FC2ブログ

記事一覧

618. フェイクニュースについて

  • カテゴリ:おかしなツィートに(ネットでのまずい表現)
  • 「フェイクニュースで
    噂となった人が亡くなる」
    ことがあるんだそうです。

    「フェイクニュース」と
    どの嘘話についても
    一緒くたにまとめられて
    話題にされたり
    メディアで取り上げられたりしているよう
    ですが、

    言い出しっぺが必ずいます。
    僕は、
    「誰が」言ったのか
    だけでなく、
    「その人はどのような人間性」で、
    「どのような意図、目的で言われた発言」か
    調査すべきではないか

    と思います。

    匿名だと思っている媒体でやっているでしょうから、
    「言い逃げ」ができると思ってやっているのかもしれません
    が、
    きちんと
    「どういう人間像の人がやっているのか」を
    僕たちも知る必要があるのではないか

    と思うのです。

    ところで、僕のブログで
    17. ベートーベンの月光ってどんな光?」で
    「水面にある月の光」
    として、
    僕の知っていた「海の上の月の光の道」ではないかと
    想像していたのですが、
    どうやら、
    「スイスにあるルツェルン湖」という大きな湖で
    ベートーベンさんが月の光を見て作った曲らしい

    という情報が入ってきたのです。
    (ちょっと調査をこれからします。)

    大きい湖ですので、
    月の道ができるそう

    です。
    という中間情報を付け加えさせて頂きたいと思います。

    「水面にある月の光」の曲かも
    という僕の主張は変わらない

    のです。
    が、場所が違うようです。

    どうやら、「幻想交響曲」という題だったため、
    「何が発想の元じゃ?」と聞かれて答えた答えから
    「月光」と名が付いたそうなのですが、
    どうも本人がルツェルン湖の上にいることになっているそうなんですよね。
    言葉の性質で間違えて伝わることもあるかもしれないなぁ
    と思っているんですよ。

    ドイツ語で答えたのだと思いますが、
    語順同じの英語で説明すると
    「I saw a moon light on Lake Lucerne.」となって、
    moon light(月の光)が on Lake Lucerne(ルツェルン湖の上)のつもりで
    ベートーベンさんが丁寧に言ったつもりだったとしても、
    聞いた人が月の道を知らなかったりしたらなおのこと、
    ベートーベンさんが on Lake Lucerneのように聞いちゃいますよねぇ。
    (実際に、ベートーベンさんも月の光も on Lake Lucerneの可能性もありますし、
    省略した可能性も言葉上はありますが)

    どっちも表面に乗っかっていますし、
    言葉上は別が付かなさそう
    なんですよねぇ。
    613. 正しい読解のために」の考察も参照ください。

    (「17. ベートーベンの月光ってどんな光?」にこの記事へのリンクを張ります。)




    <追記>2019.03.07
    感想などは当然抑制しませんが


    僕のことを見かけた方が
    自由に感想を持たれること自体は
    当然全く否定しませんが、
    それを発信できるほどの正確さを
    必ずしも伴っているかは
    保証できません。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ