FC2ブログ

記事一覧

516. 前の記事の追記2について

  • カテゴリ:戦争
  • NHKスペシャル
    「ノモンハン 責任なき戦い」
    を見て気がついたことで、

    前の記事「515. 「正気な人が殺された」ということですかね?」の追記2で、
    「何事だ、これは~!!!!(怒り)」
    ということを書いたんですね。

    基本的に犯罪者の家族だからといって、
    必ずしも犯罪者ということではなく
    「迷惑な家族だ」と思っていたりもするので、
    普通の人と同じように
    「犯罪者」と決めつけることなく、
    きちんと「犯罪者傾向があるかないか」と確認するべき

    だと思っています。

    この注を書くことで、
    はっきりと書けるのではないかと思うのですが。

    どういう理由で<追記2>のようにそう思ったかというとですね。

    どうも、
    迷惑をかけた人の中に
    被害者や被害者の霊前(亡くなっている場合)で
    「自分のやった」と言いたい、
    そして、自分のやったことの本当のことを言いたい人
    がいるよう
    なんですよ。
    (迷惑に殺人は当然含まれますし、迷
    惑をかけた人の中に嫌がらせをした人も入ります。)

    なんで、小松原って人は
    自分の罪を消すための訪問、
    家族からの訴追を避けるための訪問でもあったでしょうけれども、
    わざわざ
    家族の元に帰った被害者の霊前で
    自分のやったことの本当を言って
    嫌がらせを完遂したんじゃないか

    とも思えるんですよ。
    (涙だって、どういう理由の涙か、流した人しか知りませんし。)

    だって、「弱いから死んだ」って、
    「自分より弱いから死んだ」と言えますからねえ。

    自分のやったことの反省や後悔ではなさそうですから、
    自分が殺した人への嫌がらせの続きというか、
    嫌がらせの完遂をしたんじゃないか

    思うんですよ。
    (少なくとも、わざわざ自分から殺した相手の家族の元に赴く必要はないでしょうねぇ。)

    生前、自害させられた人の口から
    「ノモンハンの戦場の実態、ソ連軍の実態」を「東京」に報告したいという
    意志が出ていた場合、
    自分たちの犯罪が明るみに出るでしょうから、
    それを防ぐために
    「自害させた」
    んじゃないかとも思うんですよね。

    とにかく自分にとって不都合だから殺したんでしょうけれど。
    (結局、様々な形で、他の人が正気になるのが困るんでしょう。)

    とてもとてもひどい話なんだと思うんですよ。

    そして、
    「そういう人が戦争をしたがった、
    無理矢理戦争をした」
    という例の1つ

    でもあります。
    結局、人殺しが好きで、したかっただけですかね?



    <追記>2018.08.31
    「弱いから死んだ」という言葉に隠れていると
    考えられる考え


    そもそも道理が通っていて、
    言葉で他の人の賛同が得られやすい行動や望みの場合
    それを実現するために、そして、自分の意志を通すために
    犯罪なんて事はする必要はないんです。

    「人を殺したい」という意志は
    賛同を得られませんので、
    犯罪によって実現するしかないでしょう。

    犯罪したい人にとってやりたいことは
    「やると間違っていると言われる」事ではないかと思います。

    そうすると、
    「正しいけれども、お前は弱いから死んだ。
    そして、悪い死ぬはずの俺が生き残った」というのは
    犯罪をしたい人にとって
    非常に嬉しいこととなるはず
    です。

    基本的に犯罪すると生きて行きにくくなるはずですから。
    (犯罪者っていること自体、存在すること自体歓迎されないですしね。)

    迷惑をかけたがる人、犯罪をしたい人って
    道理や人を思いやり合う気持ち、お互いにチェックし合う視線などが
    しっかりある状態、社会、相手でも
    「狙って壊した者勝ち」だと
    思いたいよう

    なんですよねぇ。
    (何か自分たちに有利だと思ってないと、居にくいんでしょうねぇ。
    そもそも歓迎されないって事は無理に集団に割って入っていくことになりますし。)

    ちなみに、
    現在の日本って、
    1つ犯罪歴があるだけで、つけ込まれちゃう(つまり、大手を振って歩けない)社会のようですので、
    (マルチなどがやってきます)
    その意味では人の気持ちによって安全が作られている社会ですが、
    犯罪を見過ごさないというのも大事だと思います。

    普通は道理が通っていないことをやると、
    現実的に失敗するはずなのですが、
    犯罪は道理が通っていないことが多いでしょうから、
    悪い人のしたいことってそういうことなんでしょうね。




    <追記>2018.08.31
    犯罪者は現状を勘違いしても、やらかすことがある


    上記で、
    「犯罪歴があるとつけ込まれる」と書きましたが、

    マルチの場合、
    「あいつ、人生に行き詰まりそう~」とか思っても
    やってきますが、

    犯罪を消すために、犯罪を重ねたり、
    マルチのマニュアルが使えない相手でも犯罪ぶっこいてきたりするので、

    「犯罪やったり100%アウトな弱みがあったら、
    100%つけ込まれる」
    ようなのですが、
    被害者が勘違いされている場合もあるので

    「詐欺する人がつけ込みたいターゲットになっているからといって、
    犯罪やったり100%アウトな弱みがあるわけではありません。」


    犯罪者ですから、
    「犯罪やったり100%アウトな弱みがあるわけではありません。」
    という「つけ込めない道理」が通っていても、
    やらかしちゃうんですよねぇ。あっはっは。

    ちなみに、
    僕の方に弱みがあったら
    既に引きずり込まれているであろう程、
    長いこと迷惑は被っています。
    (弱みがあるなら、それで引っ張れば引っ張る方も安全でしょうにねぇ。)
    やらかした迷惑行為を消したいのでしょうけれどもねぇ、
    どうも、ひっかかって逃げられてなさそうなんですよ。あっはっは。



    <追記2>2018.08.31
    正論を真っ正面から言っても、
    意味ないことがありそう


    なんで、
    とりあえず、
    道理なんてものがわかるくらいなら、
    犯罪しないでしょうから、
    真っ正面から本人に道理を説いても意味がない
    ことがありそうなんです。
    (ノモンハンの事件のことを言っているわけではなく、
    僕の経験からの言葉です。)

    実は
    「無駄だよ~、あっはっは~」ということを
    とりあえずわからせる方が
    僕の好み

    ではあります。
    それ(「無駄だよ~、あっはっは~」)が現実で、
    現実に従わないのは生きにくいですからねぇ。
    現実がわからないなら、
    現実で代償を払うことになっちゃう

    でしょうし。
    現実がシバいてくれるでしょう。
    そして、
    わかりたくないのは本人の勝手
    だと思っています。




    <追記3>2018.08.31
    わざわざやるってどうしてかしら???


    たとえ、いわゆるマルチをやっている人でも
    マルチ内の犯罪が起きたら、
    日本国民として法律で守ってもらえるんですよねぇ。

    なんで、
    マルチって出てこられるはずなんですよ。
    (僕はやってませんが)

    あの、まるで、カモちゃんでしかなさそうな、
    非常に不利な条件でわざわざやっているって
    わざわざやりたい理由があるんじゃないですかね?
    (マルチやる人って、結局、誰かのカモちゃんじゃないんですか????)

    「犯罪やりたいとか、性犯罪やりたいとかじゃないですかねぇ。」
    と非常に疑っている
    のですが。
    はっきり言って、普通に稼ぐ方が楽ですし、
    喰う喰われるという人間同士のやることではないような環境になるようですからねぇ。
    「そういうのって、何時自分が食われるかわからない、生き地獄ですよ~。」
    という感じなんですよねぇ。
    とりあえず自分が優勢で喰う側になっていると思っていられるうちは
    落ち着いて居られるんでしょうけれど、
    常にターゲットとして狙われていることになりますしね。
    やっぱり非常に不利な条件ですよねぇ。

    やっぱり「わざわざ」やっているようにしか、思えない
    んですよ。

    やっている人の人物像の想像の元として
    「カモちゃん的な、めちゃくちゃ不利な条件になるのに、
    生き地獄状態の世界がわざわざ嬉しい人って
    どういう人ですかね????」

    ということなんですけれども。
    どうも戦争や犯罪だらけの治安の悪い世界にしたいみたいな人もいるようですし。
    やりたいことに「人殺し」や「レイプ」も入っているんでしょうかねぇ。
    疑わしい気がします。)

    他にやっている理由として、
    生計を握られている、
    親がマルチでまだ自分の生計を稼げていない
    というのもあるんですが。

    僕は迷惑なものを迷惑と言うし、
    いらないものもいらないと言いますし、
    「人に迷惑をかけて気分の良い人」は頑張ると頑張る方向性を間違えるので生きて行きにくくなっちゃうよ
    と注意、警告しますが、
    このサイトは閲覧制限をかけていませんので、
    「更正する」ということ自体を阻害はしていません。
    (僕は「更正」については、
    222. 「人の心に悪魔が棲む」と言う表現という考えです。)

    しかし、迷惑はいらないですよねぇ。
    「いらない」って思われているのを自覚してもらわないと困りますよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ