FC2ブログ

記事一覧

590. 「結露」 僕も詠んでみた

  • カテゴリ:遊び
  • 今日、「プレバト」さんで
    出ていた俳句のお題「結露(窓に付いた結露の写真)」で、
    色々考えてみました。
    (東国原さんの句はすごかったですねぇ。
    時事問題もそのときだけに発生する気持ちを詠めるという、
    旬というか時期を大事にする大切なテーマなんですねぇ。)

    第1句


    <句意>
    外を見ようとして邪魔な結露が流れて消えて、
    外がよく見えるぜ~と思ったら、
    ドラえもんのドアップでした。

    他のバージョンも考えた。
    第2句


    <感想>
    季語がありそうで、
    人の指で書いた絵の「雪だるま」では
    季語になれませんので、
    俳句としては
    かすっちゃった系の残念賞
    です。

    第3句


    <感想>
    「二重窓という保温性のあるありがたい窓が家に導入されて嬉しい」」
    という句意ですが、
    お宅に備えられているどなたかが
    既に詠んでいらっしゃる恐れアリ

    です。

    で、考えました。
    「結露と冬」に他のイメージはないのか
    と。

    冬と言えば、

    という感じ
    です。

    結露は暖かみ一杯ギリギリのここ↓

    にできます
    ので、

    その様子を頑張って詠んでみることにしました。

    しかし、
    そうはいっても、
    第4句

    では、
    理屈的に正しそうですが
    あまりに「あたたかみ」が負けちゃっていて、
    弱すぎるイメージで
    僕は嬉しくありません。

    ので、
    第5句

    と、
    「暖かい」様子と「暖かさの内側からのパワー」

    一生懸命表現してみました。

    人の活動があるからこそ、
    火が点され、
    温かい場所が生まれる

    ので、
    結露の付いた窓は、正に人のいる場所だ
    という句意です。

    そしてもう一句、
    「暖かみ」の内側からの頑張りを表現する句もできました。
    第6句


    バウショックというのが
    地球の太陽側の面にあるんですよね。

    (JAXAさんの「宇宙ワクワク大図鑑」の「地球は磁石?」というページに
    画像のリンクが張ってあります)
    白い点線が「バウショック」で、
    白い矢印が「太陽風として太陽から飛んでくる粒子が逸れて行っている」ことを表しています。
    青い線が地球の磁場です。

    バウショックさんが何をしているかというとですね。
    太陽から太陽風として電荷を帯びた高エネルギーの粒子が飛んできているのですが、
    それを地球の磁気圏があることにより、
    地球の大気圏への突入が妨げられています。
    地球の展開している磁気圏と太陽風との
    せめぎ合いの最前線(境界)


    バウショックで、
    僕たち人間や生物にとって危ない
    高エネルギー粒子に対する
    バリヤーの展開されていると考えられる場所
    なのです。
    (危ない物から僕たちを守ってくれる守りの最前線の場所です。)

    で、「寒さ」と「暖かさ」の境界、
    「寒さの中で暖かみが展開されている最前線に
    正にその場所に結露ができています
    ので、
    「バウショック」という言葉を使ったんです。

    「ストーブにより展開される暖かみという守りの最前線」という意味なのですが、
    他に5文字の適当な言葉が思いつかなかったんですよねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ