄ではなさそうな考えを
    書いています。

    ので、
    ちゃんと
    「考えの始まる前提」から
    「結論」まで
    自明そうなステップを踏みながら、
    説明する

    ことを
    怠りたくない
    んですよね。
    (論文ってそういう感じなんですよ。
    自分の出した「結果」の価値も説明しますが。)

    僕は、
    内容の選択
    に関して、
    そして、
    きちんと内容をアピールして、
    きちんと理解してもらうのに
    必要な言葉を使って
    伝えること

    に関しても、
    文章術」の考え方を
    きちんと活用して発表している

    んです。

    トランプ大統領に
    言った言葉のやり直し(言い直し)をしてもらう

    のも、
    「ここの表現がわからないから、書き直して」と、
    自己添削を要求するだけ

    ですから、
    文章術」での
    お勧めの通りです。
    (みんなの時間を使って宣伝枠をあげるんですから、
    トランプ大統領も喜ぶべき事態だと思いますよ。)





    <追記9>2019.07.16
    「文章術」は技術で道具ですから、
    どの人に対しても中立です


    トップページにあるように、
    「必ず相手に最後まで読んでもらうための文章術です。
    自分らしいわかりやすい文章とは何か、を会得する一助になると思います。」
    という触れ込みを
    文章術」に関して書いてありますが、

    「自分らしい内容を自分らしくアピールし、
    読者にわかってもらう」
    ための術(気をつけるべきこと)

    書いてあるだけ

    ですから、

    文章術」は名前に付けた通りに「技術」で、
    つまり、「道具」です

    ので、
    誰に対しても中立
    です。

    書き手の書きたい内容や
    書き手の心を
    強制したり、
    心を添削したり、
    矯正したりする
    ものではない

    のは当然ですし、

    内容に対する読者の反応についても
    なんら強制するものではありません。


    自分の頭の中身を
    言葉を使って伝えるための
    道具なだけ

    です。

    文章術」は
    書き手の頭の中身も
    読者の心も
    縛りません。


    双方、あるがまま
    です。
    「自分が意識しているより
    考えていることを深く考える」という、
    「掘り下げ」にも使えるだろう

    と思います。)

    また、
    使う技術を
    言葉ではなく、絵や映像や音に変えても、
    同じ考えで
    自己表現に活用できるだろう

    と思います。
    言葉で最初に自己表現のコツをつかむのは
    良いのではないか
    と思います。)

    同じ内容を、この追記のみ独立させて、次の記事にしようと思います。






    <追記10>2019.07.17
    僕がお願いしなきゃいけないことでも、
    僕が困ることでもない


    <追記7>で
    はっきり言わないと気がついてくれない
    感じのところがある

    という書き方をしたのですが、

    どういうつもりで
    気がついてくれない
    と書いたかということを
    この追記で書きたい
    と思います。

    気がつかなかったり、気がつけなかったりすると、
    改善したいと思う動機が生まれないでしょうから、

    気がついた方が良いだろうとは思いますが、

    それはその人個人の問題であって、
    別に僕が困ることではありませんから、

    お願いしているわけでも、
    言葉を書けたその人が
    気がつかなければ
    僕が困ることでもありません。

    (学校の先生ではないので、
    僕の方に「うまく指導できない」という困りごとは発生しません。)

    ただ、
    「気がつく」というのは
    完全に内面の活動の表れです

    から、
    外から見ているしかない
    んですよねぇ。
    (言うからには、ちゃんと気がつけるように言おうと思うだけです。)

    気がつかなくて困ったり、
    人生で代償を払うことになってしまうかもしれない
    のは本人でしょうから、
    気づいた方が良いとは思いますが、
    僕は、本人の好き好きの気持ちに任せるタイプで、
    他の人の人生を背負い込んだり、
    他の人の人生の責任を取るタイプではありません

    ので、
    「こっちがお勧め」と押しつけることはしません。
    (いるんですよねぇ、乗っかって来れそうに思って喜んじゃう人。)

    なんで、
    僕が
    お願いしたり、
    下手に出たりしないといけない理由は、
    何にもない

    んですよ。
    (勘違いしないでくださいね。
    自分に都合良く勘違いする人が多くて嫌なんですよ。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ