FC2ブログ

記事一覧

59. 見た目が怪しいらしく、まったく売れない商品

  • カテゴリ:遊び
  • 宣伝になるんですけれど。
    アマゾンのマーケットプレイスに出店しているんですよ。
    小口のほうで、ですけど。

    で、ちょっとアマゾンのマーケットプレイスで、気づいたことがあったんですよね。
    で、販売指南書的なものを作ったんです。
    いわゆる、小冊子というもので。
    中身は2ページですけど、収入に結びつく可能性があるので、
    500円+(送料)にしたんですよ。

    教育系のことは、データ的にただにしたんですが、
    お店系の話なので、お金をいただいてみようというプロジェクトなんです。

    それが、minneさんで発売している、
    「アマゾンマーケットプレイスで1円で本を売らないために」という本なんです。

    こんな感じの表紙です。
    リンクを張っておきますが、
    内容を書いてしまうと、ネタバレでこの本を売ることが絶対にできなくなるので、
    書けません。
    なんで、中身を書かずに、説明してみます。
    きちんとした内容なんですよ。
    僕は実際にこの小冊子の内容に従った方針で売っているのですが、
    20冊ほど出している本のうち4点ほどですが、
    最低価格でない(かなり高めの金額設定)にも拘らず、売れてるんですよね。
    決して、悪い内容じゃないはずなんですよ。

    総論的な販売指南書でなく、販売者にものすごくフィットした各論的なネタなので、
    一般書店で本として売るよりも、薄いけれどもちょっとお値段のする本の体裁となっています。

    確かに薄いですが、アイデアはきっちりと入ってます。
    ちなみに写真は中身を印刷していない状態の紙です。

    これが、売れてないんですよね。
    明らかに、題が怪しいんですかね?
    「期間限定」というのがヤバいんですかねぇ。
    いつまで有効かはマーケットプレイス出店者のみなさんの動きによるんで、
    正直ちょっとわからないんですよ。

    そうそう、一言付けておくと、大口的な方の人向けではないかもしれません。
    小口の人には使えると思うんですけどね。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ