FC2ブログ

記事一覧

619. 自由行動と責任

  • カテゴリ:自由と独立
  • 日本国において
    みんな自由意志を持ち、
    自由意志に基づいた行動ができます

    よねぇ。
    国民みんなの権利です。
    (天皇さんは日本国の象徴としてのお仕事があるために、
    政治的発言などの一部の行動の自由がないことになっていますが。
    ひとまずこの件に関しては議論を置いておきます。)

    行動には責任が伴います
    よね。

    どういうことかというと、
    おおざっぱに言って
    他の人に迷惑がかからない限り、
    ネガティブな意味で「責任を取る」
    ことは要求されません。


    ネガティブな意味で「責任を取る」場合には、
    「賠償金が発生しそうな事案」
    が発生していることが多そうです。

    特に、
    何かの対価にお金を頂いたら、
    「そのお金に見合った交換をしている」という責任<が発生

    しますし、
    仕事を請け負ったら、
    「要求水準にあった十分なレベルの仕事をする」という責任が発生

    すると思います。

    言葉による何かの宣言、約束をしたら、
    「きちんと現状がその通りである」や
    「現状がそのようになるようにする」
    責任が発生

    するでしょう。

    616. そこは喜んで稼ごう」で書いたように、
    自分の実力で余裕を持ってできないことを
    仕事として引き受けてしまうと、
    失敗の可能性が高くなり、
    信頼を失ったり、賠償金の請求を受けてしまう可能性が増える

    と思います。
    安全に自分の身や命を守って、
    平穏に暮らしにくくなるのではないか

    と思います。

    ですから、
    責任を引き受けられる十分な実力、精神を持ってから、
    つまり十分に育ってから、
    責任が発生するような行動をする

    ようにしないと、
    非常に危ない

    と思います。

    18才成人というのが、
    2022年4月1日から施行されるようですが、
    日本の大半の子どもは高校に進学し、
    満18才の3月に学校を卒業します。

    高校生の生活を思い出してみると、
    友達みんな一斉に学校に登校し、
    一斉に同じ授業を受け、
    みんないる場所でお昼を食べて、
    1年中、
    そろって同じような流れの生活をしていたように思います。
    現在も同じようだと思います。

    自分の周りに流れている流れに
    自立の自覚なく
    なんとなく乗って、
    その流れのまま
    就職したり、専門学校に行ったり、大学受験をしたり、
    している年頃だと思います。

    18才時点では
    まだ、
    一人一人で明確に各自バラバラに判断するという環境にはいない
    子が多いのではないか

    と思うのです。

    ですから、
    高校を卒業してから自身の20才の誕生日まで、
    未成年としてだけれども、
    実際に自分の頭で判断して行動をし生活をする
    2年弱の時間の猶予が必要なのではないかな?
    と思う

    んですよねぇ。

    これが現在の日本にあった
    自分の行動に全ての責任を持てる成人になるための準備
    ではないか

    と思うんですよねぇ。

    現在の憲法では、
    思想の自由とそれに伴う行動の責任が
    国民一人一人に保証されています

    が、
    全員が自分の頭で判断することが
    求められています。

    昔は、
    一部のエリートと呼ばれる人々の
    「高度な判断」と言われる判断に
    乗っていれば済んでいたかもしれませんが、
    現在は「一人一人の頭で考える」ことになっています。

    みんなが
    きちんと自分で「責任」を取れる行動ができるように
    教育をすることで、
    準備をうながす必要がある

    と思います。
    責任を取れる人になるための情報と準備が足りていなさそうな方がいるよう
    なんですよねぇ。)

    良いことをしたら賞賛されて、
    悪いことをしたらたしなめられる
    というのが
    きちんと機能しているほうが
    人として健やかに育ち、過ごせそうな気がする

    のですが、

    自由意志に基づいて行動をして
    責任を取されると、
    信用を失ったり、逮捕されたりして
    自分に不利だと感じる状況になる感じの人が
    「自由」を大事にしないで、
    他の人に命を預けちゃうようなことをしてでも
    責任回避しようとしたがるんじゃないか

    と思うんですよねぇ。



    <追記>2019.03.07
    大学1年でよくあるトラブル


    書き忘れましたが、
    高校生って
    校則に縛られて生活している

    んですよね。

    突然、
    「自分で全部考えて。」と言われて、
    自由になっても
    危なっかしそう
    ですよねぇ。

    18才ぐらいの大学1年生の子でよく聞くトラブルとして、
    「恋人商法」みたいなのありますよねぇ。

    僕、2回別の大学に入学したんですよ。
    (卒業したのは1つなんですが。)
    で、とある団体さんの勧誘で、
    (名前聞く前に「さよなら」したんですが)
    将来必ず直面するであろう不安について、
    「大学ごとのバージョン違い」の2パターンを
    聞いてしまったことがあるんですよね。
    (最後はお墓がドーンと出てくるんですよ。)
    うっかり、入学する度に
    どうやら同じ団体さんのお話を聞いてしまったようで。
    (最初に名前を言ってくれないと、わからないじゃないですか。)

    勧誘する側も、準備万端のよう
    ですし、
    大人の知恵が入っていそう
    ですから、
    そんな中を
    「初めて社会に出てみたよ」みたいな人が
    うろうろするのって
    どんな団体さん相手でも危ない

    じゃないですか。

    ぜひ、保護する方向で対応して欲しい
    ですよねぇ。



    <追記2>2019.03.07
    仕事上の独立だって同じことでは?


    フリーランスになって
    出来高商売をする人になる

    のも、
    「勤める人として」と異なる技能が必要
    でしょうから、
    十分な「勉強」と「自分なりの小さな試し」をすることを
    お勧めします。


    出来高勝負の場合、
    「自分の生活のペース配分」

    「生活していけるだけのお金をいただけるだけの実績を上げる」
    ことの兼ね合いが重要になる

    と思いますので、
    よくよく考えて引き受けた方が良いと思います。
    (それまでは、雇ってもらっているほうが安全だと思います。)

    458. いわゆる「高度プロフェッショナル制度」っているの?」での
    僕の考察も参照ください。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ