FC2ブログ

記事一覧

510. 勘違いしていないとできないんじゃないかと

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • 473. 大丈夫だと思うから、やる(普通は)
    で書いたように、
    たいていの人は、
    大丈夫だと思うから、
    自分の選んだ次の行動をやる
    んですよね。

    別に、
    「大丈夫だと思う」内容が
    現実的に正しいかどうかの事実が
    次の行動に踏み切らせる一番の理由ではなく、


    例え現実に事実として存在していなくても
    (つまり、間違っていたとしても)
    頭の中で「大丈夫だ」と思ってしまうと
    やらかしてしまう

    ようなんですよねぇ。

    なので、
    実際に相手に弱みがあるかどうかではなく、
    「馬鹿に出来る」「舐めれる」と思っちゃった場合にのみ
    その相手に犯罪行為を働いたり、
    ゆすってみたりするんだと思うんですよね。

    その人の判断能力が低い場合、
    なんでも(こちらにとっては、なんてことのないことでも)
    馬鹿にしたり、揺すったりする理由になっちゃう
    と思うんですよ。

    つまり、
    揺すりたい側の判断能力が低いと、
    揺すれると判断した根拠そのものが「勘違い」だったりしちゃう

    こともあるんですけれども。

    また、盗みたい人にとって、
    つまり、その人自身にとって、
    「いい」と感じる
    (この行動が盗みたい人の市場調査行動ということになるんでしょう。)
    物は
    「一般的に価値があり、値段の高い物」と
    判断する人も
    いるように思えます。

    そもそも、
    基本的に僕たちの社会は犯罪者を許す社会ではないので、
    なんらかの勘違いをして
    「大丈夫だ」と思っちゃっていないと
    犯罪行為ってできない

    んですが。

    とにかく、
    人に迷惑をかける方向性の行為は
    頑張らない方が
    いい

    と思いますよ。
    人に迷惑をかける方向性の行為は
    頑張れば、頑張るほど、
    一般社会でのショバが
    どんどんなくなっていく

    方向性にあるようですから。)



    <追記>2018.08.22
    好かれると思っているのか????


    他の人の感情を煽動するのは嫌いなので、
    盲目的に判断して行動していただきたくはないのですが、
    追記したいと思います。

    「僕たちの社会は犯罪を許さない社会」と書きましたが、

    「変質者」「犯罪者」って
    基本的に嫌われると思っておいたほうが
    いいと思う

    んですよねぇ。
    (犯罪をしてしまって、「更正」したなら、
    「犯罪行為をしたくない理由(「やってられないよぉ」と言う実感)」を表明して信用される必要がある
    と思うのですが。)

    そうそう、
    僕に対して、
    犯罪行為的なことをしているのに、
    正当な方法を用いて
    悪意やそう思う気持ちの理由などの
    意思表示をしてこない人に対しては

    「僕に対してもっと大きな犯罪をしたいのかな?」
    と判断して、
    それ相応の対応をさせていただきます

    ので、
    よくよくご理解ください。

    要するに、
    犯罪行為的なことをして
    「黙っていれば、追求を逃れられる」という事ではありません。

    (そうならないように、こちらで対応するということですので。)
    逆に、
    不満や悪意を正当な手段で伝えてこない、表現しない、
    つまり、「犯罪行為で伝えて来たい」と思っている
    と現実的に判断させていただきます。


    看板税があるかのように、
    嫌がらせをされて盲目的にガマンすることはありませんので。
    犯罪者に「物じち」として取られ、利用されるために、
    サイトを作っているわけではなく、
    あくまで第一には自分のためであって僕自身の物ですから。
    (みなさんにとって、役に立つ情報であるといいと思いますが。)




    <追記2>2018.08.22
    「黙ってるからって、見逃しちゃダメよ。」のお話


    本命の犯罪が出来るかどうかを試すために、
    犯人がターゲットに

    ”逮捕されないような”
    嫌がらせをする場合がありまして、

    用心深い人はその小さなサインを見落とさないで対応し、
    犯人にとって相手が有利なターゲットではないと
    犯人がわかるはずなのですが、
    すでに、
    将来、何があっても本命の犯罪をすることが決定している場合、
    「その場のトラブルをだまってやりすごし」、
    その後、続けて本命の犯罪をする

    んですよねぇ。

    なんで、
    こちらとしては見逃すことはありえない
    んですよ。
    危機意識の愚鈍なタイプの犯人だと思いますが、
    そういう人がいるようなんですよ。結構沢山。)

    そういう危機意識、自分を守る意識の低めの犯人がいたとしても、
    やっぱり、
    気づいて許さないことが、
    防犯の第一歩である

    と思います。





    <追記3>2018.08.22
    「犯罪者に自信を持たせてあげてはダメよ。」のお話


    犯罪行為に成功させてあげて、
    犯人に自信を持たせてあげると
    次もやり続けたり、エスカレートしますから、
    様々な方法(犯罪はダメですよ~。元も子もありませんから)で、
    「だいじょうぶ~?」とちゃんと実感させて、考えさせてあげましょ。

    どうも自分の危機に実感がない犯人がいるようですから。

    「自分を危険にさらさずに、犯罪ができる」
    ということは基本的に起こりえない

    ので、
    犯人は自分に都合良く、
    勘違いしちゃってる

    んだと思うんですよねぇ。
    で、勘違いすると、実際に犯罪やっちゃうと。
    (しょ~もないですな。)

    リアルに大丈夫だと思えているんですかねぇ。

    「ま~じで~????
    平気だと思えるのぉぉぉぉ~???
    (はてなはてな)」

    と思っちゃいますが。
    僕は個人的に、その辺非常に興味がありますけれども。
    興味津々。


    もちBEAT君再登場ですけれど、
    正直、こんな感じですよ。
    (犯罪したい人って、何考えているか、興味ありません???
    ま、それ以前にいりませんが。

    とにかく、
    きっちりと対応して、
    プレッシャーをかけていきましょう。


    それにしても、
    観察をしていると
    どうも自信を持ちたいみたいなんですよ。

    犯罪行為そのものはみんな出来る能力を持っているのですが、
    みんな、嫌いでやりたくないのでやらないだけなんですよねぇ。
    犯罪ごときができるからって、
    自慢しないでくださいねぇ~。


    犯罪できちゃうって、
    心のフィルターがダメなだけでしょうからねぇ。


    どんな行動も 「能力+やる気」 ですから。
    僕たち、
    人に迷惑をかけるのって嫌なんで
    そういうことをやる気がないだけ

    なんですよぉ~。

    「悪いこと出来るぜ~」って、
    自信持たなくていいんですよぉ~~~~。

    (声を大きくしていいたい)
    自覚したらやっていけないんじゃないかとも思いますが、
    現実は現実ですんで。

    そういう
    犯罪嫌いな世界をきちんと作らないといかん
    と思います。

    <追記4>2018.08.22
    「だって、犯罪しなくて、生きていけるし」のお話


    わざわざ犯罪しなくても、
    生きていけるはず

    なんですがねぇ。





    <追記5>2018.08.22
    「居直られても、やっぱり、いらない。」のお話


    犯罪したい人って、
    (「変質者」も、される方は嫌ですから、迷惑ですが)
    そばにいなくて良いんで、
    「いなくて良いよ」って対応をするのが普通だと思うんですが、

    どうも
    「いなくなれねぇし」
    的に、
    身の処し方がなくて
    居直っちゃう人がいるみたい

    なんですが、
    (なので、「逃げない」らしいんですよ。
    この世のどこにも、逃げる場所がないみたいで。
    だったら、「やらなきゃいいのに」と思いますが、
    自分を守る方向に行動できないんですかね???)

    あくまで、
    「そういうの(犯罪行為や犯罪したい人や犯罪したいという気持ち)いらないし。」
    なんですよねぇ。

    とにかく、いらないんですよねぇ。
    (「わかります???」と聞きたいです。)

    ちなみに、「スポーツマンシップ」というのも、
    「正当な方法で自己の力を表現し、栄誉を勝ち取る」
    ということなんでしょうね。
    「正当な方法での自己の力の表現ではない」
    というのは
    立派に犯罪的行為です
    からねぇ。






    <追記6>2018.08.22
    「ついでに、もう一言」のお話


    とぼけられても、
    こっちは忘れていませんからねぇぇぇぇぇぇぇぇ。

    ついでに、
    とぼけて、良い人のふりをするという行動自体で、
    「良い人でないと生きにくい社会だ」と
    悪い人も自覚しているらしいのがわかります

    からねぇぇぇぇぇ。
    自分たちで、でっかく宣伝しているんですよぉぉぉぉぉぉ。
    わかってますかねぇ。

    つまり、
    悪い人って、それだけで、生きていくのに不利らしい
    ということなんですよ。
    良い人、悪い人の両面からの視点で考察したことになると思うんですよねぇ。わはははは。)

    僕たち自信を持って頑張りましょ~。
    (僕たち獲物になった覚えないですし。)

    あ、それから、
    犯罪行為をした人(更正していない)が、
    とぼけて良い人の振りを周りの人にするってどういうことか
    考えておきましょう。

    つまり、
    周りの人を巻き込んでいる時点で、
    周りの人は詐欺の立派な獲物であり、
    (新たなターゲットということです。)
    被害者になっちゃってますから、
    お気を付けあれ。
    です。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ