FC2ブログ

記事一覧

642. 何を換金しているか

  • カテゴリ:より良い日常へ
  • 商売をするって、
    基本的にはお客さんあってのことですから、
    対人関係があり、
    必ず、お客さんとのなんらかの接触がある
    じゃないですか。

    きちんと商品だけを売ることが
    できていますかね?

    何を商品の範疇に入れているでしょうか?

    自分の身を危険にさらすような
    過剰なサービスだったり、
    お客さん(例えば、ファンと呼ばれる人)の不当な思い込み
    (「一生懸命応援すれば彼女になってくれるかも」とか)
    を利用したりして、

    お客さんとの対人関係をおかしい状態にして、
    その分を、普通に商売したときより余計に
    換金していたりしませんかね?

    (おかしなお客さんが増えると困るんですよねぇ。
    みんなの迷惑です。)

    また、
    直接のお客さんでない
    ご近所さんだったり
    地域だったりに対して、
    犯罪をしながら、商売してもいけませんよね。

    犯罪行為を暗に認めた上で、
    商売するのは、
    みんなの治安を換金している

    ことになります。

    そういうのって、
    本来の商品の実力では稼げないはずのお金を稼いでいる
    ことになります。
    安全に暮らすために必要な物を換金してしまっているのは、
    非常に危ない

    ですよね。

    お客さんは神様ではありません。
    お客さんは
    サービスや商品を提供する側の人間と
    人間として対等であるべき

    です。
    サービスや商品を提供する側の人間が
    お客さんに「人間でない物」という認識をされるのは
    非常に危険です

    ので、
    まっとうな人間としての商売とその宣伝周知し、
    さらに、お客さんの適切な教育を心がけた方が
    安全でよろしい

    と思います。
    ちなみに、
    マナー違反もダメなんですよ、
    当然ながら。

    誰に対してもですが、
    対等でいたければ、
    変なことやマナー違反なんてして
    自分が惨めになるようなことは
    したくない

    と思うんですが。

    ちなみに、
    おかしな商売をしている団体では、
    きっちりと普通に商売しようとする人が
    追い出されるのは
    まま見かけることのようです。
    (まっとうな人がまっとうに行動し、頑張ると、
    おかしな商売で稼いでいる分が稼げなくなりますから。)




    <修正>2019.04.29
    「周知」をつけました。


    まっとうな人間としての商売とその宣伝周知し、
    さらに、お客さんの適切な教育を心がけた方が
    安全でよろしい

    のように
    「その宣伝周知し、」
    としました。





    <追記>2019.04.29
    もう少し具体的にさせてください。


    自分の身を危険にさらすような
    過剰なサービスだったり、
    お客さん(例えば、ファンと呼ばれる人)の不当な思い込み
    (「一生懸命応援すれば彼女になってくれるかも」とか)
    を利用したりして、

    お客さんとの対人関係をおかしい状態にして、
    その分を、普通に商売したときより余計に
    換金していたりしませんかね?

    (おかしなお客さんが増えると困るんですよねぇ。
    みんなの迷惑です。)

    と書いたのですが、
    「不当な思い込み」によって、
    まっとうな商売の状態であれば起こりえないであろう
    お客さんの「応援するやる気、だったり、所謂『その気』」
    が誘発されるでしょう

    し、
    それを原動力に販売数や販売額を増やす
    のでは、
    お客さんとの対人関係をおかしい状態にして、
    その分を、普通に商売したときより余計に
    換金していたりしませんかね?

    という状態になるのではないかと思います。

    実際には「お客さんはお客さん」で、
    「特別な関係のある人として個人的に付き合うことは
    ほぼ起こらない」ですから、
    不当な思い込みを誘発させ、促進させる行為は
    販売者側の詐欺行為に当たる

    と考えられます。

    ちゃんと、その辺わかって、
    お客さんやファン
    (好感を持っている人)
    やりましょうよ。





    <追記2>2019.04.29
    ブラックあるある


    ちなみに、
    おかしな商売をしている団体では、
    きっちりと普通に商売しようとする人が
    追い出されるのは
    まま見かけることのようです。
    (まっとうな人がまっとうに行動し、頑張ると、
    おかしな商売で稼いでいる分が稼げなくなりますから。)

    と本文で書いたのですが、

    ブラックな団体さんだと

    「組織の出す条件が不当な条件であることや
    組織のやっていることが犯罪であることに
    気がつきそうな人や気がつく人
    (その能力のある人や能力がありそうな人)」

    迫害したり、
    追い出したがったりすることありますよねぇ。
    (逆に、飼い殺ししたがったりする場合もありますが)

    とっとと縁を切るのが幸いですよねw

    気をつけて身を守りたいものです。
    (チートしないで稼げればいいだけなんですけれどもねぇ。)




    <追記3>2019.04.29
    迫害あるある


    「組織の出す条件が不当な条件であることや
    組織のやっていることが犯罪であることに
    気がつきそうな人や気がつく人
    (その能力のある人や能力がありそうな人)」

    迫害したり、
    追い出したがったりすることありますよねぇ。
    (逆に、飼い殺ししたがったりする場合もありますが)

    と<追記2>で書いたのですが、

    迫害の内容としては、
    実際にいじめたり、過剰な仕事を与えたり
    給料を不当に低くする、
    寄与や人格を認めないだけでなく、

    「えん罪」を付ける、
    「不名誉な罪や過去」を付ける
    「人聞きが悪い過去」を付ける
    (本人の思い込みでもOK)

    というのもあるようですので、
    変な人が来ないように気をつけたいです。
    また、後ろの3つが付くと、
    発言力も低下するでしょうから、
    強い人はお気を付けください。



    <修正2>2019.04.29
    <追記3>「迫害あるある」に追加


    <追記3>を

    迫害の内容としては、
    実際にいじめたり、過剰な仕事を与えたり
    給料を不当に低くする、
    寄与や人格を認めないだけでなく、

    「えん罪」を付ける、
    「不名誉な罪や過去」を付ける
    「人聞きが悪い過去」を付ける
    (本人の思い込みでもOK)


    というのもあるようですので、
    変な人が来ないように気をつけたいです。
    また、後ろのつが付くと、
    発言力も低下するでしょうから、
    強い人はお気を付けください。

    と赤字部分を変更しました。
    重要なので修正しました。
    お手数かけて、すみません。





    <追記4>2019.04.29
    で、どうするか


    自分に発端や責任のない
    おかしな迷惑を被るようであれば、

    きちんと、責任の所在を明らかにして、
    本当の原因の責任のある人に「はい」と
    「問題の爆弾」を手渡し、
    みなさんに正しい事情をお知らせして
    公平に理解して頂くことで
    名誉回復をする

    のが良いでしょう。




    <追記5>2019.04.29
    で、大丈夫なのか


    大抵、「人に迷惑をかけて、気分の悪い人」って
    どういう事情に陥っていても、
    自分からはそのように動いていない事が多いのようですので、
    事情がわかれば、
    自分が潔白であることを
    みなさんに理解して頂きやすいのではないかと思います。

    ただ、現状を本人がきちんと理解できておらず、
    不当に「自分が悪い」と思っている場合もありますでしょうし、
    責任を既に取っちゃっているかもしれませんので、
    (何せ、良い人ですから。)
    きちんと事情調査をして、事実関係をはっきりさせてから
    他の人にお知らせするのが良い
    と思います。

    良い人の場合、
    必要以上に「自分が悪い」と思っていたりもする場合もあるようなので、
    公平に客観的な視点から考えるのって
    大事のようです。
    悪い人が自分の作っちゃった罪を押しつけてくる場合もありますし。
    自分だけの狭い視野にならないことが重要だと思います。

    結局のところ、
    悪いことをしていれば、
    基本的には悪い人ということでしょうしねぇ。
    (更正していたら、
    その分は総合的な判断に考慮に入れて欲しいと思いますが。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ