FC2ブログ

記事一覧

68. 川口市立科学館に行ってみた

  • カテゴリ:大事なつもりなんだけど、読んでみて (中高生向け)
  • 前の記事「お勧めに乗ってみた」
    スキップシティ
    川口市産品フェア2016に行ったのですが、
    ついでに、川口市立科学館に行ってみました。

    力学、光学系の体験実験が沢山できて自由に遊ばせてもらえるという
    ありがたい経験をさせてもらえる科学館でした。
    ただ、あまり注釈とかがないので、
    わからないことがあったら、係りの人に聞くといいと思います。
    (親切でしたし)

    博物館の常で、「知っていること、わかっていることが多いと、より楽しい」ので、
    (噂のあの現象、ブツはこれだったのか~みたいな感じです)
    子供さんよりも中学生以上の大人の人の方が楽しいかもしれません。
    理屈がわかってないと、面白さが半減しちゃうかもしれません。

    なにせ、理屈はわかっていても、実際の物で、塩梅がわからないことが多いので、
    そういう経験値を上げるのにもってこいです。

    しかも、自由に触らせてもらえるので、
    自分なりにちょいちょい工夫できます。
    体験型の非常にありがたい科学館でした。
    (こだわりのある科学館はありがたいですね。
    自分のうちや学校に簡単におけないような装置があるのですよ)

    また、さらに深めた内容の公開実験もやっていただけるので、
    ありがたいです。
    感覚が身につくのはいいと思うんですよ。
    (学校での科学教育にちょっと不足していると思われる点なんですよね)
    こだわりが反映されていて楽しいです。

    動画などをアップロードしても良いのですが、
    自分で触って体験した方がいいと思うので、上げません。

    中はこんな感じで、ずらーっと体験型のおもちゃが並んでいます。

    (もうちょっとホームページで何があるのか、詳しく書いておいた方が来場者が増えそうなんですよねぇ。もったいない気が。)

    また、僕の特技の一つである、中華鍋の噴水ができる設備までありました。

    ジャン。


    取っ手のところを石鹸で手を洗ったぬれた手でこすってください。
    高校生の時にマスターしたんですよねぇ。
    ふっふっふ。
    久しぶりでしたけれど、体が覚えてましたねぇ、技を。
    これでヒーローになれる自信があります。

    こういうのもありました。

    見て予想がつく通り、叩くと音階的な音が出るパイプたちなのですが、
    それだけの現象を観察できるものではないんですよね。
    他にも注目ポイントがあるんです。
    それは実際に触って探したら良いと思います。
    また、見た目のぶっきらぼうさと違って、いい感じで演奏できるんですよ。

    実はこういう現象を取り出して観察するのが、自然を観察する際に重要になるんだと思います。
    そのときにはもともと知っている知識が助けになるときもあるし、
    導いた仮説が助けになるときもあるし
    (塩梅がわからなかったり、本当にその現象を支配している法則がわからなかったりすると、答えが外れやすいんです)、
    まっさらな状態からの観察眼が助けになることもあるんですが。

    かなり楽しめる科学館でした。
    科博とはちょっと違っているんですよね。住み分けがなされている感じでした。)

    物理法則は基本的に「外れた現象を見たことがない(はずだ)から、正しいらしいよ」、という触れ込みのもので、
    数学の定理などとは違って、導き出すことができないんですよね。
    「ああ、そうですか」と受け入れるしかないんです。
    なんで、実際に物が触れ込み通りに動くということを、実感するのも大事なんじゃないかと思います。
    実際に物がどう動くのかを見るのは大事だと思うんですよ。
    僕のサイト根本の根の高校生編の14.運動方程式って何?でもお勧めしようと思います。
    追記:最後の段落、ドレミパイプの段落の一部を追記しました。 (2016.10.21 20:15)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ