FC2ブログ

記事一覧

503. まだあるんですね、そういう誤解

  • カテゴリ:世の中の?
  • 今日ですね、とある見学ツアーに参加したんですよ。
    行き先のガイドの人が言ってたので、
    気がついたのですが、
    誤解をしている人が、
    戦後73年経っても、
    現憲法が施行されて71年経っても、
    まだいるようなので、
    書いておきたいと思います。

    「天皇さんは、日本一えらい人ではありません」
    天皇さんは、「日本の総体の象徴」ですから、
    「日本人の僕たちみんな」を表すお役目を担っている人
    です。

    選挙権などの政治に関わる権能を持っていませんから、
    日本国について「象徴」以外の役割で、
    政治などにおいて責任を果たすことが出来ません。
    つまり、自分の生活する場所にも関わらず、
    日本国の国としての動向を左右できません。

    そして、誰が政治家になるかも、
    政権が誰によって担われ、動かされるかも、
    決められず、自分の意見を言うことすら出来ません。

    あくまで国民の一人ですし、
    そういう人を「えらい」と言って、
    まるで「日本国の責任を負っている人」、
    つまり、「日本国の責任を負わせている人」
    であるかのような事を言うのは
    非常に無責任だ

    と思います。
    (「えらい」と言っている人は、「責任を負わせている」ことになっているのですが。)

    「天皇さんを日本で一番えらい人だ」というのは憲法違反の発言です。
    (大変なお仕事だとは思いますが。)

    勲章についてですが、
    戦前は「日本国民」は「天皇陛下の臣民」でしたから、
    戦前に勲章を与える際には、
    天皇陛下が臣民に対して勲章を与えていました。

    しかし、
    今は
    事情が違います。
    「天皇さんが勲章を渡している」ということは、
    勲章を「日本人の僕たちみんな」で渡している

    ことになっているんです。
    誰か選ぶのも、天皇さんではない僕たちの代表が選んでいますし。
    (天皇さんの意志は入っていません。)
    勲章授与は、
    遠い話に思えるかもしれませんが、
    僕たち日本国民みんなの行為なんです。

    それにしても、
    国の機関でのガイドツアーで
    憲法違反の説明を子供たちにし、
    戦争自体を容認するような発言をするのはどうかと思うんですよねぇ。

    <ついでにもう一つ苦情が>
    ガイドツアーをする人も、
    その機関の活動に貢献する一人ではありますけれども、
    作っている人がいないと、
    ガイドをする内容がないんですよねぇ。

    なんで、
    作業している人を「ただの高卒」と言い捨てるような、卑下するように聞こえる言い方を
    して欲しくないんですよ。
    本当に「ただの高卒」では勤まらないでしょうし。
    (つまり、きちんと技能を持っているということです。)
    学歴の問題なのでしょうか?
    (採用する人が決めていることで、ガイドの人のあずかり知らぬ話のはずです。)
    歪曲して伝えないで欲しいです。

    そのように話していること自体について、
    話している人の立場を考えると、
    聞いている僕たち(聞かされている僕たち)には
    非常に不自然に感じて、
    不自然さにちゃんと気がつきます(不愉快です)
    ので、
    気をつけた方が良いと思うんですよねぇ。

    <修正>2018.08.03

    「天皇さんを日本で一番えらい人」というのは憲法違反の発言です。

    「天皇さんを日本で一番えらい人だ」というのは憲法違反の発言です。
    という、より強い表現にします。

    政治的な責任のない人を「えらい人」と言ってはいけません。
    「象徴」なんで、変な「あおり」を入れないで欲しいんですよね。

    <追記>2018.08.03
    ちなみに、憲法改正に関しても


    ちなみに、
    憲法改正に関しても、
    自分に関する条項があるにも関わらず、
    天皇さんには投票権がなく、
    内容に対する意思を表明する機会も、選択権もありません。

    念のため。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ