FC2ブログ

記事一覧

512. 止まれない乗り物はいらない

  • カテゴリ:ご提案
  • 電車で動画の広告を見ていたら、
    ペダルの1本でアクセルとブレーキができる
    という触れ込みの
    車の宣伝があったんですよね。

    アクセルを離すとブレーキがかかる乗り物として、
    ガソリン車のマニュアル車であれば「エンジンブレーキ」がありますし、
    電気自動車や電車であればモーターの「回生ブレーキ」がありますよね。

    「良く走る」以前に「良く止まる車」でないと、
    人を轢いちゃったりして、
    事故を起こしちゃう

    んですよねぇ。
    つまり、
    止まりきれないと、
    当然人や車のある場所に突っ込んで行ってしまう
    と。

    ペダルのバネの戻りの速さが急ブレーキのかけられる速さの限界となると、
    非常に心許ないですから、
    やっぱり、急ブレーキを踏ませて欲しい
    ですね。

    で、
    ブレーキの仕組みについても
    きちんと公開してもらいたい

    です。
    それに合わせて、急ブレーキを踏めるという
    自由度が高まりますので。


    試乗のときに、
    僕を助手席に乗せて、
    公道での急発進の展示運転をしてくれたテスラさんは
    (モーターが強いみたいなんですが)
    変わったブレーキのシステムを使っているようなのですが、
    教えてくれなかったんですよねぇ。
    困った物です。
    (なんか、足回りの設定が電子的に変わるようなアップデートを寄越してくるらしいのですが、
    それは普通、リコールって言いません?疑問なんですよねぇ。
    なんで、タブレット端末を車の駆動システムから外していないのかも不思議だし。
    あ、電気自動車に興味ありますけれど、テスラさんを買う予定はありませんので。
    タブレット端末の交換タイミングで車を買い換える予定はありませんし。
    そういうご説明であったと、僕は理解しています。)

    日本の新幹線は止まれるシステムとして、
    地震時のですが「ユレダス」さんなどがいるようなんですよね。
    (ただ、常時地震が起こる場所だと、
    活断層から300kmぐらい離れている方が、
    確実に止まった状態で地震波が来るようですが)
    どんなにお安くスピードが出ても、
    「止まりたいときに(有事に)止まれる新幹線」
    でないと困ります。
    (たしか、営業運転時間に東日本大震災が起きても、死者0でしたよね。)

    また、
    安全に着陸できない飛行機や宇宙船もいりません。
    特に、
    特攻機なんて、着陸して止まるための車輪がないですからね。
    最悪です。

    空中射出なので、
    滑走路を走って飛翔速度を得なくて良いんで、
    飛べることは飛べるけれど、
    安全に地上に帰って来られない飛行機なんですよねぇ。
    本当にいらないです。

    とにかく、
    各社さん、
    止まれることを
    自慢にして欲しい

    と思うんですよねぇ。



    <追記>2018.08.24
    ちゃんと長く使いたい。


    車って、
    52. 経済成長の転換点にあるらしいんですって」で書いた、
    既にみんなに行き渡っていて、
    新たに買う人の人数の少ない物
    なんですよねぇ。

    また、
    車を買い換えるというのも、
    頻繁ではないと思うんですよ。
    10年乗れる車が良い車だと思っていますし。
    (クリーンなエネルギー利用の駆動車ということで、
    「電気自動車」というのが行き渡るチャンスがあるとは思いますが。)

    それに比べて、
    リリースされるOSやアプリが年々重くなってくる
    という負荷のかかっているタブレット端末は
    買い換えのプレッシャーというのがかかっている商品だと思います。
    (なぜ、重くなるのか不思議ではありますが、
    現実的にそういう流れがあり、その流れが強くなっている商品だと思います。)

    なので、タブレット端末込みで
    車の快適さ、ストレスフリーさを売り物にすると、
    タブレット端末の操作に対する反応が悪くなってくると、
    「いらつく」といって買い換えさせることができてしまうんですよねぇ。
    (駆動系はずっと買ったときのままの快適さで十分ですし、
    頻繁に変わると細かい制御ができませんので、面倒なんですよ。
    ずーっと、車買い換え後1ヶ月の慣らし運転が続くことになりますので。)

    パソコン系の買い換え頻度、プレッシャーに乗っかった形で、
    より買い換え頻度欲求の少ない車の買い換えを
    進ませようという作戦

    に見えるんですよねぇ。
    (しかも、駆動系が常にインターネットにさらされているので、危ないんですよねぇ。
    「守れますから~」とか言ってましたけれど、
    技術対技術ですから、全く信用しないんですよねぇ。
    命かかってますんで。)

    車の単価って高いんで、パソコンと一緒はないですよねぇ。
    (要するに、タブレットを変えればいいだけの話ですんで。)

    タブレット端末付きで売るとなると、
    いつまでサポートするのか疑問ですし。

    そうそう。
    アップデートしないですめば、ずっと売りきりで収益がキープされますが、
    永遠にサポートするとなると、誰がサポート代を払うんですかねぇ。
    例えば、3年で乗り換え(購入者のモデルプランとしては車検が来る度に買い換えだそうです。)た場合、
    買った金額に10年分のサポート代が入っていたら、
    7年分余分に払うことになりますしねぇ。
    よくわからないシステムです。

    しかも、アップデートって、
    結局、新リリースと同じぐらいのデバッグが必要ですから、
    大変なんですよねぇ。
    (それより、「リコール隠し」ができるシステムなのが問題ですが。)




    <追記2>2018.08.24
    テスラさんについては「すっぱ抜き」とかなんて大した物じゃなくて


    テスラさんは
    ちゃんと試乗体験の申し込みをして
    普通に試乗してきただけで、
    そのときの「売り文句、お勧め文句」のままなんですよねぇ。
    すっぱ抜いたぜ。みたいな感じではなく、
    ありのままの「売り文句、お勧め文句」ですから~。

    経年変化でストレスを感じるポイントというのが、
    「タブレット端末の操作感」だけでしたからねぇ。

    で、違うシステムのベンツさんとか例に出してましたけれど、
    普通に考えたら、
    上記の感じになるんじゃないですかねぇ。
    (話聞いたら、一般常識ですよ。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ