FC2ブログ

記事一覧

553. いくら欲しいのか、何が欲しいのか

  • カテゴリ:お金
  • NHKスペシャル
    マネー・ワールド
    ~資本主義の未来~
    第3集  借金に潰される!?

    を見たんですよ。

    大変ですねぇ。
    借金や金利の意味がわからず、
    責任を取れない状態の人に
    多額のお金を貸し付けている
    ようじゃないですか。
    これは悪質ですねぇ。

    貸し付ける人は、貸しさえすれば必ず儲けが出ますからねぇ。
    相手を選ばないのかもしれません。

    世界中にお金の紙を潤しても、
    それに見合う価値の総和がなければ、
    結局、
    同じ物品、同じサービスの単価が上がるだけじゃないですかねぇ。
    (NHKさんは、お金を発行する中央銀行さんを「モンスター」と表現していましたけれど。)

    起業した企業の生き残り率が低いように、
    新たな事業も成功率があまり高くないかもしれませんので、
    よく考えてお金を借りた方がいいんじゃないかという気もします。

    将来必ず売れるという保証のある商品って少ないと思いますから、
    (先生もおっしゃっていましたけれど、良ければ「52. 経済成長の転換点にあるらしいんですって」も参照ください。
    今までの「お金を増やせばいいじゃん」、という経済理論は、
    「みんな、みんなに行き届いちゃったよ」という事態を考慮にいれていないんですかね?
    一般的に、どの理論も、理論設計の想定外の事態には、適応できないんですが。)
    将来の自分を当てにしてお金を借りるのは
    僕は、精神衛生上嬉しくないですけれども。

    「他の人と対等である」という精神の独立を保ちながら、
    日々暢気に暮らせるのが
    僕には一番

    です。

    結局、
    沢山お金を稼いで、
    何が欲しいかなんですよねぇ。

    自分の提供するサービス、物品を
    世界中のみなさんに行き渡らせたい
    と望めば、どんどん成長することになると思いますし、
    他方で、
    マネーパワーという言葉があるように、
    「力」が欲しいのかもしれませんが。

    個人で考えると、
    実際の自分の生活を守るのが一番で、
    次に生活が潤うという事が重要だと思うのですが、
    そのために、どうしたらよいのかを考えた方が良いと思うんです。
    (「328. 副業禁止について」の案もあると思うので、参照ください。)
    お金で解決できるのは他の人の物品サービスを利用して自分を潤すときだけだと思うのです。
    全ての潤いが満たされるわけではないですし。

    目下のお金も大事ですけれど、
    経験、技量などが増えて
    自分の時間単価が上がるようにしたほうが
    将来的にお金がやってくるような気がします。

    (そういう意味でイスラム銀行さんって、
    お金を貸しつつ一緒に経営しているから、
    知恵が貯まっていってると思うんですよねぇ。
    そういう人や会社って将来的にも強いと思いますよ。)
    結局、自分の腕がある方が良いと思いますから、
    自己投資するのは良いのではないかと思うんですよねぇ。

    とにもかくにも、
    自分にいらない変な物を買って余計な変な借金をしないために、
    とりあえず暮らしていくのに「いくら」いるのかは
    計算して目安を付けておいた方が良い

    と思いますが。
    (お金を使わず、知恵を使った方が、自分に知恵が貯まります。)

    最後に、
    お金ってただの道具ですから、
    使い方や稼ぎ方(お金の頂き方)にその人の気持ちや心が
    反映されるだけの物

    だと思います。
    (自己表現手段の一つでもあります。)
    他の人からきちんと独立したいと思うなら、
    お金の利用については全部自己責任でしょうから、
    そういう意味では資本主義は公平なシステムだ

    と思います。
    (覇権争いにお金を利用すれば、際限なくお金を所望するかもしれません。
    74. 資本主義」参照ください。)

    お金に関する教育は
    みんなが「身の破滅」になってしまわないようにするために
    非常に大切だ

    と思います。

    番組を見て、
    「未来予測が甘くて、借金が増えていて大変だなあ」と
    とても思いました。
    (悪質な場合に保証はつけづらいかもしれませんが、
    貸し倒れも、貸した人に被害が出ますし。
    結局、誰かにお金が流れているんですよねぇ。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ