FC2ブログ

記事一覧

623. みんなに問いかけてみたら、見えてきたもの

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 僕のサイトの「ファニーステップ
    2016年7月22日に「えいや、ほいさ」と立ち上げて
    2年と7ヶ月ちょっとになったんですよね。

    僕の経歴にハクを付けることもなく、
    サイトも簡便なスタイルで、
    特に煽るような装飾もなく、
    書かれている言葉や図の正味の内容だけ
    読んでくださるみなさん一人一人が吟味し、
    (お友達などと、正しいか、良いかどうか議論をして頂いて構いませんが)
    価値判断をしていただけることを
    コンセプト(目的)としたサイト
    となっています。

    現在のところ、
    様々な反応の方がいらっしゃるのが
    身の回りで観察されているのではないか
    と思いますが、
    これは実は、
    日本国の民主主義において国民(特に有権者の人)に向かって
    政治的な価値判断を求めているスタイルと
    同じになっています。

    「まっとうな言葉で表されたまっとうな内容」と
    それを「実現する行動力」のみで表現された政治をきちんと理解できないと
    自分としての自由な判断と
    意思表示をすることができません。

    扇情的な煽りの言葉ばかりが
    頭に入る傾向の人

    の場合、
    自分で、自分の言葉で
    きちんと判断できているのか

    そして、
    きちんと自分の頭で
    価値判断ができているのか

    心配になる
    んですよねぇ。
    政治に関しては、政治的価値判断が求められます。

    619. 自由行動と責任」で書いたように、
    民主主義においては、
    一人一人が自分の頭で正常に考え、
    正しく理解し、価値判断をすることが
    平等に全員に求められ、
    さらに、
    自分の自主的判断に基づく自分自身の行動の責任を
    自分で取ることが求められています。


    僕のサイトを通じて感じることは、
    どうも自分の身の回りで起きていることを
    自分の頭と言葉で、
    理解し判断するのが
    苦手な人がいるんじゃないかなぁ

    ということです。
    人の感情に対する感受性が乏しくて、
    全くキャッチできていなさそうな人がいたり、
    自分が削られるような取引をしていることにも気がついていない人もいるよう

    なんで。
    お気を付けください。

    教育を通じて、
    そういう困り気味の人(他人を傷つけたり、攻撃したがる人は困りますが)が
    減ることを期待したい
    と思います。
    (ただ、どうも、そういう人って、自分自身では、
    「自分で感じ考えられていない状態」だと感じられず、
    わからないようなんですよねぇ。
    「だめだよ~」と注意して気づかせてあげない
    といけないみたいなんですよ。)

    あ、ちなみに
    「丸暗記の人」って、
    その情報を作った人は少なくとも理解して作っているであろうものを
    つまり、
    最低一人は理解している人がいる内容を
    自分の頭でわからないか、
    心で感じられないがために、
    丸暗記に走っているのではないか

    と思われますので、
    十分自分の頭で考えるようにした方がいい
    と思います。
    例えば、テストで同じ点数だったとしても、
    丸暗記傾向の人と、丸暗記を避ける傾向の人では
    わかって解いている分、
    丸暗記を避ける傾向の人の方が頭が鍛えられていて、
    学力は高いはずです。



    <追記>2019.03.14
    一人一人に考えて感じてもらっているつもり


    一人一人に考えて感じてもらっているつもり
    なのは、
    なぜかというと、
    僕は「アートをやりたい」人なので、
    新奇的な内容を提案し、わかりやすく伝えたい

    し、
    (すでに、ご存じのないようもあるかと思いますが)
    結構、僕としても頑張れているのではないか
    と思っている

    ので、
    みなさん一人一人の脳で
    独自に対応していただけているのではないか

    と思うんですよね。
    僕の記事に触れた人
    それぞれの反応を見ると、
    ちゃんと自分の頭と心と言葉で咀嚼できている人かどうか、
    どういう価値観で、どういう風に感じる人か
    わかるんじゃないか

    と思うんです。
    (「こういうときは、こうしゃべれ」みたいなお手本では
    会話が一言しかもたないんで、
    対応できないはずですし、
    間に合っていなさそうなんで。
    一言以上のまともそうな対応が来ても、
    後日聞き直してみると、
    その指令を忘れているかもしれません。)
    ちなみに、
    僕のサイトは、
    丸暗記に向かないサイト

    だと思います。
    作っている本人が、丸暗記苦手なんで。
    頭に入っていない物は作れません。




    <修正>2019.03.14
    言葉を付け加えました


    すみません。
    読み直してみたら、
    言葉を付け加えた方が僕の意図に合っていそうな箇所を発見したので、
    修正します。

    <追記>中で

    僕は「アートをやりたい」人なので、
    新奇的な内容を提案し、わかりやすく伝えたい


    というように

    「提案し、」という言葉を付けました。




    <追記2>2019.03.15
    「一人一人に」にしかならない理由


    みんな、
    脳みそ同士はお互いにつながっていませんので、
    (「文章術」の最初の立脚点です。どうぞ~)
    一人一人が独立に理解しないとわからないし、
    一人一人の心で独立に感じないと感じられないんですよね。

    隣の人がわかったからといって、
    自分も一つ一つ考えないとわからないし、
    一つ一つ身につけないと身につかないんですよね。
    (勉強も同じです。)

    同様に、隣の人が感じていることも
    僕たちはそのままでは感じることはできませんので、
    想像したり、直接聞いたりして、
    (離れた脳みそをつなぐお助けツールの一つとして
    文章術」どうぞ~。再び。)
    相手の気持ちを知ろうとしないと
    わからないんですよね。
    (結構、心の内面の充実度は「人によりけり」なんじゃないかと思うんです。
    他の人の心は見えないんで、
    はっきり言う人は少ないのかもしれませんが。)

    なんで、
    僕の提案する内容は、
    みなさん一人一人の頭と心で
    吟味していただくしかないんです。
    (個人的に体験されることも大推奨したいです。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ