FC2ブログ

記事一覧

687. 時給1300円を考えてみた

  • カテゴリ:仕事
  • どこどこの政党さんがどーの、という話ではなく、
    (選挙法の違反は嫌ですよ。)
    純粋に
    「条件としての時給1300円」と「最低賃金」について
    考えてみました。


    時給1300円ということは
    1日8時間働くと、10400円となります。
    月、22日働くと、228800円となります。

    時給1200円だと
    1日8時間働くと、9600円となります。
    月、22日働くと、210200円となります。

    時給1200円だと年金を払うと20万円切りますね。

    時給1300円だと
    健康保険15000円、税金20000円、年金16000円などを払って、
    (月割りです。)
    177800円ぐらいの手取りとなるようです。

    これだと、
    貯金や自分のための投資ができないこともないお金になるだろう
    と思います。

    次に最低賃金ですが、
    働いてもらう人の身柄拘束代
    でもあるんですよね。
    つまり、
    どういうことかというと、
    1つのところでしか働けませんから、
    そこで働く事を選んだら、他所で働くチャンスはなくなります。
    そのため、身柄拘束をすると解放するまで時間が経つのですが、
    そこで時間を費やしたことにより、
    生活や生命の危機にさらされてしまっては、
    よろしくありません。

    なので、
    「うちの会社で働いてね。よろしく。」と言うのと同時に、
    「うちで働くってことは、同時に、生きて行きにくくなるけれど」
    という文言が表立って言わなくても、
    現状として同時に付いてしまう

    のは、
    命の搾取に近いことになるんじゃないか
    という懸念が発生する

    んですよねぇ。

    時給や給与というのは、
    マニュアルがしっかりしていたり、
    働くためのシステムがしっかりしていて、
    現場での各人の判断する量が少ない
    (つまり、要求される頭の働きや、知恵が少なくても働ける)
    場合に、
    少なくなる傾向にあるんですよね。

    反対に、
    責任が大きかったり、知恵があったり、機会を提供できる人
    の対価報酬が大きくなる傾向にあるんです。
    (一人で集約的にこれらの内容に関わるように働いていたりすると、
    当然その人に富が集まってくることになります。)

    確かに、稼いだお金に関する寄与割合で給与が支払われるべき
    ですが、
    同時に、他の人を喰ってしまうような、利益配分はダメ
    です。

    ですから、
    「命の搾取はしちゃダメよ」という利益配分の条件
    を満たそうと思うと、
    669. 具体的な数字で考えて欲しい (老後資金に+2000万円必要)」で考えた通り、
    最低賃金は今より上がるべきで、
    最低限の生活のレベルの保障はされるべきだろう
    と思います。

    最低賃金が上がると、
    人件費枠が決まっている会社さんでは、雇える人数が減って、
    雇われている人の単位時間当たりの仕事量が増えて
    雇用が不健康になったり、
    実際に商品を提供する際の定価、サービスの価格が上がったりするかもしれないのですが、
    「命の搾取はしちゃダメよ」ということを大事にすると(命の搾取は犯罪相当だと思いますので。)
    労働環境を整理することで効率化はできても、
    悪化はさせられませんし、
    商品単価を上げると、
    確保した給与で想定したレベルの暮らしができなくなります

    ので、
    こちらは据え置き的な考えになるんだろう
    と思います。
    (会社さんが大変かもしれませんが、利益配分の常識が変わるべきなのかもしれません。
    誰にとってもお金は大事です。他の人の命を喰ってもいけません。)

    最低賃金に対する考え方自体を変えないといけない感じ
    ですよね。
    商売において、
    「命の搾取はいけない」という考え、見方、倫理観、道徳観が
    最優先であるべきだろう

    と思います。
    犯罪して他の人の命を喰っちゃいけません
    から、
    人として気持ちよく暮らしていくために、
    気づき次第、即、是正されるべき事案の一つ

    でしょう。

    最後に
    最低賃金と時給1300円をドッキング

    させて考えてみます。

    最低賃金が時給1300円
    というのは
    結局
    命の搾取にならないであろう
    身柄拘束代としての給料が
    今の物価で手取り17~18万円ぐらいではなかろうか
    という目測

    という意味になりそうです。
    (上記の考えにより、たどり着く答えはこんな感じです。)

    何にせよ、
    知恵、技、経験が付いて
    自分が成長することによって、
    将来の給料が上がる可能性のある仕事

    の方が、
    将来の見通しが明るそうに感じられるでしょうから、
    やっぱり人気があるんじゃないか

    と思います。
    (何かを教えてもらいたい人であるならば、
    ちゃんと教えてくれる人に市場価格として妥当なお値段のお金を払うようにしてもらいたいです。)

    最低賃金が上がると、外国の善良で、できる方がいらっしゃるでしょうから、
    信用のできない人間像の日本の人の仕事確保が大変になるかもしれません。
    (通常の状態でも、信用のできない人は雇えませんが。)


    将来の展望(夢)の大事な条件
    として、
    「犯罪がない(災害もない)」状態や
    「戦争する国にならない」状態
    「みんなが笑える」状態
    を満たしたい

    です。
    (経済優先は大事ですが、
    法律をごちゃごちゃに変えてみたりするのも困りますし、
    犯罪の温床につながりそうなものを作られても困るんですよね。)




    <追記>2019.07.10
    公平に検討(思考実験)しないと
    きちんとわからない


    様々な条件について、
    シミュレーション(思考実験)してみないと、
    何が良くて、何が悪いかわからないですよね。

    内容をよく精査して、
    そのあとで、賛成か反対か言えば良いのですが、
    誰の意見か、誰の考えかは
    ひとまず横に置いておいて、
    まず、条件を
    「独自に」検討しないといけません。

    わかった後、「賛成」か「反対」か言えば良いんで。
    僕たち人としては、正味の内容をわかってからしか、意見表明できません。
    また、誰かはひとまず置いておくので、「公平に」「正味の内容を」考えられるんじゃないか
    と思いますし、
    文章術」で述べているように、他の人があなたの文章を読むときも同じです。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ