FC2ブログ

記事一覧

604. 当の本人がイケイケに行動していた場合(変人と変質者の区別)

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • 「変人」と「変態、変質者」という2つの言葉は
    似ているらしく、
    区別が付いていないかたもいらっしゃるかと思いますが、

    「変人」と「変態、変質者」は異なる

    僕は考えています。

    「変人」
    とは
    「他の人と比べて変わっている人で
    他の人にとっては無害な人」

    で、
    「変態、変質者」
    とは
    「その人の好みを他の人が聞いて、
    気持ち悪いと思われたり、嫌がられたり
    迷惑がられたりする人」

    だと思うんですよ。

    なので、
    当の本人が
    いけしゃあしゃあと
    「いえぇい、いいだろう!!」とか「すっげー楽しい」とか
    楽しそうに、まるで悪くないことのように
    盛り上がって言っていても
    それが他の人にとって「変態だ」と感じることであれば、
    その人は「変態さん」なんだと思う

    んですよ。

    本人が他の人に「変態だ」と思われていることに
    気がつかないかどうか、または、気がついているかどうか
    というのは
    「その人が変態かどうか」の判断には全く影響ありません

    ので、
    「楽しい。好きだ」とか平気で言いふらしているのを見ても、
    単に「本当に変態だから、わからないんだ」
    と思うだけで
    その人が変態であることの
    有力な追加情報でしかない

    んですよね。

    「本人が変態だから、
    なおさら、気づかず
    そういうことをやっちゃっている」
    だけ
    のことですから。

    気づかないふりして楽しそうに騒いでいても、
    周りから見たら、
    その人が変態なのは
    一目瞭然
    なんだと思うんですよねぇ。



    <修正>2019.02.08
    「なおさら、気づかずそういうことをやっちゃっているだけ」としました


    本文中の
    「本人が変態だから、
    なおさら、
    そういうことをやっちゃっている」
    だけ


    に「気づかず」を付けて、

    「本人が変態だから、
    なおさら、気づかず
    そういうことをやっちゃっている」
    だけ


    としました。



    <追記>2019.02.08
    自分の好みが
    嫌がれて迷惑がられていることに
    気がついている場合


    気がついていても
    自分の好みを捨てずに
    押し通している

    のですから、
    やはり
    執着心の強さから
    なおさら、
    変態さんだ

    と考えられると思います。

    気づいていても気づかなくても
    どっちにしても、
    やっぱり変態カテゴリーなことには
    変わらない

    んですよ。

    無害な人かどうかって
    人付き合いの上で
    非常に重要

    ですよねぇ。




    <追記2>2019.02.08
    「まともな人と同じように扱え」と言われることも


    「自分の好みが
    他の人に気持ち悪がられていることに
    気がつかないで、堂々としている場合、
    なおのこと、変態さんである」

    と本文で書きましたが、

    さらに
    ずうずうしいように見える
    振る舞いがある

    ようんですよ。

    「自分の売っている商品が普通である」ように
    振る舞ったり、
    「まともな人と同じように扱え」的なメッセージを出して、

    つまり、
    「なんで、俺のやっていることがいけないんだ」とか言っちゃって
    「俺のこと受け止めて」とか
    言っちゃっている人も

    見受けられたりする
    のですが、
    (気持ち悪いんですよねぇ。)

    相手がいくら
    「これ普通ですよ」と言っていても、
    その
    変態さんの
    当たり前そうな当然そうな表情に
    ひきずられて
    うっかり「これって普通かな?」とか
    思う必要はなく、

    「内容が変態」であることにかわりがないですから、
    あわてずさわがず
    「ああ、変態さんなんだ」と思えば良いだけ

    のことだと思うんですよねぇ。

    だまされませんよ。
    あっはっは。

    いじめでもありませんしね。
    単に変態さんの変態トークの一環でしょう
    し。

    変態トークを言いたいなら、
    言いたいだけ
    勝手に言っていればいい

    んです。
    それは自由ですから。
    こちらの受け止め方と
    適切な対処の仕方の問題です

    ので。
    あくまで、
    変態さんの変態トークですから、
    変態さんに対する皆さんの印象を変えることはできず、
    みんなの間に普通の人として混じれることにはならない

    と思いますが。

    とにかく、
    自分の想像を超える変態的な行動に驚かないで済むように、
    先にパターン学習しておくのは
    大事

    ですよねw



    <追記3>2019.02.08
    「いじめ」じゃないですよ


    「ある人が変態、変質者かどうか」を
    判断するのは

    十分広い心と思慮と
    思いやりを持って
    注意深く判断しなければなりません

    が、

    「ある人が変態、変質者である」と判断されたなら、
    そういう人に対する「適切な対処」をするのは
    防犯
    であって、
    「いじめ」ではありません。
    念のため。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ